家族旅行で温泉に行こう!バイキングがある温泉施設などの選び方

家族旅行で温泉に行こう!バイキングがある温泉施設などの選び方

家族旅行で温泉に行くときのポイント

家族旅行で温泉に行きたいとき、おすすめの温泉施設が知りたいママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、家族で行く温泉の選び方と、ディナーバイキングがある温泉施設や、海や人気のスポットが近い温泉など、子どももが喜んだ温泉、家族で温泉に行くときのポイントを体験談を交えてご紹介します。

家族旅行で温泉に行きたい

家族旅行をしようと計画しているママやパパのなかには、行き先に温泉を考えている方もいるのではないでしょうか。子どもといっしょに行く温泉施設を探すときに、どのようなことをポイントにするとよいか考えるママやパパもいるかもしれません。

そこで今回は、家族旅行で行く温泉について体験談を交えてお伝えします。

家族旅行で行く温泉施設の選び方

家族旅行で温泉に行く場合、旅行先はどのように選ぶとよいのでしょう。ママやパパたちに選び方を聞いてみました。

子ども向けのサービスがある

3歳児のパパ
私たちは子ども向けのサービスがあるかどうかをポイントに、温泉施設を選びました。子どもといっしょに家族旅行をする場合、家族だけで入ることができる貸切風呂のサービスなどがあると利用しやすいと思います。
子どもといっしょに旅行をする家族向けに、さまざまなサービスを行なっている温泉施設があるようです。1歳の子どものいるママのなかからは、添い寝プランで子どもの料金が無料になるサービスを行なっている温泉旅館を選んだという声も聞かれました。

温泉以外に楽しみがある

5歳児のママ
子どもと家族旅行で行く温泉施設を選ぶときは、温泉以外にも子どもが楽しめるおすすめ企画があることをポイントにしました。敷地内に縁日広場がある温泉旅館などは、子どもが飽きずに遊べるのでおすすめだと感じています。
温泉以外に楽しみがあると、旅行中も子どもが飽きずに遊べそうです。近くにアスレチックのある温泉施設を選んだところ、子どもが思いきり遊ぶことができ、家族旅行が一段と楽しいものになったというパパの声もありました。

アクセスがよい

温泉町
Sean Pavone/Shutterstock.com
4歳児のパパ
子どもといっしょに家族旅行をする際は、アクセスのよさを考えて旅行先を選んでいます。駅から歩いてすぐの場所にある温泉は、荷物をたくさん持っていても移動しやすいので、家族旅行にはよいと思いました。
家族旅行で温泉に行く場合、アクセスのよさも選ぶポイントになるかもしれません。車で家族旅行をしたパパのなかからは、高速道路を降りてすぐの場所にある温泉を選び、移動時間を短くしたという声も聞かれました。

子どもも楽しむことができた温泉は?

家族旅行で子どもと行った温泉には、どのようなところがあるのでしょう。ママやパパたちに、子どもが楽しむことができた温泉について聞いてみました。

バイキングの内容が充実している温泉施設

6歳児のママ
私たちはディナーバイキングや朝食バイキングの内容が充実している温泉施設に行きました。ディナーバイキングのライブキッチンでは、シェフが目の前で調理してくれる様子を子どもが驚いた様子で見ていたので、心に残ったのではないかと思います。
ホテルや旅館のバイキングは、温泉での楽しみのひとつかもしれません。和食や洋食、中華などさまざまな料理が揃ったバイキングや、たくさんの種類があるデザートメニューつきのバイキングなどは、子どもだけでなくママやパパも満足できそうです。

海辺にある温泉

4歳児のパパ
海が見たいという子どもの希望を叶えたいと思い、海沿いに露天風呂がある温泉に家族旅行で行きました。オレンジ色の海に沈む夕日を見ながら息子とのんびりと露天風呂に入ったことは、家族旅行の一番の思い出になったと感じています。
海辺にある温泉に家族旅行でい行くことができると、海と温泉の両方を一度に楽しめそうです。パパのなかには、朝日を見ることができる海辺の温泉に行き、家族みんなで水平線から登る朝日を旅館の窓から楽しんだという声もありました。

近くに人気のスポットがある温泉

動物を見る親子
buritora/Shutterstock.com
5歳児と3歳児のパパ
我が家では人気のサファリパークが近くにある温泉に家族旅行で行きました。昼間はライオンの餌やりなどの体験をし、温泉でゆっくりくつろいだ後はナイトサファリを楽しむことができたので、大満足の家族旅行になりました。
家族旅行で人気スポットのひとつでもあるサファリパークが近くにある温泉に行ったというパパがいました。遊園地や水族館といった子どもも楽しめる施設が近くにある温泉なども、子どもが喜んでくれそうです。

家族旅行で温泉に行くときのポイント

家族旅行で温泉に行くときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママやパパたちにポイントにしていることを聞いてみました。

サービス内容を確かめて予約をする

2歳児のパパ
子どもといっしょに温泉に行くときには、子ども向けのサービスなどをしっかり確かめてから予約しています。サービスによっては季節限定のものなどもあるようなので、実際に利用する施設に確認することがポイントではないかと思いました。
家族旅行で温泉旅館やホテルを利用する際は、サービス内容を確かめることも大切かもしれません。子どもといっしょにバイキングを利用したいと考えて、料金やキッズプランなどを確認してから予約したというママの声もありました。

持ち物のチェックをしっかり行う

3歳児のママ
家族旅行をするときには、事前に何度も持ち物のチェックを行なっています。子どもに旅行を楽しんでもらうためには、必要な物を考えて不足のないように持って行くことが大切だと思いました。
子どもと温泉に家族旅行に行く場合、持ち物のチェックをしっかり行なっておくと安心かもしれません。ママのなかからは、急な発熱やケガなどに備えて、健康保険証や母子手帳の他に簡易の薬箱も持って行ったという声も聞かれました。

温泉に行って家族でゆっくりくつろごう

温泉
TOMO/Shutterstock.com

家族旅行で温泉に行くために、家族の好きなメニューのディナーバイキングがあるかやおすすめ企画が用意されているかなどを確かめて行き先を選んでいるママやパパたちがいました。海沿いの露天風呂がある温泉や人気スポットが近い温泉などもよいかもしれません。

休日には子どもも楽しめそうな温泉に出かけて、家族でゆっくりくつろぐことができるとよいですね。

2020年02月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧