00:00
00:00

お家で簡単!カラフルくまラムネ

親子クッキング 親子で作る食事やおやつ

春休みを利用して、子どもと親子クッキングにチャレンジしてみませんか?重曹を使うと、お家で簡単にラムネが手作りできます。火を使わず安全に子どもといっしょに作れるおやつはうれしいですよね。子どもがよろこんでくれそうなキュートな見た目の、カラフルくまラムネのレシピをご紹介します。

カラフルくまラムネを子どもといっしょに作ってみよう

スーパーや薬局で手に入るような材料と型を使って、簡単にラムネを作ることができます。材料を混ぜたり、型で成型する過程は、まるで実験のよう。赤や青、黄色や緑などのさまざまな食紅を用意して、色の変化を楽しむのもよいですね。自宅にある型を使ってもさまざまなアレンジが楽しめます。わくわくしながら親子で作ってみてはいかがでしょうか。

材料(4~5食分)

  • 粉糖 100g
  • コーンスターチ 20g
  • 食品用クエン酸 小さじ1/2
  • レモン汁 小さじ1/2
  • 小さじ1と1/2
  • 重曹 小さじ1
  • 食紅(青) 適量
  • 食紅(赤) 適量

作り方

1.ボウルに粉糖、コーンスターチを入れてよく混ぜる。
ラムネ
2.食品用クエン酸、レモン汁、水を加え、水気がなくなるまでよく混ぜる。
ラムネ
3.重曹を加えてよく混ぜる。
ラムネ
4.小分けにして赤と青の食紅を加え、色が変わるまでよく混ぜる。
ラムネ
5.型に入れて成型する。
ラムネ
6.お皿に並べて乾燥させたら完成。
ラムネ

コツ・ポイント

混ぜたり型に入れたりする作業は子どもに手伝ってもらうとよいでしょう。

水分が飛んでいない状態で触ると崩れやすくなってしまうので、半日から1日ほどしっかりと乾燥させるとよいようです。食紅の代わりにかき氷シロップや駄菓子の粉末ジュースも色づけに使えるようなので、自宅にある場合は活用してみてもよいかもしれません。

2020年03月21日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

親子クッキングのレシピ動画

親子クッキングの関連記事

カテゴリ一覧