予算3000円の出産祝いはどんなものがある?喜んでもらえる出産祝いを贈ろう

予算3000円の出産祝いはどんなものがある?喜んでもらえる出産祝いを贈ろう

予算3000円で出産祝いを贈ろうと考えたとき、どのような品物が喜ばれるのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、出産祝いを選ぶときのポイント、3000円以内の赤ちゃん用品やおもちゃについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

3000円以内の出産祝いの選び方

友人向けに3000円ぐらいの出産祝いを贈ろうと考えているママもいるのではないでしょうか。せっかくあげるなら、相手に喜んでもらえるものを選びたいですよね。

出産祝いを選ぶときのポイント

実際にほかのママたちは、出産祝いを選ぶときにどのようなポイントを意識しているのでしょうか。話を聞いてみました。

すぐに使える

iStock.com/robertsrob

「予算が3000円以内の場合、すぐに使える実用品を選ぶようにしています。赤ちゃんとの生活で忙しいママにも気楽に使ってもらえるものを贈りたいと意識しています」(20代ママ)

「出産祝いに新生児の頃に使うものをもらったことがあり嬉しかったので、贈るときもすぐに使えそうなものを選ぶようにしています」(30代ママ)

ママたちは出産祝いを選ぶときに、もらってすぐに使えるものや、新生児から長く使えるものを意識しているようです。

長く使える

「新生児の服などはすぐに着られなくなると考えて、1年以上使えそうな小物を探しました」(20代ママ)

「2、3歳まで使えそうなものがよいと思い、お店で相談して選びました」(30代ママ)

ママのなかには、食器やおもちゃなど長く使えそうなものを選んだという声もありました。

ママといっしょに使える

出産祝い
iStock.com/Dmitry Chapurin

「赤ちゃんとママがいっしょに使えるものを選びました。新生児から使えるオーガニックのクリームは、ベビーマッサージ後ママの手に馴染ませるとよいとお店で教えてもらったので、贈るときにいっしょに伝えました」(30代ママ)

「以前、私が出産祝いでもらった授乳枕が、離乳後は赤ちゃんのお昼寝で使えてとても便利だと感じたので、私もママと赤ちゃんがいっしょに使えそうな出産祝いを選びました」(20代ママ)

出産祝いは赤ちゃんのためのものだけでなく、ママがいっしょに使えるものも喜ばるようです。3000円以内なら、スキンケア用品や授乳のときに便利なクッションなども見つかるかもしれません。

3000円以内の赤ちゃん用品

実際にママたちがもらって嬉しかった赤ちゃん用品について聞いてみました。

靴下やスタイ

「スタイが3枚入ったセットを出産祝いにもらいました。スタイは洗い替えに何枚あってもありがたいと思いました」(20代ママ)

「赤ちゃんの靴下とやわらかいタオルのセットをもらいました。日にタオルを何枚も使うのでとても助かりました」(30代ママ)

スタイやタオルなど、赤ちゃんのお世話に使う必需品は出産祝いとして喜ばれるようです。3000円の予算なら何枚かセットにして贈れるので、出産祝いとして選びやすいかもしれません。

離乳食セット

「生後1カ月の頃、離乳食用のセットを出産祝いとしてもらいました。かわいい食器がいくつか入ったセットだったので、離乳食初期から3歳くらいまで使えました」(20代ママ)

「出産祝いに何がよいか聞かれたので、離乳食に使うものをリクエストしました。赤ちゃん用のスプーンやフォーク、ストローつきのコップなどがセットになっていて嬉しかったです」(30代ママ)

離乳食セットは入っているものによっても値段に違いがあるようです。3000円の予算内で買えるものを何種類かピックアップしておき、贈る相手にどのような内容が必要か聞いてから選んだというママもいるようです。

名前入りのタオル

「赤ちゃんの名前の入ったタオルをもらいました。すぐには使わず、保育園に入園してから使うようにしました」(30代ママ)

「友だちに赤ちゃんの名前の印字されたガーゼタオルのセットをもらいました。やわらかい素材なのでもらってすぐに使えました」(20代ママ)

3000円の出産祝いとして、赤ちゃんの名前の入った品物を選ぶママもいるようです。ループのついた名前入りのタオルは保育園や幼稚園で使うこともあるようなので、贈ると喜ばれるかもしれません。

3000円以内のおもちゃ

3000円で贈れる出産祝いとしておもちゃを選ぶママもいるようです。どのようなおもちゃが喜ばれるのでしょう。

絵本

iStock.com/belov1409

「妹に出産祝いとして絵本を2冊もらいました。とてもきれいな色の絵本だったので、赤ちゃんが小さいうちから見せていました」(30代ママ)

「お風呂の中で使えるビニール製の絵本のセットを出産祝いとしてもらいました。お風呂で遊べるようになるまでは室内で普通の絵本として読み、赤ちゃんがお風呂で遊べるようになったら、いっしょに湯船に浸かりながら楽しみました」(20代ママ)

出産祝いに絵本を贈ることもあるようです。予算が3000円なら2、3冊セットで贈れるかもしれません。普通の絵本の他にも布製やビニール製の絵本などもあるので、贈ると喜ばれるのではないでしょうか。

布製のブロック

「赤ちゃんが3カ月くらいになったら遊べるようにと布製のブロックを出産祝いにもらいました。5個くらいのセットになっていて、2歳くらいまでよく遊んでいました」(30代ママ)

布製のおもちゃは軽くて赤ちゃんが持ちやすいことから、出産祝いとして選ぶこともあるようです。おすわりができるようになると、積み木のようにして遊んだり、ママと投げっこをするなど長く遊べるかもしれません。

音の鳴るおもちゃ

「赤ちゃんが持って動かすと音の出るラトルなどのおもちゃがセットになったものを出産祝いにもらいました」(20代ママ)

音が出るおもちゃは赤ちゃんが興味を持つこともあるようなので、出産祝いに贈ると喜ばれるかもしれません。他には、3000円の予算内でおもちゃを何種類か組み合わせて贈ったというママもいました。

予算3000円で出産祝いを贈ろう

iStock.com/Satoshi-K

出産祝いを3000円以内で贈りたいと考えたとき、喜んでもらえそうな品物はいろいろとあるようです。長く使えるものや、実用的なアイテムなど、あげた相手に喜ばれる出産祝いを選べるとよいですね。

2018年05月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

出産祝いの関連記事

カテゴリ一覧