幼児期の運動について。子どもと遊びを楽しむポイントや運動に使うアイテム

幼児期の運動について。子どもと遊びを楽しむポイントや運動に使うアイテム

ボール遊びや縄跳びなど子どもと遊んだシーン

幼児期の子どもとどのような運動をすれがよいか、年齢に合った動きや遊びの種類が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。保育園や幼稚園の友だちといっしょに遊びを楽しんでいる子どももいるでしょう。幼児期に行う運動の意義や3歳から6歳までの子どもの運動について、文部科学省の資料をもとにご紹介します。

幼児期に行う運動の意義

文部科学省の資料によると、幼児期は神経機能が発達し、力を調節して運動する能力が向上する時期とされています。

運動は体の健康を維持して、さまざまなことに積極的に取り組む意欲を育む効果が期待できるようです。

幼児期は、保育園や幼稚園の友だち、先生などたくさんの人と遊ぶ機会が増えるでしょう。

ルールを守って人とコミュニケーションを取りながら遊ぶことは、社会性を身につけるきっかけにもなるかもしれません。

幼児期の運動は、子どもが自分でルールを作ったり、新しい遊びを考えたりなど、創造力を働かせることにも繋がるようです。

運動習慣を身につけると体調不良を防ぎ、身体的、精神的にも疲労感を残さない効果があると考えられています。
出典:幼児期運動指針/文部科学省

【年齢別】幼児期に行う運動の在り方

子ども 運動
leungchopan/Shutterstock.com
幼児期の運動について、年齢別にご紹介します。

3~4歳児

3~4歳頃になると、ボールを投げたり蹴ったりなどいろいろな動作を楽しむようになる子どももいるでしょう。

次第に体の動かし方が上手になり、自分の体の動きをコントロールできるようになっていく時期のようです。

ブランコや滑り台など全身を使った遊具は、のぼる、座るなどのたくさんの動作を楽しむことができます。

遊びのなかでさまざまな動きを経験するようになる3~4歳頃の子どもには、動作を繰り返して楽しむことができる環境が大切になってくるでしょう。

4~5歳児

4~5歳頃は、友だちと運動することの面白さを知り、遊び方を工夫しながらたくさんの動作を経験する時期です。

縄跳びやボールなどの道具を使って、リズムをとりながら体を動かすことができるようになる子どももいるようです。

4~5歳頃は、道具を取り入れた運動を楽しんでみましょう。

5~6歳児

5~6歳頃になると、友だちと力を合わせて役割分担をしたり、目標を立てて行動するようになる子どももいるようです。

ボールをドリブルしながら前に進んだりなど、動きを組み合わせて楽しめる運動に取り組みたい時期です。

体のバランスを取ったり、道具を使った遊びなどたくさんの動作を取り入れた運動を楽しみましょう。
出典:幼児期運動指針/文部科学省

幼児が運動を楽しむためのポイント

子どもと運動を楽しむためのポイントをご紹介します。

遊ぶ場所に合った遊びを考える

子ども 運動 公園
GraphicsRF/Shutterstock.com
室内では、ボールや遊具などを使って体を思い切り動かす運動はしにくいと感じることもあるかもしれません。

室内では風船を使って子どもとキャッチボールをしたり、室内用の遊具で運動を楽しんでいるというママの声がありました。

屋外では、子どもと追いかけっこをしたり、ジャングルジムなどの屋外遊具で遊んだりなど、外遊びならではの遊びを楽しみたいですね。

場所に合わせて子どもがよろこぶ遊びを考えましょう。

大人もいっしょに遊ぶ

ママやパパの動きを真似したり、大人の行動に興味を持って遊びを楽しむ子どももいるかもしれません。

大人もいっしょに運動すると、子どもも思う存分楽しめるでしょう。

いっしょにルールを考えたり、オリジナルの遊びを作ったりなど、子どもとコミュニケーションを取りながら楽しみましょう。

「こうするともっと面白くなる」と創造力を働かせるきっかけになるかもしれません。

子どもに合った難易度の遊びを楽しむ

「何回ジャンプしよう、何回ドリブルしよう」などルールを作って子どもと運動することもありますよね。

子どもが「できない」と感じると運動をする気になれないかもしれません。

初めての遊びをするときは簡単なことからはじめて、少しずつ難しい動きに挑戦するなど、子どもの年齢や成長に合わせて遊びの難易度を考えましょう。

幼児が楽しく運動できるアイテム

幼児期には、道具を使って運動を楽しむようになる子どももいるでしょう。運動が楽しくなるアイテムや、子どもと遊んだシーンについてママたちに聞いてみました。

ボール

30代ママ
子どもと公園に行くときはよくボールを持って行きました。2歳頃は大きいボールを使って遊ぶことが多かったですが、3歳頃から小さいボールに変えてキャッチボールの練習を始めました。子どもの年齢に合わせてボールの大きさや硬さを変えて、運動を楽しんでいました。
自分の手でボールを持って投げたり、足で蹴ったりなどボール遊びはたくさんの動作を楽しむことができます。

ボールによってサイズや硬さには違いがあります。子どもが楽しめるボールを用意すると、子どもも思い切り遊べるでしょう。

縄跳び

30代ママ
幼稚園年長の頃から子どもが縄跳びをして遊ぶようになりました。縄を長くして子どもと向かい合っていっしょに飛んだり、ママとパパで縄を回して子どもが飛ぶなどいろいろな楽しみ方をして遊びました。
子どもといっしょに縄跳びを楽しんでいたというママの声がありました。低い位置に縄跳びを張って、ゴムとびのようにして遊ぶこともできるようです。アイディア次第で遊びの幅が広がりそうですね。

自転車

30代ママ
子どもが幼稚園の頃は補助輪つきの自転車に乗っていましたが、小学校に入学する前に補助輪を外して乗るようになりました。広い公園で自転車に乗る練習をしたり、家族でアウトドアに行くときによく自転車を持って行きました。
自転車は、バランスを取りながらペダルを漕いだりなど、いろいろな動きを楽しめるでしょう。

自転車に乗る子どもを支えられるように押し棒がついたものなど、幼児向けの自転車はさまざまあるようです。

幼児といっしょに運動を楽しもう

子ども 運動
Monkey Business Images/Shutterstock.com
3歳から6歳頃の子どもの運動についてご紹介しました。幼児期は、体をたくさん動かし、力をコントロールして運動する能力が伸びる時期のようです。

子どもに合った難易度の遊びを考えながら、子どもと運動を楽しみましょう。

子どもの年齢によって運動の楽しみ方やできる動作には違いがあるでしょう。ママやパパもいっしょに遊びながら、子どもの成長を見守れるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年11月27日の記事作成時点のものです。

2019年12月06日

専門家のコメント
19
    まあ先生 保育士
    幼児期になると体をダイナミックに動かせるようになり運動の幅が広まりますね。保育園ではなわとびやボール、おいかけっこなどが子どもたちに人気です。
    白玉善哉先生 保育士
    幼児期の子どもたちは
    登るという動作を好んで行う
    様子がよく見られます。
    ちょっとした段差、斜面の上り下りや
    ボルダリングなどがあると
    楽しいのではないかと思います。

    園ではドッジボールやサッカー、
    お砂場でおままごとなど
    集団で楽しい遊びをしていることが
    多いですね。
    あゆみ先生 保育士
    子どもは走ることが大好きですね。鬼ごっこは一度始まると、エンドレスでいつまででも楽しんでいて、こちらがヘトヘトになってしまうほど。年齢が上がるに連れて、捕まらないよう頭で作戦を考えたり、ギリギリの所で身体を反らしたりと、身のこなしも良くなっていきます。遊ぶ中で色々な機能が育っていきますね。

    また、鉄棒やうんていもオススメです。自分の体重を支える力を養うことや、回転して見える世界が変わることは、とても大事な刺激になると思いますよ^^
    ぷん先生 保育士
    年長になるほど、ルールのある体を動かす遊びが流行っていました!

    集団遊びでは色鬼やケイドロ②だるまさんがころんだ。
    少人数で遊べる遊びは縄跳びや手押し相撲等が流行っていました(^^)
    かんな先生 保育士
    運動機能がバランスよく発達してくる年齢が、3歳位だと言われています。例として1つめは、
    片足で立つ→数秒数える→片足、両足(ケンパ)を繰り返す。2つめは、
    右、左を教えてから腕を指示に合わせて上げ下げする。3つめは、歩いていて歌や指示があったら止まる。
    などは比較的に低年齢からできるのでしょうか。この指示で止まるこどができるの延長として「ダルマさんが転んだ」ができそうです。
    ルールがわかるようなれば、より複雑な遊びもできるようになりますね。

    りお先生 保育士
    子どもは動くことが大好き!

    我が家のお兄ちゃんは、走ることが好きで、よーいどん!でよく競争してました。鬼ごっこ、かくれんぼ、だるまさんがころんだなど、本人のやりたい遊びに付き合える範囲で付き合いました。
    今は親とではなく、お友だちとやっているので見ているだけですが😁かけっこも負けますしね笑。

    4歳と2歳の妹は、とにかくブランコが大好きで、毎日飽きるまでブランコに乗っています。いつのまにか4歳の妹は上手にブランコがこげるようになり、今はお友だちとの2人乗りを楽しんでます。
    何でもいいので、本人の好きな遊びに付き合い、そこから体を動かす、お友だちと関わる、楽しむ!と繋がっていくような気がします。
    かよう先生 保育士
    鬼ごっこや縄跳びは毎日のように楽しんでいました。
    年齢によってルールを少し複雑化して行ったり、仲間と協力して捕まえたり色々作戦を考えながら頭も体も使って楽しめるところが良いですね。
    遊んでいくうちにタッチされないように避けたり、両足跳びなどの身体の使い方が分かってきます。
    くじら先生 保育士
    我が家では筋力やバランス感覚を養って欲しいと思い1歳半頃、滑り台付きの室内ジャングルジムを購入しました。
    はじめは滑り台を滑るのでやっとという感じでしたが、2歳間近になるとジャングルジムの高い所まで一人で登ったり、腰掛けてブラブラしたり、正直予想以上に効果がありビックリ!!
    家で慣れたからか公園の遊具でも物怖じせず楽しめるようになりましたよ(^^)
    まり先生 保育士
    冬になると室内にこもって縮こまりがちに。ですがお天気の良い日にはお日様の光を浴びてお外で存分に身体を動かせると、子どもも心が軽くなるようです。何かを使って遊ぼう!と構えなくても自然にあるものを使ったり、少し走ってみるだけでも身体がポカポカと暖まって良いと思います♪
    はなこ先生 保育士
    寒い時期になりますが、子供は身体を使って遊ぶことはとても重要です!遊びがわからない子も増えています。大人が教えていかなきゃですよね。

    遊美も大事ですが大人が一緒に楽しむことも大事だと思います。疲れますが(笑)

    ボール遊び→キャッチボール、サッカー、ドッヂボール、玉送り、ボール鬼

    鬼ごっこ系は道具なしでできますね!

    あとは、時期は落ち葉や枝を使って遊ぶのも楽しいです!けんけんパーとか、どこまでジャンプできるかな?とか

    発想次第でいろいろできますね!
    我が子とも引きこもりすぎずに寒さに負けず遊びたいです😊
    はなばたけ先生 保育士
    乳幼児共に身の回りにあるもの全てが玩具になり、楽しい時間を過ごせる道具になることに気づき面白く感じています。
    幼児クラスを担任し、現在子ども達の間で盛り上がるのはボール回しゲーム。1列に並んで様々なボールの渡し方をします。3歳でしたら「はいどうぞ、」とボールを落とさず渡す練習から。4.5歳でしたら、頭の上から、足の間からボールを渡す。チーム戦にして速さを競いあったりしています。人数が必要となりますが、大盛り上がりです。
    なごみ先生 保育士
    忙しい毎日でなかなか公園に連れて行ってあげれないのが現実、、、。
    なので園からの帰り道に少し高い所を平均台代わりに歩いてみたり線の上だけを歩いてみたり、ケンケンでいってみたりするだけでもいい運動になりそうですね☆
    ゆか先生 保育士
    子どもは走ることが大好きです❗
    定番ですが鬼ごっこはエンドレスです(笑)
    親子でやると親はバテてしまいますね。休憩しつつ子どもを走らせるには自分のいるところをスタートラインにし、遠く離れたところにある遊具や木を目指し走ってもらいタッチしてまた戻ってくるというのをやるといいですよ!親は休めるけど子どもは一緒に遊んでいる気になってくれるのでお勧めです🎵
    なな先生 保育士
    運動機能の発達がバラバラな子ども達のクラスだった為、カリキュラムを立てる時には「ボールあそび」「縄あそび」と大きくとって、ボールなら転がす遊び、投げる遊び、保育士や友達と出来る遊び・・・のようにその中で難易度の違う遊びを取り入れていました。縄あそびも同様、なわとびだけだと出来ない子どももいて楽しくない時間になってしまうので、縄を引っ張ったりくぐったりする運動も取り入れて、楽しく取り組めるようにしていました。子どものやる気を引き出してあげられる誘い方、方法が大切だと思います。
    きらり先生 保育士
    親子で楽しむ運動★
    我が家では、ボール遊びではドッチボールを使ってのキャッチボールはもちろん、両足でトンネルを作りそこにボールを転がす遊びも子供は大好き!後は、フラフープめがけてボールを投げたり♪
    縄跳びを使ったあそびでは、へびのようにゆらゆらと縄をさせ、それを子どもは追いかける!へびさん捕まえられるかな?と一緒に走り回らます♪子どもはケラケラ笑い楽しそうに走り追いかけていますよ(^o^)
    縄跳びで、綱引きのように引っ張り合いっこするのも楽しいですね♪その時は、お子さんがひっくり返らないように気をつけて下さいね(^o^)
    寒い季節ですが、一緒に外に出て身体を動かすと気持ちがいいですよ☆
    まりこ先生 保育士
    子どもの運動能力は、歳を重ねるごとに驚く成長を見せてくれますよね。子どもは体を使って遊ぶことが大好きなので、どんどん動かしてあげましょう。
    運動と言うと外で走り回ったり、ボールを使ったりと大掛かりなことをイメージしがちですが、案外室内でも楽しめる運動があるんだなと意識し始めました。
    冬になると暗くなる時間も早く室内遊びも多くなってくると思います。
    そんな時には、室内で気軽にできる親子体操もお勧めです。
    1つ例をあげると、「ひっくりカエル」と言う遊びがありますよ。子どもは床にうつぶせになり、親は子どもをひっくり返すようにがんばってみてください。子どもは必死にひっくりかえらないように体全身の力をバランスよく使うことになるので鍛えられます。親もがんばって繰り返していることを表現してあげると、気持ちも盛り上がりとても楽しい時間が過ごせますよ。
    ぽん先生 保育士
    5.6歳だとオリンピック!と言って色々な遊びを一緒にできますよね!
    縄跳びでも前跳び、後ろ跳び、ケンケン跳び…などできたらカードにシールを貼っていく、などとすると縄跳びをする機会がとても増えていました。
    回数も増えて行ったらシールを増やしてあげてもいいと思います!
    なこ先生 保育士
    うちの子は3歳の夏から公園が大好きになりました。特にジャングルジムの様な登って遊ぶものが好きでしたよ。そのうちブランコ、滑り台と遊ぶ様になりました。
    親としては毎日外遊びに連れて行くのはなかなか大変ですが、我が子の楽しそうな顔を見ると今度はどんな公園に連れて行こうか楽しみになりました。
    いちぽ先生 保育士
    子どもは身体を動かすのがだいすきですよね。
    遊具で一緒に身体を動かしても良いですし、サッカーやキャッチボールも全身使うのでいいですね!
おすすめユーザーのコメント
2
    na
    かけっこが定番です。
    「ママ鬼ね!」といつの間にかかけっこが始まり、いつの間にか鬼が入れ替わっています。
    子どもは走ることが大好きです❗
    定番ですが鬼ごっこはエンドレスです(笑)
    親子でやると親はバテてしまいますね。休憩しつつ子どもを走らせるには自分のいるところをスタートラインにし、遠く離れたところにある遊具や木を目指し走ってもらいタッチしてまた戻ってくるというのをやるといいですよ!親は休めるけど子どもは一緒に遊んでいる気になってくれるのでお勧めです🎵

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧