子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年07月30日

遊びのマンネリ化解消!あらためて思い出したい幼児向け昔遊び

遊びのマンネリ化解消!あらためて思い出したい幼児向け昔遊び

子どもの頃、こまや手作りのめんこ、ゴム跳びなどの昔遊びに夢中になった方もいると思います。遊びがマンネリ化してしまっているご家庭は、ぜひ子どもといっしょに昔遊びをしてみてはいかがでしょうか。思わず、なつかしい!やりたい!伝えたい!と思うような幼児向けの昔遊びを紹介したいと思います。

昔なつかしいおもちゃ遊び

あやとり

あやとりをする女の子
KPG_Mega/Shutterstock.com

あやとりは毛糸を切って結ぶだけで簡単に作ることができます。お子さんと好きな色の毛糸を選んで楽しめるでしょう。「ほうき」や「橋」「川」など、いろいろな形に挑戦したり、親子2人であやとりをしながらコミュニケーションをとることもできます。

持ち運びに便利なので、病院の待ち時間など、外出先でも退屈せずに遊べますね。ひもの長さを幼児の成長に合わせて調整できるところも魅力のひとつです。

お手玉

赤いお手玉
MOHEJI/Shutterstock.com

色鮮やかなお手玉。柄もきれいで思わず手に取りたくなってしまいますよね。落とさないように投げたり、自分の手から手へ移動させたり、何度も挑戦するのが楽しい昔遊びです。

お手玉の数を増やしたり、歌に合わせて投げたりするなど、難易度を変えると、どの年齢の幼児でも遊べ、おもしろみが増しますよね。

おはじきやビー玉

緑色のビー玉
Jiri Hera/Shutterstock.com

見た目がキラキラとかわいいおはじきやビー玉。何個も並べて遊んだママは多いのではないでしょうか。好きなビー玉に狙いを定めて当てたり、誰がより遠くにはじけるか競うなど、工夫次第で幼児でもいろいろな遊びができますね。

室内でも家族でわいわいゲーム感覚で盛り上がれる昔遊びです。

紙風船

紙風船
TK6753/Shutterstock.com

外に出れないとき、「ボールは使えないけれど少し動きのある遊びがしたい」という場合には紙風船は最適です。遊び方は、落とさないように手のひらで紙風船を打ち合い、落としてしまった人の負けとなります。1人でどこまで落とさないでできるか挑戦してみても楽しいかもしれませんね。

投げたり、打ったりする動作は、幼児にとって、体の動きをコントロールできるようになるために必要な経験だと思います。

けん玉

けん玉とお手玉

昔なつかしいおもちゃのなかでも、なかなか難しいのがけん玉です。大皿、小皿にのせたりするほかにも、「世界一周」や「もしかめ」など、いろいろな技があり、挑戦し甲斐がありますね。

難易度が低いけん玉として、大きめのゼリーカップをお皿にし、トイレットペーパーの芯を持ち手にして台座を作り、飲み物などのキャップをひもでつなげてボールに見立てれば、年齢の低い幼児でも楽しめる手作りのけん玉ができるでしょう。

手作りこま

くるくると華やかに回るこまは、大人にとっても魅力的ですよね。そんなこまをぜひ親子でいっしょに手作りしてみてはいかがでしょうか。

まず、シールなどで飾り付けたペットボトルのキャップと、先端をあらかじめ切ったつまようじを用意します。キャップの中央に穴をあけ、つまようじを通します。この作業はケガをするおそれがあるので、大人がやってあげましょう。

牛乳パックや段ボールなどで手作りしてみても、形や回り方がそれぞれ違いがあって面白いかもしれません。

昔なつかしい歌遊び

ずいずいずっころばし

ずいずいずっころばしは指遊びです。

右手、左手それぞれの手を輪の形にし、集まります。誰か1人が親になり、歌に合わせて手で作った輪の中に人さし指を入れていきます。歌が終わったときに手の中に親の人さし指があった人は抜け、最後まで残った人が勝ちです。

メロディーが独特なので、幼児にも覚えやすい歌ですね。勝ち負けがあるドキドキ感も味わえます。道具を使わないので、手軽にどこでもできるのではないでしょうか。

なべなべそこぬけ

歌を歌いながら、向かい合っててをつなぎます。「かえりましょ」のところで手をつないだまま、背中合わせになるように体を動かします。なかなか難しいので、お子さんといっしょにどうすればうまくできるか、考えながら遊んでみてもおもしろいですね。

室内で体が動かせずにうずうずしているときに、気分転換になる昔遊びです。まだまだ発達途中の幼児期にとって、さまざまな動作を経験することは、体の動かし方を身につける上で大切なことだと思います。

絵描き歌

絵描き歌

みなさんは絵描き歌を覚えていますか?代表的なものに「♪ 棒が一本あったとさ…… ♪」で始まる「コックさん」という絵描き歌があります。歌を歌いながらいつの間にか絵ができていて、幼児にとってまるで魔法のようなおもしろさを感じられると思います。

親子でいっしょにオリジナルの絵描き歌を作ってみれば、いつもとは一味違うお絵描きを楽しむことができますね。

昔の外遊び

ゴム跳び

ゴム跳びは、長めのゴムを2人が両端で持ち、そのゴムを子どもが跳び越えたり、またいだりしていく遊びです。足首、ひざ、とだんだん高さを変えていくとやりがいがありそうです。

ゴム跳びの際は裁縫用ゴムを使うのがよいかもしれません。なわとびのゴムよりも柔らかく、幼児が引っかかっても比較的安全でしょう。

手作りめんこ

子どもの頃、めんこに夢中になった方もいるのではないでしょうか。ひっくり返して勝負すしたり、カラフルな絵柄のめんこを集めたりと楽しかったと思います。

牛乳パックや厚紙などを使って、子どもといっしょにオリジナルのめんこを手作りしてみるのもよいでしょう。親子で競い合って、より強いめんこが作れるように工夫してみるのも楽しそうです。

世代をこえて昔遊びをしよう

今回紹介した昔遊びは、ビー玉やゴム跳びのゴムなど持ち運びができるものが多いため、お家の中だけではなく外でも楽しめる遊びが多いと思います。家族のほかにも、お友だちも交えてわいわい盛り上がったり、こまやめんこなどを工夫して手作りするのも楽しいかもしれませんね。

幼児はもちろん、大人も夢中になってしまう昔遊び。世代が変わっても受け継いでいけるように、大切にしていきたいですね。

おうち遊びの関連記事
  • お出かけ先でも楽しめる、親子でできるじゃんけんを使った幼児との遊び

    お出かけ先でも楽しめる、親子でできるじゃんけんを使った幼児との遊び

    幼児の子どもを連れていると、日常生活で待ち時間が長いと感じることもあるかもしれません。病院や買い物、レストランで並んでいるときなど、子どもを飽きさせないような遊びをご紹介します。じゃんけんを用いたものなので、道具を使わずルールもシンプルで、簡単なものを集めてみました。

  • 生後1ヶ月の赤ちゃんとふれ合いながら楽しめる遊びと遊び道具

    生後1ヶ月の赤ちゃんとふれ合いながら楽しめる遊びと遊び道具

    生後1ヶ月の頃になると、赤ちゃんとの生活に少しずつ慣れてくるママもいるのではないでしょうか。この頃の赤ちゃんとの遊び方について知りたいと考えるママもいるかもしれません。生後1ヶ月の赤ちゃんとふれ合いながら楽しめる遊びと、遊び道具、遊ぶときに気にかけたことなどを、ママたちの体験談を元にご紹介します。

  • 生後4カ月の赤ちゃんの遊び。遊び方や遊ぶ時間、赤ちゃんと行きたい遊び場所

    生後4カ月の赤ちゃんの遊び。遊び方や遊ぶ時間、赤ちゃんと行きたい遊び場所

    生後4カ月の赤ちゃんは、どのような遊びをするようになるのでしょう。首がすわってきたり、手足をよく動かすようになったりすると、今までとは違う遊び方ができるようになるかもしれません。生後4カ月の赤ちゃんの遊び方や遊ぶ時間、遊び場所などをママたちの体験をご紹介します。

  • 年齢別の幼児の遊び。4歳、5歳、6歳が楽しめる室内遊びや外遊びとは

    年齢別の幼児の遊び。4歳、5歳、6歳が楽しめる室内遊びや外遊びとは

    4歳、5歳、6歳の幼児とママやパパがいっしょに楽しめる遊びにはどのようなものがあるでしょう。年齢によって遊び方や楽しめる内容が変わってくるようです。実際に4歳、5歳、6歳の幼児が気に入った遊びの体験談や、室内遊びと外遊びの注意点もご紹介します。

  • 生後6カ月の赤ちゃんの遊び方。親子で楽しめる遊びとおもちゃや遊び場

    生後6カ月の赤ちゃんの遊び方。親子で楽しめる遊びとおもちゃや遊び場

    生後6カ月の赤ちゃんと遊びを楽しみたいと考えるママもいるのではないでしょうか。手の使い方も上手になったりおもちゃに興味を持ち始めたりする赤ちゃんもいるかもしれません。今回は、生後6カ月の頃の遊び方や楽しめる遊び、生後6カ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃと遊び場をママの体験談を交えて紹介します。

  • 子ども用の室内鉄棒の種類と選び方。鉄棒が楽しくなる練習のコツと注意点

    子ども用の室内鉄棒の種類と選び方。鉄棒が楽しくなる練習のコツと注意点

    子どもが体を動かして遊ぶことを楽しむようになってくると室内鉄棒の購入を検討するママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、室内鉄棒の特徴と選ぶときのポイントを紹介します。また元幼稚園教諭の筆者の体験談をもとに子どもが鉄棒を楽しみながら練習できるコツと注意点を解説します。

カテゴリ一覧