子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年08月25日

鉄棒のコツ☆前まわり、さかあがりなど

いざ自分の子どもに教えるとなると、「あれ、できなくなってる……」「どうやるんだったっけ?」になりがちな鉄棒。コツをおさらいをしてみましょう☆

<はじめの一歩>ぶらさがる

まずは、手に届く高さの鉄棒にぶらさがることから。親指とひとさし指でマルを作って握らせるのを忘れないようにしてください。ひとさし指から小指で引っかけるだけの子もいるので気をつけて見てあげてくださいね。

体重が重くて支えきれない子どもは、ぶらさがる練習と平行して食生活を見直してもいいかもしれません。
腕に力のない子ならまずはしっかりと「握る」ことに慣れることから始めましょう。
「ぶらさがる」がクリアできたら次は、そのまま前後にブランコのように揺れてみましょう!

http://www.kamogawa-seaworld.jp/aquarium/program/kuragelife.html

<初級編>「ブタの丸焼き」「つばめ」

いよいよカンタンな技に挑戦です。鉄棒に体を平行にして、両手両足を鉄棒にひっかける「ブタの丸焼き」。
鉄棒に体を垂直にして、両手と下腹で全身を支えて体を鉄棒の上に乗せる「つばめ」。どちらも腕の力が必要なので、はじめのうちは少しお手伝いが必要かもしれません。
なかなかできない子もいるかもしれませんが、大事なのは鉄棒に慣れることです。遊びとして楽しみながら進めてくださいね☆

<中級編>「コウモリ」「前まわり」

さかさまになることに恐怖心がなくなったら、「コウモリ」に挑戦してみてください。両ひざを鉄棒にひっかけて、さかさまになります。まずは先に両ひざをひっかけてから手を離しましょう。これならお手伝いもしやすいと思います。
次はいよいよ、<初級編>の「つばめ」を応用した前まわり。「つばめ」のポーズから、ぐんと前に回転するものです。最初は着地のタイミングで支えてあげてくださいね。

<上級編>「さかあがり」

前まわりの次はついにに、さかあがり!補助版が付いていない鉄棒では、大人が手伝ってあげてくださいね。
鉄棒を両手でしっかり持ち、「前に」ではなく「ななめ上に」勢いよく踏みきります。そのままくるりと回転できたらさかあがり成功です。
コツのひとつは体と鉄棒の距離ですが、何度かチャレンジして体で覚えるのがいちばんいいと思います。ある日突然「できた!」となるので、気長に付き合って、いっしょに達成感を味わってください♪

「楽しむ」は重要なポイントです

最初から「鉄棒をマスターしよう!」と意気込むのではなく、公園遊びを楽しむことから始めましょう。鉄棒にぶらさがって遊んでいるうちに、自然にできるようになるかもしれません。
さかあがりができるようになることより、新しいことにチャレンジする気持ちや達成感を育ててあげたいですね☆

関連記事
  • 子どもが水嫌いを克服する方法。潜れるようになるための4ステップ

    習い事ランキングでトップを走り続けるスイミング。「丈夫な体になってほしい」「水嫌いを直したい」そんな思いから、子どもをスイミングスクールに通わせるケースが多いそうです。その一方、水が苦手な子どもがいることも事実です。前回に続き今回は、水が苦手な子どもが無理なく「水に顔をつける」「水の中に潜れる」方法を元小・中学校で保健体育を専門として教師をしていた筆者が紹介します。

  • 水嫌いを克服するためには、まずは「水慣れ」が大切。シャワーのかけ方のコツなど

    外での水遊びはできる時期も限られているので、子どもに楽しませたいと思っているパパやママは多いと思います。しかしその反面、水を嫌がる子どもが多いのも事実です。今回は、これからの季節に向けて水が苦手お子さんでも楽しく「水慣れ」できる方法をご紹介します。ぜひ、ご家庭で実践してみてください。

  • 室内でもできる。跳び箱の簡単練習法を、週末の遊びに取り入れよう

    跳び箱が苦手な子どもをフォローする方法はあるのか…と悩むパパやママもいるのではないでしょうか?今回は、跳び箱が飛べない理由や練習方法、跳ぶための補助運動をご紹介します。

  • 鉄棒が苦手になる最初のつまづきとは?上達させるために幼児期にできること

    鉄棒が苦手で体育の時間が憂鬱だった…。そんな経験のあるパパやママもいるのではないでしょうか?鉄棒が上達するコツは、小さいころから遊びとして楽しみながら練習することです。今回は「はじめての鉄棒」をテーマに、前回り下りまでを目標とした練習方法をご紹介します。

  • 「子どもの運動能力低下」問題。運動が得意な子の特徴、幼児期にできることは

    近年、問題視されている子どもの体力・運動能力低下の問題。「昔の子どもと比べて、現代の子どもは体力がない」という話を耳にしたしたことはありませんか?今回の記事では子どもの運動能力の実態と、子どもを運動好きにさせるポイントについて考えてみました。

  • 花粉の時期到来!お外やお出かけ対策にうれしいアイテムを試してみた

    そろそろ花粉の季節。子どもはマスクを嫌がったりと、防ぎようもないので色々と困ることが多いですよね……。だからこそ、「お出かけやお外遊びの時に花粉をなんとかできたらいいのにっ!」って思うママも多いはず。そんなママに朗報が!実は最近、いいアイテムを見つけたんです。花粉などから肌を守り、気になる肌あれケアもできる化粧水「YUCCA ウォーターヴェール」についてご紹介します。

    翠松堂製薬株式会社

    PR

カテゴリ一覧