産後は痩せた?太った?健康のために意識していること

産後は痩せた?太った?健康のために意識していること

ママたちの産後の体型事情

産後、太ったことが気になり痩せたいと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、産後は痩せたか太ったかやママたちが考える太った理由、健康のために意識していることを体験談とともにご紹介します。

産後のからだの悩み

妊娠出産を経たことで、産後体型や体重などからだの変化に対して悩みや気になることがあるママもいるのではないでしょうか。実際に、産後のからだについて気になることを聞いてみました。

20代ママ
友人は、出産後すぐ痩せたと言っていたのですが私はなかなか痩せません。他にも出産後太ったままで悩む人がいるのか気になります。
40代ママ
出産前は、食べてもあまり太らなかったのですが産後はどんどん太っていきます。なぜこんなに太ってしまうのでしょうか。
30代ママ
産後、なかなか痩せることができません。赤ちゃんのお世話などで忙しく時間がないので、痩せるために普段の生活でできることが知りたいです。

産後なかなか痩せないと悩む声や、痩せるために普段できることが知りたいという声がりました。実際に、産後の体重についてママたちに聞いてみました。

産後は痩せた?太った?

ママたちは妊娠と出産を経て、痩せたり太ったりしてのでしょうか。産後の体重についてママたちに聞いてみました。

痩せた

体重計
iStock.com/busracavus
20代ママ
産後3カ月くらいで妊娠前の体重に戻りました。妊娠中、体重管理を徹底していたことも、すぐに痩せた理由のひとつかもしれません。

妊娠中から体重を意識し産後3カ月程で妊娠前の体型に戻ったママもいるようです。他にも産後すぐは妊娠前よりも太ったままだったけれども徐々に痩せたという声もありました。

太った

30代ママ
母乳をあげていたためか食べる量が増えて太ったと感じています。『授乳が終わったら自然と食べる量も減り、元に戻ったよ』とママ友から聞きましたが、私の場合は授乳が終わっても食べる量が減らず体重も減りません。
40代ママ
1人目のときは産後すぐに痩せたのですが、2人目はなかなか体重が戻らず産後1年経っても太ったままです。痩せたいと思うのですがダイエットをしてストレスが溜まるのも嫌なので、なかなか行動に移せません。

産後太ったと感じているママもいるようです。ママのなかには1人目と2人目とで体重の減り方が違うと感じる場合もあるそうです。他にも、産後1度痩せたがその後太ったという声もありました。

ママたちが考える産後に太った理由

妊娠や出産を経て太ったと感じているママたちに、どのようなことが原因で太ったのか考えられる理由を聞いてみました。

妊娠中に増えた体重が戻らない

30代ママ
私の場合は、出産直後の体重からなかなか減らないように感じます。妊娠中に増えてしまった体重が、そのままになっているのかなと思います。

妊娠中に増えた体重が産後も戻らないということがあるようです。ママのなかには、妊娠中に自分のからだについた脂肪が思ったよりも多く、産後も痩せづらいのかもしれないという声もありました。

食生活が乱れる

食べ物
iStock.com/ALEAIMAGE
30代ママ
産後は赤ちゃんのお世話が忙しく、自分の食事は後回しになることが増えました。赤ちゃんがぐずらないうちに食べようと早食いになることも、太ってしまう理由のひとつかもしれないと感じています。
40代ママ
家事や育児が忙しく、ストレス発散のためにお菓子など甘い物をたくさん食べてしまいます。赤ちゃんが寝ているときにちょこちょこ食べてしまうことがよくないなとわかっているのですが、なかなかやめられません。

赤ちゃんのお世話でゆっくり食事ができなかったり、ストレス発散のためにお菓子を食べてしまったりと食生活の乱れが太った理由と考えるママがいるようです。他にも、調理時間短縮のため食事の品数が減り、バランスが崩れた食生活になってしまっているという声もありました。

運動する機会がない

40代ママ
産後は、赤ちゃんのお世話でや家事などやることがたくさんあり一日があっという間にすぎていきます。以前はヨガやジムに通っていましたが、今は時間がないため運動はほとんどしていません。

育児や家事に追われ運動する時間がないことが太った理由と考えるママもいるようです。他にも、育児で疲れてしまって運動をする元気がないという声もありました。

産後健康のために意識していること

出産を経て、元のような体型に戻したり、健康を維持したいと考えたりしたときどのようなことができるのでしょうか。産後体重を戻すためや健康のために意識していることを聞いてみました。

食事のバランス

30代ママ
なるべく和食中心の食事を意識しています。授乳中のためか食欲が以前より増したのですが、煮物などで野菜をたくさん食べることで満足感が得られます。
40代ママ
子どもが食事を残すと私が食べることになり食べすぎてしまいます。最近、食べ残しが出そうなときは、あらかじめ自分の食事の量を減らして調節するようにしています。

食事の栄養バランスや量を調節しているママがいるようです。他にも、野菜から食べるようにすることや間食を低カロリーなものにするなど工夫しているという声もありました。

適度な運動

30代ママ
地域の赤ちゃん教室で赤ちゃんをあやしながらできるストレッチを教えてもらいました。赤ちゃんがいると運動できないと思っていましたが、いっしょに遊びながらストレッチをしています。
20代ママ
生後6カ月頃からベビースイミングに通うようになりました。赤ちゃんと楽しめたらよいと思って始めましたが、水の中を歩いたりするのでとてもよい運動になっています。

ストレッチやスイミングなど赤ちゃんといっしょに楽しめる運動を取り入れているママがいるようです。ママのなかには、赤ちゃんと遊ぶとき思いきり遊びからだを動かしているという声もありました。

からだのメンテナンス

40代ママ
休日は赤ちゃんのお風呂をパパに任せて1人でゆっくりお風呂に入ります。脚や腕などマッサージしてむくみをとるようにしています。
20代ママ
毎日体重計に乗るようにしています。前日と比べて増えたときは間食を控えたり、ご飯の量を減らしたりなどと考えるようになりました。

お風呂にゆっくり入ったり体重を毎日計測したりと、からだのメンテナンスをしているママもいるようです。他にも、定期的にマッサージに行くという声もありました。

産後の体重はさまざま

赤ちゃんをおんぶしてストレッチをするママ
iStock.com/recep-bg

産後に痩せたと感じるか、太ったと感じるかは、ママによってさまざまなようです。太ったと感じているママからは、妊娠中の体重が戻らないことや食生活が乱れたことが理由と感じているという声がありました。

バランスのとれた食事や赤ちゃんといっしょにできる運動などを取り入れながら、健康に自分らしくいられるとよいですね。

2019年06月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

産後の関連記事

カテゴリ一覧