家族でキャンプをしたいとき。初心者のキャンプ場選びや準備すること

家族でキャンプをしたいとき。初心者のキャンプ場選びや準備すること

子どもとのキャンプの楽しみ方

アウトドア初心者のママやパパが家族でキャンプをしたいとき、キャンプに行く時期や、コテージなどの泊まる場所を知りたい方もいるのではないでしょうか。車などの交通手段が気になる方もいるかもしれません。今回は、キャンプ場の選び方や用意するアイテムの他、子どもとキャンプを楽しむコツについてご紹介します。

家族でキャンプをしたいときに気になること

自然のなかでさまざまな体験ができるキャンプを家族でしたいと考えるママやパパのなかには、キャンプ初心者でわからないことが多い方もいるのではないでしょうか。キャンプ初心者のママやパパたちに気になることを聞いてみると、キャンプ場の選び方や事前準備などについて気になる方がいるようです。

ママのなかには、子どもとのキャンプの楽しみ方が知りたいという声もありました。

そこで今回は、家族で行くキャンプについてママやパパたちの体験談を交えてお伝えします。

初心者のキャンプ場選びのポイント

キャンプ場
Taiga/Shutterstock.com

キャンプ初心者のママやパパは、どのようなキャンプ場を選んだらよいのか迷うことがあるかもしれません。キャンプの経験があるママやパパたちにキャンプ場選びのポイントを聞いてみました。

自宅から近い

30代ママ
キャンプは汗をかいたり汚れたりすると思い、シャワーやお風呂などの設備があるキャンプ場を選びました。設備が新しくきれいなキャンプ場は人気があり予約が取りにくいと聞いたので、インターネットでキャンプ場のホームページを確認し、その年の予約開始日に電話で予約をしました。
40代ママ
テントの中で寝るのは不安だったのでコテージのあるキャンプ場を選びました。コテージなので秋の肌寒い時期のキャンプでも夜は暖かく快適でした。
水回りの設備やコテージなど、家族にあった設備のあるキャンプ場を選ぶこともポイントのようです。キャンプ初心者の場合、キャンプ道具をレンタルできるキャンプ場を選ぶと、道具がそろっていなくても気軽にキャンプを楽しむことができるかもしれません。

オートサイトがある

40代パパ
テントを張る区画内に車を停められるオートサイトのキャンプ場を選びました。車の隣にテントを張ることができると荷物の移動が楽です。

お盆休みにキャンプをしたいと考え、5月頃キャンプ場探しを始めたのですが、行きたいと思ったキャンプ場は予約がいっぱいで別のキャンプ場を予約しました。
荷物の移動が楽にできるオートサイトを選んだパパもいるようです。車のそばにテントを張ると、急に雨が降ってきたときやテント内で夜寝られないとき車に移動できるというママの声もありました。

キャンプに行くときに考えること

キャンプに行くときは事前にどのようなことを準備しておくとよいのでしょう。ママやパパたちに、キャンプに行く前に考えておくことを聞いてみました。

交通手段

20代パパ
わが家は車を所有していないので、キャンプに行くときの交通手段を考えました。行きたいと思ったキャンプ場が電車やバスで行くのは難しそうだったので、レンタカーを手配しました。
交通手段も考えてキャンプ場を選ぶとよさそうです。ママのなかには、最寄り駅からシャトルバスの出ているキャンプ場を選ぶことで、電車で行くことができたという声もありました。

持ち物

キャンプ道具
Africa Studio/Shutterstock.com
30代パパ
初めてのキャンプのときは、テントやシュラフなどキャンプに必要なアイテムを一通り用意しました。初心者でどのアイテムを選んだらよいのかわからなかったので、アウトドアショップのスタッフにアドバイスをしてもらいながら選びました。
キャンプに行くときは、事前に必要なアイテムを用意し準備しておくことが必要なようです。ママのなかには、テントやタープなど大きなアイテムはキャンプ場でレンタルし、ランタンや食器など小物だけを持っていったという声もありました。

食事

30代ママ
キャンプに行くときは、食事メニューを考えて食材を調達してから行きました。キャンプ場の近くにお店などがない場合もあるので、事前にメニューや食材の調達場所を考えておくと安心です。
キャンプの楽しみのひとつである食事は、事前にメニューや食材の調達場所を考えておくとよいようです。ママのなかからは、キャンプ場のオプションのバーベキューセットを予約したという声も聞かれました。

子どもとキャンプを楽しむコツ

キャンプは子どもとって普段とは違う環境で、いろいろな体験ができる特別な機会になるかもしれません。子どもとキャンプを楽しむためのコツをママやパパたちに聞いてみました。

キャンプならではの体験をする

40代ママ
夜は家族で焚き火を楽しみました。普段はなかなか火を近くで見ることがないので、子どもは最初怖がっている様子でしたが、パパといっしょに火の中に薪を入れて炎をじっと見ていました。
焚き火などキャンプならではの体験をすると、子どもにとって思い出に残るキャンプになるかもしれませんね。他にも、昆虫採集や川遊びなど自然にふれる遊びをしたというママの声もありました。

子どもにもお手伝いをしてもらう

30代ママ
子どもにテントを立てるときにペグを打ってもらったり、料理で野菜の皮をむいてもらったりと積極的にお手伝いをしてもらうようにしています。協力して行なったキャンプで家族の絆が深まったように感じます。
子どもにできそうなことを挑戦させてあげられるとよいかもしれませんね。ママのなかからは、家ではお手伝いをしたがらない子どもが、キャンプでは積極的にお手伝いをしてくれるという声もありました。

家族でキャンプを楽しもう

キャンプ
Lucky Business/Shutterstock.com

キャンプ初心者のママやパパが家族でキャンプをするときは、自宅から近い場所や車を区画内に停められることなどをポイントにキャンプ場を選ぶとよいようです。テントに泊まることに不安がある場合や秋など肌寒い季節のキャンプの場合は、コテージに泊まるのもよいかもしれません。

キャンプに行くときは、必要なアイテムの準備など事前に考えておくというママの声もありました。子どもとの楽しみ方も工夫して思い出に残るキャンプができるとよいですね。

2020年02月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧