1歳3カ月頃の子どもが楽しめる室内遊び。手作りおもちゃのアイディア

1歳3カ月頃の子どもが楽しめる室内遊び。手作りおもちゃのアイディア

子どもがよろこぶ遊びを考えよう

1歳3カ月頃の子どもはどのような室内遊びを楽しめるのか気になるママやパパもいるかもしれません。積み木やブロックを手で持って積み上げたりなどいろいろな動作をするようになる子どももいるでしょう。1歳3カ月頃の子どもがよろこぶ室内遊びや、手作りおもちゃのアイディアをご紹介します。

1歳3カ月頃の子どもが楽しめる室内遊びを考えよう

子ども
leungchopan/Shutterstock.com
1歳3カ月頃になると、ひとりで歩けるようになったり、おもちゃを手で持って並べたりなどいろいろな動きや遊びを楽しむようになる子どももいるようです。

子どものできることが少しずつ増えてきて、遊びの幅が広がったと感じているママやパパもいるのではないでしょうか。

1歳3カ月頃の子どもとすごすなかで、子どもがよろこぶ遊びにはどのようなものがあるのか気になることもあるかもしれません。

今回は、1歳3カ月頃の子どもが楽しめる室内遊びや手作りおもちゃのアイディアについてご紹介します。

1歳3カ月頃の子どもが楽しめる室内遊び

1歳3カ月頃の子どもが室内で楽しめる遊びをご紹介します。

トンネル遊び

段ボールの蓋と底を開き、トンネルになるように床に置きます。トンネルのなかをくぐるようにハイハイやずりばいをしながら遊びましょう。

サイズの違う段ボールを使ってトンネルを複数作ったり、段ボールをつなげて長いトンネルを作るのも面白そうですね。

1歳3カ月頃の子どもが楽しめるように、段ボールに絵を描いたり、折り紙や色画用紙を自由に貼りながらデコレーションするのもよいかもしれませんね。

よじ登り遊び

ママやパパがジャングルジムになって、体によじ登る遊びも楽しめるかもしれません。

ママやパパが床に座ったり、立ったりしながら難易度を変えつつ遊んでみてはいかがでしょうか。

子どもが遊びやすいように声をかけたり、落ちてけがをしないように支えながら楽しみましょう。

マット遊び

マットやクッション、毛布などを使って山を作り、運動遊びを楽しむことができるようです。

ハイハイをしながら山に登ったり、転がったりなど自由に体を動かして遊ぶことができると、子どもがよろこんでくれるのではないでしょうか。

やわらかい素材のマットレスは、1歳3カ月頃の子どもも安心して遊べるでしょう。

くるくると丸めたタオルを並べたりなど、アイディア次第でいろいろなしかけを作ることができるようです。

1歳3カ月頃の子どもがよろこぶ手作りおもちゃ

工作
Anatoly Tiplyashin/Shutterstock.com
1歳3カ月頃の子どもがよろこぶ手作りおもちゃのアイディアをご紹介します。

紙コップの積み木

  1. 色画用紙の上に紙コップの口を下向きに置く
  2. 紙コップよりも一回り大きいサイズになるように色画用紙に印をつけて切る
  3. 紙コップのなかに丸めた新聞紙を入れる
  4. 2の色画用紙の周りを、1周させるようにのりをつけて口にかぶせる
  5. 色画用紙が取れないように、紙コップと色画用紙が面している部分にマスキングテープを貼ってとめる
紙コップを複数用意して、積み木を作ってみましょう。

紙コップのなかに新聞紙といっしょにビーズを入れて、音を楽しむことができる積み木を作るのも面白いかもしれません。

カラフルな色や、水玉やチェック柄の紙コップを使うと、かわいい積み木を作ることができそうですね。

牛乳パックの電車

  1. 牛乳パックの蓋を閉じて、開かないようにテープでとめる
  2. 牛乳パックの全ての面に色画用紙を貼る
  3. 牛乳パックに貼った色画用紙に、電車の窓や模様を描く
牛乳パックの電車を複数作り、テープタイプの面ファスナーを貼って電車同士を連結することもできるようです。アイディア次第でさまざまな遊び方ができるでしょう。

牛乳パックで作る電車は軽いため、1歳3カ月頃の子どもでも扱いやすく、楽しんで遊べるのではないでしょうか。

プリンカップのマラカス

  1. プリンのカップにビーズや、小さく切ったフェルトを入れる
  2. 1に、もうひとつのプリンのカップをかぶせて、合わさった部分を1周させるようにテープでとめる
プリンのカップの他に、ヨーグルトのカップを使っても作ることができるでしょう。

カップにシールを貼ったり、カラフルなマスキングテープを使うとかわいいマラカスを作れそうですね。

違うサイズのビーズを組み合わせてカップに入れると、いろいろな音を楽しめるでしょう。

手作りのマラカスは、手で振って遊ぶだけでなく、床に置いてボールを転がすようにして遊ぶこともできるようです。

テープのポンポン

  1. ポリプロピレン製のテープを20cmほどに切ったものを数本用意する
  2. 1の片端をゴムで結んで束ねる
ママやパパがゴムで束ねた方を手に持ち、子どもはテープを指でつまみながら、たくさん裂いて遊んでみましょう。

力をこめずに簡単に裂くことができる平たいテープは、1歳3カ月頃の子どもも遊びやすいかもしれません。

赤や青、緑や黄色などさまざまな色のテープを使って、カラフルなポンポンを作って楽しむこともできるでしょう。

1歳3カ月頃の子どもといっしょに遊ぼう

子ども
leungchopan/Shutterstock.com
1歳3カ月頃の子どもと室内で楽しめる遊びや手作りおもちゃのアイディアについてご紹介しました。

マットやクッション、段ボールなどを使った遊びは、子どもがよろこんでくれるかもしれません。

紙コップや牛乳パックなどの身近なアイテムを使ってオリジナルのおもちゃを手作りするのもよいでしょう。

ママやパパもいっしょに遊びながら、さまざまな遊びを楽しめるとよいですね。

2020年03月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧