夏にチャレンジ!のびのび自然あそび

夏にチャレンジ!のびのび自然あそび

幼少期に自然と触れ合うことは、子どもにとって大きな学びになります。昆虫採集や川あそびなど、夏だからこそ挑戦したい自然あそびを紹介します!

自然とふれあう大切さ

自然とふれあうことは、五感を育てることにつながります。自然の音や景色、におい、そこから感じること。ゲームや映像だけでは得られない、命の大切さを自然から学べます。

ザリガニ釣り

ザリガニは、用水路や田んぼ用の水路に多く生息していますが、公園の池にもいることがあります。できるだけ浅く、底が見える場所がいいでしょう。

ザリガニ釣りに必要な物は、割り箸にタコ糸を巻き付けたもの(釣り竿の代わりになる物なら何でも構いません)、するめ等の餌、網、バケツです。餌を糸の先に巻き付け、ザリガニのいそうなところに落としてください。
ザリガニが餌をつかんだら、糸がピーンと張っていきますのでそっと釣り竿を上げます。最後は、ザリガニの背中側から網にささっとすくい入れてください!

昆虫採集

夏と言えば、カブトムシやクワガタ!まず、虫かご、ピンセット、懐中電灯、網を用意しておきましょう。虫に刺される可能性があるので、長そで長ズボンは必須です。
カブトムシを捕まえるためには、広葉樹の樹液を出している木を見つけなければいけません。
代表的なのはクヌギ、コナラ、ヤナギ等で、都会にある公園でも捕まえられます。昼間のうちに樹液の出ている木を見つけておき、目印を付けるなど、下見を兼ねて準備をしておきましょう。

虫が集まるピークは夜の23時頃ですが、子連れでは危ないので夕方か早朝に行くのがオススメです。さまざまな虫が樹液に集まってくるので、虫さされ対策は必須ですね。

川あそび

川にはたくさんの魚や虫がいます。きれいな川ならサワガニもいます。
石をひっくり返すと、水の中にすんでいる虫を見つけることができます。

水が苦手な子どもでも、水中ゴーグルを使えば魚を見ることができるので、挑戦してみましょう。ただ、川は雨が降ると急激に水量が増えるので、大人の目の届く範囲内で遊ばせてあげてくださいね!

磯あそび

海辺では、カニやヤドカリといった、小さな生き物たちを発見することができます。
干潮時に海を訪れ、水が溜まった岩場で生き物を探してみてください。運がよければ、生まれたばかりの魚を見ることもできます。

楽しい磯あそびですが、さわったら危ない生き物もいます。トゲがあるハオコゼや、毒を持ったアイゴ、クラゲなどです。また、磯場の石は滑りやすいので、子どもから絶対に目を離さないようにしましょう。

公園あそび

身近な公園でも、自然とふれあうことができます。葉っぱのにおいを嗅いでみたり、虫を探したり、公園あそびは無限大です。
落ちている枝や石、葉っぱを使って絵にしてみてもおもしろいでしょう。
小川があって水あそびができる公園では、葉っぱの舟を流してレースをしたり、親子で思いきり遊べますね!

自然とふれあう、きっかけづくり

子どもが小さいうちは、大人が自然とのふれあい方を伝えてあげましょう。どんなにおいがする?この音は好き?などと語りかけてあげると、子どもの興味につながります。
幼い頃にふれた自然のぬくもりは、大人になっても覚えているものです。どんどん外に連れ出してあげましょう!

2016年08月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧