00:00
00:00

アレンジいろいろ。お豆たっぷり豚肉のトマトカレー煮

作り置き 作り置き(常備菜)レシピ

トマトのさっぱりとした酸味とカレー粉のスパイシーさが食欲をそそる、お豆たっぷり豚肉のトマトカレー煮のレシピをご紹介します。煮込むほどに豚肉に味が染み込むでしょう。たくさん作り置きしておけば、パスタに絡めたりドリアにしたりなど、いろいろなアレンジができそうです。

材料(4食分)

  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんにく 1片
  • 豚バラブロック 200g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ホールトマト缶 400g
  • カレー粉 大さじ1
  • コンソメスープの素 小さじ2
  • 小さじ1/4
  • ミックスビーンズ 200g

作り方

  1. 玉ねぎの皮を剥き、1cm角に切る。
  2. にんにくの芽を取り除き、みじん切りにする。
  3. 豚バラブロックを1cm角に切る。
  4. 鍋にオリーブオイルを熱して1と2を炒め、香りがたったら3を加えて炒める。
  5. 豚肉に焼き目がついたらホールトマト缶を加え、トマトを木べらでつぶすようにして混ぜる。
  6. 煮立ったらカレー粉、コンソメスープの素、塩、ミックスビーンズを加え、中火で8分ほど煮たら完成。

コツ・ポイント

水を加えずにトマト缶の水分で煮込むことによってうまみが凝縮し、おいしく仕上がるでしょう。食材を1cm角に小さく刻むことで、子どもも食べやすくなりそうです。

豚肉の代わりに鶏肉やひき肉を入れてもよいですね。なすやきのこなどの食材をプラスすると、より一層さまざまな食感を楽しむことができるでしょう。

2020年04月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

作り置きのレシピ動画

作り置きの関連記事

カテゴリ一覧