産後ダイエットはいつから?骨盤矯正などの方法やおすすめグッズ

産後ダイエットはいつから?骨盤矯正などの方法やおすすめグッズ

ママたちにきく、産後ダイエットの工夫や始めた時期

子どもを出産し、落ち着いたタイミングで気になり始める産後ダイエットや骨盤矯正。家事や育児に追われていると、なかなか思うようにできずに悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、産後ダイエットを始めた時期や方法、工夫したポイント以外に、産後ダイエットにおすすめの骨盤矯正グッズについてご紹介します。

産後ダイエットはいつから?

産後の体形変化が気になり、ダイエットをはじめようかと悩むこともあるかもしれません。

ママたちは、産後ダイエットをいつからはじめているのでしょう。産後ダイエットを始めた時期やきっかけについて聞いてみました。

30代ママ
出産後なかなか戻らない体重増加が気になりました。生後5カ月くらいからダイエットを意識して取り組みました。
20代ママ
お腹や腰回りを出産前のサイズに戻したかったのと、骨盤の歪みも気になっていたので、産後1カ月過ぎてからすぐに始めました。
30代ママ
子どもが1歳になり、授乳が落ち着いてきたタイミングで産後ダイエットを始めました。

産後ダイエットをスタートする時期は、さまざまなようです。ママたちに聞くと、骨盤矯正が気になるという声もありました。子育てのすきま時間を利用して取り組みたいママは多いのかもしれません。

産後ダイエットの方法

iStock.com/energyy

家事や子育ての合間に、ママたちはどのように産後ダイエットをしていたのでしょう。ダイエット方法と工夫したポイントをあわせて聞いてみました。

食事管理をする

30代ママ
白米を食べる量を子ども茶碗くらいに減らし、間食などにも気をつけました。18時前に夕食をすませるなど食事時間についても工夫しました。
30代ママ
ダイエット中は、なるべくヘルシーな食事を心がけていました。あまり無理をしすぎるとつらくなってしまうので、神経質になりすぎないよう気をつけました。

産後ダイエットは、食事の量や時間の工夫がポイントになりそうですね。授乳中の食生活に慣れていると、卒乳後に一気に体重が増加してしまったというママもいるようです。

食事について一度見直してみるのもよいかもしれませんね。

骨盤矯正をする

30代ママ
整体師の方から、産後は骨盤が開いているので、しっかりもとに戻すことが大切だと聞きました。教わった骨盤矯正体操を、子育ての合間に取り入れていました。
30代ママ
ダイエットの前に、まずは骨盤を戻たいと思い、産後矯正に通いました。接骨院で教わったストレッチを自宅でやっています。

出産後、妊娠前に履いていたデニムパンツに足を通したときに、ボタンが閉まらずびっくりしたママもいるのではないでしょうか。

骨盤の開きは目に見えてわかりづらいですが、きちんと矯正して戻しておくことが、産後ダイエットのポイントになりそうです。

グッズを利用する

30代ママ
食事や運動以外にも、産後のリフォーム下着やスパッツなどを活用しました。子育てをしながらダイエットに取り組めるので助かりました。

産後のシェイプアップグッズには、下着やスパッツ以外にも、クッションやスリッパなど、さまざまな種類があります。ダイエットの目的にあわせて、自分にあったものを見つけてみるのもよさそうです。

産後ダイエットにおすすめ骨盤矯正グッズ

産後ダイエットでママたちが注目していた骨盤矯正グッズにも、さまざまな種類があるようです。おすすめの骨盤矯正グッズについて5つご紹介します。

ウエストのシェイプアップに決定的!【骨盤ウォーカーベルト】

「骨盤」をキーコンセプトにした、骨盤ウォーカーベルトは、2本ベルトでしっかりと骨盤が正しい位置に戻るようサポートしてくれます。

短い時間の着用ですむので、骨盤矯正体操といっしょに取り入れられそうですね。

美の秘訣は骨盤底筋がポイントに【ibz着圧下着】

ibzの着圧下着は、外から内へ、下から上に向かった特殊アーチ型構造で、骨盤と膣圧のダブルサポートを実現しています。

履くだけで気分が上がるスタイリッシュなデザインも、女性に嬉しいポイントです。

座るだけで美姿勢と骨盤をサポート【骨盤ビューティー コアスリム】

背もたれ部分に触れるように座ることで、座り癖や普段の姿勢で傾いた骨盤まわりを、ナビゲートしてくれるようです。

骨盤矯正といっしょに、美しい姿勢が身につけられると嬉しいですね。

履き心地にこだわったダイエットインナー【Dr.MediShape レギンス】

Dr.MediShapeのレギンスは、程よい着圧力と快適な履き心地で、女性のダイエットをサポートしています。

通気性にもこだわっている素材は、季節を問わずに快適にすごせそうですね。

産後ダイエットは工夫しながら取り組もう

ワークアウトするママ
iStock.com/Alife

出産後の体型の変化に悩むママたちは、食事管理や骨盤矯正体操、ダイエットグッズを利用するなどさまざまな方法で産後ダイエットに取り組んでいるようです。

家事や子育て、仕事のすきま時間を活用して、便利グッズを使ってみるのもよいかもしれません。ライフスタイルにあわせて工夫しながら、産後ダイエットに取り組めるとよいですね。

2019年09月04日

専門家のコメント
18
    ちぃ先生 保育士
    授乳中は食事は特に減らさず、寝転がってできる骨盤調整運動をしていました。
    骨盤矯正にも通い
    いちぽ先生 保育士
    授乳中は一気にではありませんが、徐々に体重が減っていくので極端な食事制限はしなくていいとお
    くじら先生 保育士
    骨盤矯正ベルトを巻いていましたが効果があったのかはいまいち分かりません。授乳中だったことも
    せおみ先生 保育士
    産後一年以上たたないと、体重は一向に減らず、産後退院した時とかわりませんでした。
    トコちゃ
    あー先生 保育士
    わたしの場合母乳育児だったので食事制限は、とくに気にしてなかったですが和食中心の野菜多めの
    みー先生 保育士
    1人目は23歳で出産したのですが、母乳育児だったので食事もそこまで気を遣わずに必死に子育て
    すー先生 保育士
    産後1ヶ月を過ぎてから骨盤矯正に数回通いました。ダイエットをしたかったのですが、授乳があっ
    まい先生 保育士
    無理しなくても基本授乳中中に勝手に痩せていくことが多いかと思います
    でも気になるようなら少
    みぃ先生 保育士
    産後にダイエットしたいとは思っていましたが、思いに反して食欲があり沢山食べてしまいました。
コメントをもっと見る

産後の関連記事

カテゴリ一覧