公園にピクニックに行こう。ピクニックの遊びや気をつけるポイント

公園にピクニックに行こう。ピクニックの遊びや気をつけるポイント

ママたちが選ぶピクニックを楽しむ公園

公園にピクニックに行きたいママやパパがいるかもしれません。どんな公園だとピクニックを楽しめるか知りたい場合もあるでしょう。今回は、ピクニックを楽しめる公園、ピクニックを楽しむ遊び、公園でピクニックをするときに気をつけるポイントをママたちの体験談を交えてご紹介します。

ピクニックを楽しめる公園を知りたい

公園にピクニックに行くとき、どんな公園を選んだらピクニックを楽しめるか知りたいママやパパもいるでしょう。ママたちにピクニックを楽しめる公園選びについて聞きました。

豊かな自然がある

30代ママ
緑が多く、池や小川がある公園にピクニックに行きたいです。
20代ママ
ピクニックしながら季節を感じる自然のある公園がよいです。

豊かな自然がある公園は、ピクニックを楽しめるというママがいました。自然の中で食べるお弁当は、ピクニックの醍醐味かもしれません。

芝生広場がある

芝生の公園
iStock.com/wat
20代ママ
芝生の上は、砂の上に比べて転んでも痛くなりにくそうです。
30代ママ
広い芝生があり、テントを貼れる公園がよいと思います。

芝生の上は、転んでも大きな怪我になりにくく思う存分に遊べるのではという声がありました。また、芝生の上はテントが張りやすく、小さな子どもがいるときの授乳やオムツ替えがしやすいところもうれしいですね。

子どもが楽しめる遊具がある

20代ママ
子どもの対象年齢に合う遊具がある公園は、子どもが飽きることなく楽しめると思います。

子どもが楽しめる遊具がある公園でのピクニックは、子どもが楽しめるでしょう。子どもの年齢に合う遊具で遊ぶことが大切かもしれません。

子ども向け施設と併設している

20代ママ
ショッピングモールなどの子どもがよろこぶ施設と併設している公園は、ピクニックと両方楽しめると思います。

ショッピングモールや子ども向けの施設に併設している公園は、ピクニックの他にもレジャーを楽しめるのではという声がありました。併設している施設で遊ぶ楽しい思い出が増えるかもしれませんね。

公園でピクニックをするときに楽しめる遊び

公園でピクニックをするときに楽しめる遊びを知りたいママやパパがいるかもしれません。ピクニックのときに楽しめる遊びをご紹介します。

ボール遊び

広いスペースのある公園にピクニックに行くとき、大人数で遊びやすいボール遊びがよいかもしれません。ボール投げやサッカーなど、人数や年齢に合わせて遊んでみてはいかがでしょうか。

シャボン玉

公園などの広い場所だとシャボン玉遊びを思い切り楽しめるかもしれませんね。大きなシャボン玉が作れるものや、子どもがよろこぶデザインなどシャボン玉にもさまざまあるようです。ピクニックで公園に遊びに行く前に、子どもといっしょにお気に入りのシャボン玉を探してみるのもよいでしょう。

マジックキャッチボール

マジックキャッチボールは、マジックテープがついているディスクでボールをキャッチして遊べるおもちゃです。キャッチボールは、子どもの年齢によってはグローブをはめて遊ぶのが難しいこともあるでしょう。

マジックキャッチボールは、簡単にボールをキャッチすることができるので親子でいっしょに楽しめるのではないでしょうか。

アスレチック

アスレチックで遊ぶ女の子
iStock.com/Hakase_

アスレチックは、のびのびと体を動かして遊べそうですね。子どもの年齢に合わせた種類や難易度のアスレチックを選ぶとよいでしょう。普段遊んでいる公園の遊具より難易度が高いアスレチックに挑戦するときは、大人が子どもを見守り安全に気をつけましょう。

公園でピクニックをするときに気をつけるポイント

公園でピクニックを楽しむには、どのようなポイントに気をつけたらよいかママたちに聞きました。

子どもから目を離さない

20代ママ
広い公園で遊ぶとき、遠くに行ってしまうことがあっても目は離さないようにしています。

ピクニックしているときに子どもが遠くに遊びに行ってしまうこともあるでしょう。子どもだけで大人の目が届かない場所に行かせず、子どもを見守ることが安全に公園でピクニックを楽しむポイントかもしれません。

虫刺され対策をする

20代ママ
公園に行くときは、虫除けスプレーをしています。

虫除けスプレーをして対策しているママがいました。子どもの虫刺されが気になる場合は、子ども用の虫除けスプレーや子どもが安心して使える蚊取り線香などで対策するとよいかもしれません。

こまめな休憩や水分補給

30代ママ
こまめな水分補給は欠かさないようにしています。

遊びに夢中になると、こまめな休憩や水分補給を忘れてしまうことがあるかもしれません。大人も子どももこまめに休憩するとよいでしょう。

親子でいっしょに公園でピクニックを楽しもう

ピクニックを楽しむ親子
iStock.com/monzenmachi

ピクニックを楽しめる公園は、豊かな自然がある公園や子どもが楽しめる遊具がある公園
などさまざまな声がありました。ピクニックに行くとき、どのような遊びをするかによって公園を選ぶとよいかもしれません。

公園でピクニックをするときは、人数や子どもの年齢に応じた遊びをするとみんなが楽しめるようです。公園でのピクニックを楽しむポイントは、子どもの安全や健康のために子どもから目を離さないことや休憩をこまめにとることが大切でしょう。

公園選びや遊び方を工夫して公園でのピクニックをみんなが楽しめるとよいですね。

2019年11月08日

専門家のコメント
9
    かいまな先生 保育士
    広い芝生がある公園では、死角になる場所が少なく、子どもがどこにいるのか見てすぐ分かると思います。 芝生がキレイで危ないものが落ちていないことを確認してから、裸足で遊ばせるのもいいと思います。 子どもの足の裏は敏感で、足で色々な感触に触れると脳も刺激されるためいいと思います!
    ふじ先生 保育士
    こんなことできるようになったんだ!と感動できるポイントが公園やピクニックには沢山ありますよね🤩 こんな速く走れるようになったんだ! この遊具前まで出来なかったのに軽々と出来るようになってる! などなど✨ 今しかない子どもの姿を焼き付けてほしいですね🤩
    あゆみ先生 保育士
    自然の中で身体を思いきり動かす遊びは、大人も一緒に夢中になれて楽しめますね♪ 遊具で身体の使い方を学んだり、球技や鬼ごっこなど、全力で遊べるのが魅力です。 季節ごとに自然物にも目を向けて、五感で四季を感じることもとても良いと思いますよ! 広い場所で比較的視界も良いと思いますが、親子で赤やオレンジなど目立つ色の服を着ておくと、いざという時にもお互いを見つけやすくて良いと思います。
    まりこ先生 保育士
    風がなく晴れてる日は、ピクニックのチャンス☆ 家にある食材で簡単にお弁当を用意して、遊び道具とレジャーシートを持って出発します。 水分は必ず持っていきましょう♫ デザートに果物を持って行くと、遊びたくてなかなかご飯を食べてくれない時のエネルギーチャージに役立ちますよ! たくさん身体を動かして遊ぶ事で、柔軟な体づくりにも繋がるのでピクニックは大賛成。
    メグミ先生 保育士
    寒くなる前にピクニック!したいものですね。 なにもない芝生でも寝転んだり ただ走り回るだけでも気持ちいいですよね! 子どもだけでなく大人も童心にかえって  自然に触れながら季節を感じ 楽しみたいですね! 全力で遊んで怪我や迷子だけには気を付けて 子どもと楽しめる遊びを見つけましょう。
    ちぃ先生 保育士
    芝生が多く、木々がたくさんある公園はピクニックをするのには最適ですよね!広い芝生の上で寝転んだり、走ったり、季節の木のみを拾ったりと色々楽しめますね!! 木の実拾いの時には、ビニール袋があるといいですね。 また、自分の子どもを見失わないためにも目立つ服装で行くのもおススメです。 ピクニックは子どもと今しかできない思い出を作る絶好の機会ですよね!
    ぽん先生 保育士
    ピクニックは屋外なのでどうしても危険と隣り合わせですよね… 風もあると、周りに迷惑がかからないか、というところも気にしないといけないですよね! しかし外だから遊べることもあると思うので、メリハリをつけて遊びたいものですね!
    でぶいも先生 保育士
    芝生がある公園はハイハイもヨチヨチも沢山出来て良いですね。ただ広いというだけで子どもは嬉しくてよく遊びます。初めて行く公園などは、下見をしたり遊ばせる前に周囲を確認したりしています。
    ぬーぬー先生 保育士
    ボールやシャボン玉を持っていくととてもたのしいです。 我が家は注意しているのは絶対に我が子から目を離さないことです。 公園に連れてきたことで親の役目は果たした、って感じの親が多く野放し、やりたい放題の子もいます。 遊具から押されたり、トラブルがあったりするので我が子を守るため、もちろん我が子が迷惑をかけないよう見守りは欠かせません。

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧