子どもが約束を守れるようしつけたいとき。子どもへの伝え方とは

子どもが約束を守れるようしつけたいとき。子どもへの伝え方とは

約束を守らなかったときの対応など

子どもが約束を守れるようになるには、どのようにしつけるとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回は、ママたちが考える子どもが約束を守らない理由と守れるようにしつけるポイント、時間を守らなかったときや嘘をついたときなど、子どもが約束を破ってしまったときの対応などについて体験談を交えてお伝えします。

子どもが約束を守らないとき

子どもが成長するにつれて、生活のなかでさまざまな約束をすることもあるのではないでしょうか。大切な約束をしても、子どもが守れない場合もあるようです。どのようなときに子どもが約束を守らないのか聞いてみました。

30代ママ
5歳の息子と「アイスは1日1個まで」と決めていたのにもかかわらず、約束を破って冷凍庫から出して食べようとしていました。つい感情的に叱ってしまい後悔することが多く、どう対応すればよいのか悩んでいます。
20代ママ
公園へ行ったとき、時計の長い針が12になったらお家に帰ろうと約束しているのですが「まだ遊びたい」とぐずってしまうときがあります。約束を守れるようになるには、どのようにしつけをするとよいのでしょう。
ママたちに聞いてみると、決めておいたおやつの数や約束した時間などを子どもが守れないことがあるようです。大人になったとき、子ども自身が困らないよう、約束を守ることの大切さをしつけとして伝えていきたいと考えるママの声もありました。

ママが考える子どもが約束を守れない理由とは

子どもはママと交わした約束をなぜ守れないのでしょう。ママたちに、子どもが約束を守らない理由について聞いてみました。

自我が出てきたから

走る男の子
iStock.com/kokoroyuki
20代ママ
私は子どもなりに自我が芽生えてきたことで「ママと約束したけどやっぱりいやだな」という気持ちが出てくるのだと思いました。イヤイヤ期の娘があまのじゃくになるのも、成長している証なのかなと考えています。
子どもが約束を破るのは、自我が芽生えてきたからだと考えたママがいるようです。自分の考えをもち自己主張をするようになると、ママと約束しても素直に守れないときもあるかもしれません。

約束を忘れてしまうから

30代ママ
3歳の息子の場合は、約束したこと自体を忘れてしまうからなのかもしれません。約束をしたときは「わかった!」と言うのですが、遊びに夢中になっているうちに私と何を約束したのか忘れてしまっているようです。
幼児期の子どもは、遊び始めると夢中になり約束の内容を忘れてしまうこともあるかもしれませんね。他にも、子どもがテレビに集中してしまい、時間になったら消すという約束を忘れることがあるという声も聞かれました。

楽な方へ逃げてしまうから

30代ママ
うちの子の場合、楽な方へと逃げてしまうから約束を守れないのだと感じました。約束した時間になったらテレビを消すことがわかっていても、目先の楽しいことに流されて見続けてしまうのだと思います。
子どもが楽な方へ逃げてしまうから約束を守れないのだと感じたママもいるようです。成長するにつれて、子どもも大人と同じように「やっぱりお菓子をたくさん食べたい」「面倒くさい」というような気持ちが出てくることもあるかもしれませんね。

約束を守れるようにしつけるポイント

約束を守れるようにするためには、どのようなことを意識すればよいのでしょう。ママたちに、約束を守れるようしつけるポイントについて聞いてみました。

約束を守れたときに褒める

20代ママ
私はしっかり約束を守れたときに、子どもをよく褒めることにしています。どこが偉かったのか詳しく伝えながら褒めることで、約束を守ることは大切なのだという体験を増やしていきたいと思いました。
約束を守れたときによく褒めてしつけることで、約束を守ることの大切さを伝えているママがいるようです。2歳の女の子のママからは、まだ長い内容を話すには難しいのではと感じたため、約束を守るとママが喜ぶんだ、よいことなんだと覚えられるよう抱きしめながら笑顔で褒めているという声も聞かれました。

子どもといっしょに約束を決める

おもちゃ
iStock.com/ilterriorm
20代ママ
将来のために自分で考える癖をつけて欲しいので、約束の内容も息子自身に決めてもらっています。遊びを終わりにする約束の時間を息子に決めてもらうとき、多少長めの時間を指定してきても、できるだけ子どもの決めた内容を尊重するようにしました。
子どもが自分で考えられるような年齢になれば、ママやパパといっしょに約束を決めてみるのもよいかもしれません。自分自身で決めた約束であれば「ママに言われたから」という受け身にもなりにくいように感じたというママの声もありました。

肯定的な言葉遣いをする

20代ママ
子どもと約束をするときは、肯定的な言葉遣いになるよう気をつけています。約束をするときに子どもが嫌な気分にならないよう、命令口調ではなく「〜しようね」と前向きな言い方をすることが大切なのではと感じました。
子どものしつけでは、肯定的な言葉遣いをすることも大切なようです。語尾を変えてみるなど、肯定的な言葉で約束することで子どもも守ることの大切さを素直に感じられるかもしれません。

子どもが約束を守らなかったときの対応

ママやパパと約束をしても、子どもが守れなかった場合はどのように対応すればよいのでしょう。

なぜ約束を守るのか伝える

30代ママ
子どもが約束を破ってしまったときは、叱りたくなってしまう気持ちをぐっとこらえ、約束をなぜ守るのかを丁寧に伝えました。子どもが素直に聞いてくれるよう、落ち着いた声でゆっくり伝えることを意識しています。
子どもが約束を破ってしまった場合、なぜ守ることが大切なのかを説明しているママがいるようです。ママのなかには、落ち着いた気持ちで子どもに伝えられるよう、感情的になってしまいそうなときは一度深呼吸をしてから子どもに伝えているという声もありました。

親も約束をする

20代ママ
決めたことを守る大切さを感じてもらえるよう、私自身も娘と約束するようになりました。「またおもちゃを投げたら、次の日の朝まで棚の上に置いておこうか」「お皿を全部洗ったらいっしょに遊ぼうね」などと、大人が約束を守る姿も見せていきたいと思っています。
約束を守ることの大切さを子どもに伝えられるよう、ママ自身も子どもと決めたことを守っているというママの声がありました。子どもは約束を守ってくれた親の姿を見ながら、ママは決めたことを覚えてくれているんだという気持ちが少しずつわかっていくのかもしれませんね。

子どもが約束を守れるよう根気強く接しよう

見つめる女の子
MIA Studio/Shutterstock.com

ママたちは子どもが時間を守らなかったりや嘘をついたりなど、約束を破ってしまうときにどのようにしつければよいのか、対応に悩んでいるようです。決めた内容を覚えていても、気分次第で楽な方へ逃げてしまうから約束を守れないのではと感じたママもいました。

守れた場合によく褒めることや肯定的な言葉で伝えることも意識しながら、子どもに約束を守ることの大切さを伝えられるとよいですね。

2019年09月20日

専門家のコメント
10
    かよう先生 保育士
    約束の意味が分かるように伝えたいなと思いました。
    よっしー【シッター】 保育士
    記事にもありましたが、自分で決めることはとても大事だと思います。 でも、好きなこと・楽しいことは【たくさん】がいいに決まってますよね。 そういう時は、大人が許せるなと思う範囲の2択を用意してあげると良いと思います。その時に、理由や大人の言い分も伝えるのもいいですね。 繰り返すうちに、だんだんと自分で決めて実行する満足感が得られるようになっていくと思います。 注意すべきは、何でも約束になってしまうと、子どもも大人も辛いはずです。必要なことを精選することも大切なことだと思います。
    ことり先生 保育士
    仕事でたくさんの子どもと関わりますが、本当に難しいですよね。 なぜその約束をするのか。 子どもだからとごまかしてしまわずに、それをしっかり説明してあげる。それだけで、子どもの意固地になっている表情がふっと緩みます。 それを積み重ねることで こちらの言葉に耳を傾けるようになっていくように感じます。
    ろろ先生 保育士
    『約束を守る』のは大人でもできないときがあるのに子どもが守るのはもっと大変ですよね。ましてや経験が少ない子どもにとっては約束の意味も曖昧でとっても難しいことだと思います。 これまでいろんな場面で子どもたちと『約束』をすることがありました。その中でも確実に守れた約束があって、それは子どもたち自身が決めた約束です。自分で決めると納得することができ、折り合いがつけやすいのだと思います。 守ってほしいお約束こそ、お子さんと決めるといいかもしれませんね♪
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    普段保育園や幼稚園、学校などそれぞれの場所でとても頑張っている子ども達。 大人は 色々心配しがちですが そんなそれぞれの集団生活の中で、子どもは子どもなりに約束やルールを一生懸命守りながら過ごしています。 だからこそ お家ではスイッチがオフになりがち。☺️ ですがお約束を守る ということは親子の関係でも大切なことですから 守って欲しいですよね。 シッターをしている中で1番守ってもらえる約束の仕方は、やはり 子ども自身に決めてもらうことです。 ある程度大きくないと出来ないかも?と思いがちですが お風呂とご飯どっちからする?など 2~3歳の子でも答えられるような簡単な2択にしてみると 決めやすく守りやすくなりますよ。😉♩
    まあ先生 保育士
    約束を子どもがわかりやすいようにしっかりとお話する。そして出来たときにはオーバーなくらい誉めてあげると良いかと思います。約束守らなくて毎回怒られる→怒られるから約束を守るということになるのは出来れば避けたいですね。
    ぷん先生 保育士
    ご家庭でのお約束を決めるときは事前にお子さんと話し合って理由も伝えて決めましょう。年齢によってはお子さま自身に考えてもらうのも良いかもしれませんね(^-^) 大事なのは、簡潔に分かりやすく伝えること、(イラストを用いるのも有効と思います)と約束を作りすぎないことです。 また、約束に対して親御さん自身がボーダーラインを設けておくとお子さまも混乱しないかもしれませんね。(危険な行動に対して・他人を傷つける行動言動・社会のルール等) 1度で守れるようになることは難しいと思います。その都度ルールを根気強く伝え、守れたときはたくさん褒めてあげてください♪
    ちび先生 保育士
    約束事を分かりやすく子どもに伝える。年齢が大きい子なら自分で考えて決めるとより意識することができるかなと思います。 また破ったとき、先生、ママはすごく悲しいよ。と大人の想いを伝えるようにしています。
    すう先生 保育士
    「約束」大人でも破る事や人も多い中、子どもに求めるのは中々難しいと思いますが、時には必要な時もありますよね。 約束をする時は、子どもと必ず視線の高さを同じにして目線を合わせ「どうしてその約束をするのか」しっかり説明するなど、約束の意図を子どもに分かりやすく説明すると伝わりやすいかもしれませんね︎☺︎ もし破ってしまったとしても、怒鳴りつけたり怒るのは好ましくないと思います。子どもも反抗的になってしまいます。 もし破ってしまった際は、「ママ約束守ってもらえなくて悲しかったな。悲しい気持ちになったな。」など気持ちを伝えてあげると伝わる事もあると思います。
    はつみ先生 保育士
    約束を守るってとても難しい事ですよね。大人でもそうだと思います。 一緒に約束事を決めるのはとてもいいですね! また、肯定的にと記載されていましたように、何をするにも小さいお子さんには肯定的に物事を言った方が伝わりやすいです! 公園で遊んでいたら、長い針が3になったらお家に帰っておやつ食べようね〜!など、これの次には楽しい事が待っていると自然と約束も守れるかもしれません! 守れた時はどんなに些細なことでも褒めてあげると嬉しくなりますよね!
おすすめユーザーのコメント
1
    みーご
    子どもにとって我慢するというのはとても難しいことです。自我がでてきて周りにも興味がたくさん出てきて本能で動きたい頃でもあります。ある程度許せることに関してはまずは破ってしまったことに対して起こるのではなく受け止めてあげる事が大切だと思います。まずは大人がなんで子どもが約束を破ってしまったのかを考えて受け止めてあげて下さい。その上でこちらが約束を守ってほしい理由を伝えてあげると子どもはムキにならずに聞き入れてくれることがおおいですよ!

しつけの関連記事

カテゴリ一覧