冬生まれの赤ちゃんの出産準備。必要最低限のものや便利なグッズ

冬生まれの赤ちゃんの出産準備。必要最低限のものや便利なグッズ

防寒や体温調節など意識したこと

冬生まれの赤ちゃんを迎える出産準備について知りたいママやパパもいるかもしれません。今回は男の子や女の子、双子など、さまざまなケースでの出産準備について、最低限必要と考えた新生児サイズの服や布団などのアイテム、冬にあると便利なものなどについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

冬生まれの赤ちゃんの出産準備

冬生まれの赤ちゃんの出産準備で、どのようなものを用意しようか悩むママやパパもいるのではないでしょうか。実際に使うかわからないので、出産前に買っておくものは最低限におさえたいと考える方もいるかもしれません。

今回は、冬生まれの赤ちゃんのための出産準備品について、ママやパパたちが最低限必要だと考えたアイテムや冬にあると便利だったものなどについてご紹介します。


最低限必要だと考えた冬の出産準備品

赤ちゃんの服
Africa Studio/Shutterstock.com

オムツ用品など赤ちゃんが使う日用品の他に、出産準備ではどのようなものを用意するとよいのでしょうか。出産準備で最低限必要だと考えたアイテムについて、ママやパパたちに聞いてみました。

衣服

30代ママ
赤ちゃん用品店で新生児用の短肌着や長肌着を用意しました。サイズは50cmを選び、それぞれ5枚ずつ用意したように思います。男の子の予定だったので、防寒ウエアなどは水色を選びました。
20代ママ
足先まですっぽり覆ってくれる足付きプレオールなどの服を用意しました。冬の寒さ対策に赤ちゃん用のソックスなども揃えたように思います。
冬場の寒さ対策なども考えながら赤ちゃん用の服を用意したというママたちの声がありました。洗濯頻度を意識して、最低限必要だと思う枚数を購入したというパパもいるようです。

双子の赤ちゃんの出産準備では、2人分の服を準備したというママの声も聞かれました。ベビー服などは出産準備で最低限の枚数を揃えておき、出産後に必要に応じて買い足すのもよいかもしれません。

布団

20代ママ
出産準備では、一式セットになった赤ちゃん用の組布団を用意しました。うちの娘は、新生児から1歳をすぎた今も出産準備で用意した赤ちゃん用の布団をずっと使って寝ています。
布団は、赤ちゃんの寝る場所として出産準備で最低限用意したいアイテムのひとつかもしれません。汚れることも考えて、防水シーツや替えのカバーなどを用意したというママの声も聞かれました。

お風呂用品

30代ママ
出産準備でベビーバスや浴用ガーゼ、赤ちゃん用の石けんなどのお風呂グッズを用意しました。湯温計は必要か悩みましたが、お湯の温度がすぐにわかるので用意しておいてよかったと思います。
出産準備でお風呂用品を用意したというママの声も聞かれました。入浴用のガーゼは沐浴のときに赤ちゃんの体にかけてあげるための大判のものと、顔などを拭くためのハンカチサイズのものと2種類用意したママもいるようです。

赤ちゃんが冬生まれなので、湯冷めなどしないように部屋を温めるための暖房器具を用意したというパパの声もありました。

冬生まれの赤ちゃんのための便利なアイテム

冬生まれの赤ちゃんの育児にはどのようなアイテムを用意するとよいのでしょうか。ママやパパたちに、冬にあると便利だと感じたアイテムについて聞いてみました。

おくるみやブランケット

ブランケット
Maria Jeffs/Shutterstock.com
30代ママ
冬は場所や時間帯によっても、気温差が大きいように感じました。冬用の温かそうな素材のおくるみは、寒いときにサッと赤ちゃんを包んであげることができ、寒暖差にあわせて調節しやすかったように思います。
暖房の効いている部屋では、厚着をしすぎると赤ちゃんが汗をかいてしまうこともあるようです。冬生まれの赤ちゃんにおくるみやブランケットなどを用意し、シーンにあわせて温かさを調節したというママがありました。

おくるみを足にかけてあげたり、しっかり全体を包んであげたりと、寒さにあわせて使い方を工夫するとよいかもしれません

ベスト

30代ママ
キルト素材のベストは脱いだり着たりも簡単で、赤ちゃんの体温調節に便利でした。サイズは60cmくらいでしたが、肩口がゆったりしたデザインだったので1歳近くまで使えたと思います。
冬生まれの赤ちゃんの体温調節にベストが便利だったと感じたママもいるようです。キルト素材の他にも、フリース素材や毛糸で編んだものなど温かそうな素材のベストを選んだというママの声が聞かれました。

年間通して使える出産準備品

年間を通して使える出産準備品はどのようなものを用意したのか、ママやパパたちに聞いてみました。

授乳用品

哺乳瓶
K.Chuansakul/Shutterstock.com
20代ママ
双子だったので母乳だけで育てるのは大変そうだと思い、出産準備で2人分の哺乳瓶や粉ミルクを用意しました。哺乳瓶の消毒容器はいくつかの本数をまとめて消毒できるタイプのものを選ぶなど、双子育児をイメージしながら使いやすそうなものを選ぶように意識しました。
出産準備で授乳用品を揃えたというママの声も聞かれました。出産後にミルクが必要となるかわからなかったので、出産準備では哺乳瓶を1本だけ用意しておいたママもいるようです。

他にも、授乳クッションや授乳ケープなど母乳をあげるときに使うアイテムを揃えたというママの声も聞かれました。

ベビーベッドやバウンサー

40代ママ
出産前に大きな買い物をすませておきたいと考え、レギュラーサイズのベビーベッドを購入しました。組み立てが必要だったので夫にお願いし、出産の2カ月前には完成させて置き場所なども決め、自宅に赤ちゃんを迎える準備をしたように思います。
出産準備でベビーベッドを用意したママもいるようです。ベビーベッドの対象年齢などを確認し、使いたい期間にあわせてサイズを選んだというママの声も聞かれました。

他にも、ゆりかごのように揺れるバウンサーを用意したというパパの声もありました。

ケア用品

40代ママ
つめきりや体温計、ベビー綿棒など、赤ちゃんのお世話に必要そうなものを出産準備で揃えました。新生児のときによく使ったので、出産前にひと通り用意しておいてよかったと思います。
出産準備で、赤ちゃんのお世話に使うケア用品を用意したというママの声も聞かれました。出産後必要なときにすぐ使えるよう、ひと通り準備しておくと安心かもしれませんね。

冬生まれの赤ちゃんを迎える準備をしよう

冬生まれの赤ちゃんを迎えるために、新生児サイズの服や赤ちゃん用の布団など最低限必要そうなアイテムを考えて出産準備をしたママやパパたちもいるようです。男の子や女の子などお腹の中の赤ちゃんの性別にあわせて、色やデザインを選ぶのも楽しそうですね。

双子の場合は、服や哺乳瓶など必要な数が変わってくるかもしれません。冬場の体温調節のしやすさも考えながら使うものを選び、赤ちゃんを迎える準備ができるとよいですね。

2019年12月19日

専門家のコメント
15
    ぽんた先生 保育士
    産院でいわれて準備したのが、帽子と湯たんぽでした。頭も防寒した方がいいよということと、湯たんぽは、着替えの服を温めるのに使いました。あと、少し大きくなってきたら、保湿剤もあった方が安心です。ワセリンとかを乾燥する季節に日々塗っておくと、アトピーの予防にもなるという話もあります。あと、レッグウォーマーは便利でした。脚を曲げたりすると、どうしても足首やスネまでまくれあがって寒そうだったので、洋服プラスレッグウォーマーを使っていました。足付きのロンパースもあったかくていいのですが、足をバタバタして、なんか中で脱げてたりもありました(^^;)あとは、私は二人目のときに、ママコートが大活躍でした!抱っこでもおんぶでも使えるコートで、上の子と一緒に外に出るときに重宝しました。当時はネットオークションで安く買いましたが、いまならフリマアプリでも買えそうですね!お下がりも、うまく使って冬を乗り切ってくださーい!
    なな先生 保育士
    足の先まで入るカバーオール使用しています。サイズが大きかったお下がりのものだと足どこいった!?ってなるのでぴったりサイズを買いました。外に出る時に使用しています。室内を暖房等でしっかり暖めるのであれば、肌着にカバーオールや肌着の組み合わせでも良いのかも知れません。あと、布団をよく蹴飛ばしてしまうので、上半身が寒くならないようベストを着せたりもしています。
    いちぽ先生 保育士
    うちの子は10がつ産まれなので秋生まれですかね。
    うちは長袖の肌着とロンパースと防寒用のもこもこロンパースを用意しました。
    抱っこひものカバーも必要ですね。
    かんな先生 保育士
    生まれたばかりの赤ちゃん。かわいいですよね。冬生まれだと室温や服選びが気になりますね。他の先生もお話されているような肌着やロンパースなど良いと思います。自身での体温調節機能はまだ未熟なので外側からの調節が必要だと思います。また、生まれたばかりの赤ちゃんには鼻毛が生えていません。そのため直接外気が入って来るようです。お鼻のトラブル予防にも加湿器を上手に利用して乾燥対策をしたほうが良さそうです。
    くじら先生 保育士
    肌着、厚手の綿ロンパース、オムツ、おしりふき、ガーゼ、粉ミルク、哺乳瓶、哺乳瓶を消毒する物(ミルトンなど)、布団、ベビーバス、抱っこひも、、があれば大丈夫だと思います。最低限ですが。
    うちの子も冬生まれだったので、おしりふきウォーマーを用意していたのですが、すぐ乾燥してしまって綺麗に拭けないので全く使わなかったです。。
    かか先生 保育士
    1月生まれの子末っ子と春生まれの上の子たちと特に準備するものに違いはありませんでしたが、1番気を使ったのが、室温と湿度です。肌着類に少し厚手のロンパースくらいで、基本は布団の中で寝てるだけなので、暑すぎないように気をつけてました。
    冬は病気も多いので、春になるまでは、あまり外に出ないようにしたりしてました。
    のの先生 保育士
    加湿器は絶対必要です。特に暖房をつけるお家は必需品です。湿度が下がり過ぎると、喉が乾燥して痛めてしまいそこから菌が入ってしまいます。また、ウイルスも乾燥する事でかかりやすくなってしまいます。
    りり先生 保育士
    長男は10月生まれでしたが、意外と部屋は暖房でなんとかなるし、寒いときは外に出ないのでそんなに防寒着は入りませんでした。おくるみ一枚でなんとかなりました。あとはおしりふきを温める保温器が重宝しました。乳児は下着があれば上は毛布をかけたり布団をかけたりすれば部屋では特に不便ではありませんでしたよ。
    はつみ先生 保育士
    うちは1月産まれですが、新生児だったのでほぼ家から出ず、健診も車で行ったので厚手のロンパースなどあまり必要なかったです。
    おしりふきウォーマーはいらないと思っていましたが、知り合いから借りて使うとやはり暖かくて泣かなかったです。でも、薄いお尻拭きだと乾燥してしまうので、水分がたっぷりの厚手のパンパースのお尻拭きを使ってました!
    後は加湿器ですかね。
    とにかく鼻が苦しそうでした。
    加湿器で常に部屋の湿度を保っていました。
    りお先生 保育士
    冬、外は寒いですが、家の中を暖かくすれば済むので、外に出かける用の服はもちろん冬のあったかいものにしないといけませんが、それ以外は肌着を多めに、厚手のロンパースを準備する、くらいでいいのではないでしょうか。

    後は、おしりふきをお湯を使ってコットンを使うとか。市販のものだと冷たいかもしれませんし。
    ただ、これも部屋を暖かくしていれば特に不要なのかなという気もします。

    必要なものが有れば後で買い足すことにして、必要以上に冬を意識して色々揃える必要はないと思います!

    外は寒くても、家の中を快適な温度や湿度に保てればそれでokかと思います!
    しまこ先生 保育士
    赤ちゃんをだっこしたままで着られるコートなどのアウターがあると便利ですよ。赤ちゃんとママがそれぞれ厚着をするよりも、すっぽり一緒に着られる物の方が断然便利です。
    ゆか先生 保育士
    羽毛のスリーパー、外出用の厚手のロンパース、ニット帽、加湿器、抱っこしたまま着られるロングのダウンコート、ベビーカー用の敷き布団、などです。おしり拭きが冷たいのでウォーマーがあったらよかったのかな~と思いました。当時は使う前に両手で包み暖めていました。出してすぐに使えなかったのでめんどくさかったですね(笑)
    ゆう先生 保育士
    冬に出産予定の友人に、優しい綿100%の室内用ベストをプレゼントしたことがあります。赤ちゃんは意外と足の力が強く、掛け布団を蹴りとばす事もありますよね。
    まるまる先生 保育士
    第一子であれば、外に出ないので春先あたりからの外出着をその時の体型に合わせて用意すれば大丈夫です。
    第二子以降であれば、足先までのジャンプスーツが必須です。
    あとはママの防寒用に抱っこ紐と一緒に来れるママコートが便利です。
    きらり先生 保育士
    加湿器は大活躍でした!暖房がついてる部屋だと、お母さん自身も乾燥から体調を崩しやすくなってしまうと思うので、あるといいと思います(^o^)後は、お尻拭きの保温機は、お下がりで頂いたのですが、いらないと思っていたのですが、お尻を拭く回数を多いのであればいいかなと思います☆足で布団を蹴るようになるとスリーパーなどもあるといいですね。

準備の関連記事

カテゴリ一覧