子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年03月10日

公園や砂場、海、バーベキュー(BBQ)などの外遊び。6歳の子どもに役立つ遊び道具は

公園や砂場、海、バーベキュー(BBQ)などの外遊び。6歳の子どもに役立つ遊び道具は

外遊びをますます楽しめるようになる6歳の子どももいますよね。今回は公園や砂場、海やバーベキュー(BBQ)などに役立つ遊び道具をご紹介します。

6歳児の遊び道具やおもちゃは

幼稚園や保育園などで体を動かすことを覚え、思いきり外遊びを楽しむことができるようになる6歳ごろ。ここでは、外遊びのシーン別に遊び道具やグッズをまとめました。

公園

6歳ごろになると、すべり台などの遊具での遊びに加え、広場で遊び道具や乗り物を使って楽しむ子どももいます。

ボール

公園
ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com

園や小学校などでサッカーやドッジボールなどをする機会が増え、親子でもいっしょにボールを使って楽しめるようになるでしょう。これらの球技はボールを蹴ったり投げたりと基本的に単純な動作のため、6歳の子どもでも存分に楽しめそうです。公園の広場を使えば思いきり遊ぶことができるでしょう。

バドミントン

6歳ごろになると、次第にバドミントンのシャトルを打つことができる子どももいるのではないでしょうか。始めは打ち合いではなく、手で投げたシャトルを打つ練習などをするとよいでしょう。

まだシャトルが難しいと感じる場合は、クッションボールのような柔らかい球をラケットで打つような遊びグッズもあります。

自転車

自転車に乗ってもいい広い公園の敷地があるなら、自転車の練習をしてもいいですね。障害物が少ない公園の広場でも、草や石などでタイヤが滑って転倒しないように注意して、またヘルメットなどを着用すると安心です。

砂場

公園遊び
goodmoments/Shutterstock.com

小さなうちから砂場になじみがある子どももいますよね。この時期になると、砂の山にトンネルを掘ったり川を流したりと、6歳の子どもができる遊びのバリエーションも広がるのではないでしょうか。

スコップやバケツ

スコップやバケツは砂場遊びの基本の遊び道具。大きく山を作ってトンネルを作ったり、水を運んできたりするのにも便利です。セットになっている砂場セットには名前を書いておくと、紛失を防ぐことができそうですね。

型抜きケース

砂場用の型抜きで砂をいろんな形にするのは、子どもが喜ぶ遊びのひとつかもしれませんね。砂場用にセットになっているもの以外にも、生活の中で型抜きできそうな容器(プリンカップなど)を探してみるのも子どもが喜ぶかもしれませんね。

水遊びグッズ

砂場で高低差のある水路を作って、ジョーロで水を流すのも子どもができる遊びのひとつではないでしょうか。水車など水をかけることで動くおもちゃも、かける水の量や速さを変えるとどんな風に動きが変わるか、親子で観察してみてもよいですね。

園や小学校でのプールを経験し、海水浴を楽しめる6歳の子どももいるのではないでしょうか。海での遊び道具についてご紹介しましょう。

浮き輪

海水浴では身体のサイズにあった浮き輪を用意しましょう。好きなキャラクターのものなどを選べば子どもが喜ぶかもしれません。子ども用のライフジャケットを併せて着用すればより安全ですね。

海水は思わぬ流れをしたり急に深くなったりする場所もあるので、大人が常に行動するように注意しましょう。

水中メガネ・シュノーケル

顔つけができるようになったら、水中メガネで海の世界を見せてあげましょう。ゴーグルのようなタイプから鼻下まですっぽりと覆うタイプのものなど、さまざまなグッズが販売されています。

シュノーケルと水中メガネがセットになった子ども用のシュノーケリングセットなどもあるようです。

魚とり網・プラスチックの水槽ケース

水中や磯遊びで魚やヤドカリなどを見つけたら、魚とり網で捕まえて楽しむこともできます。小さなプラスチックタイプの水槽ケースを用意して観察するのもよいでしょう。棒の部分がコンパクトに収納できる網は、かさばらず持ち運ぶのにも便利です。

アウトドア

バーベキュー(BBQ)やキャンプなどの外遊びに、持っていくと重宝するグッズや遊び道具をご紹介します。

虫取り網・虫かご

自然の中で過ごすことが多いキャンプやバーベキューでは、虫が見つかることもあるのではないでしょうか。虫取り網や虫かごを準備して、ちょうやバッタなどを捕まえてみましょう。山の中のキャンプ場なら、早起きしてカブトムシ採集などに出かけることもできそうです。

スケッチブック・色鉛筆

捕まえた虫や珍しい草花をスケッチして楽しむこともできるでしょう。写真に撮っておいて、帰宅してからスケッチしてもよいかもしれませんね。

名前の分からない虫や植物をスケッチして帰宅後に図鑑などで調べれば、より有意義な体験となるでしょう。

トランプなどのカードゲーム

長時間野外で過ごすと熱中症などの心配もあるので、適度に休憩をはさみましょう。

小休憩したいときやバーベキューなどの待ち時間に、重宝するのがトランプです。ババ抜きや神経衰弱などをキャンプでの夜に、家族で楽しむのもよいでしょう。

野外ならではの遊びを楽しもう

バーベキュー
stockcreations/Shutterstock.com

6歳の子どもが公園や砂場、海、バーベキュー(BBQ)などの外遊びをするときに楽しめるグッズや遊び道具をご紹介しました。自然と触れあえるような、野外ならではの遊びを親子でぜひ楽しんでください。

外遊びの関連記事
カテゴリ一覧