子どもと日帰りの家族旅行。旅行先の選び方や楽しむポイント

子どもと日帰りの家族旅行。旅行先の選び方や楽しむポイント

旅行先を選ぶポイント

子どもといっしょに日帰りで家族旅行をしたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、日帰りの旅行先の選び方や実際に子どもと楽しんだ日帰り旅行、日帰りの家族旅行を楽しむためのポイントについて、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

日帰りの家族旅行を計画するときの悩み

日帰りで家族旅行を計画しようと考えたとき、どのようなことが気になるのでしょう。ママやパパたちに悩みを聞いてみました。

3歳児のママ
日帰りできる場所はさまざまあるようですが、子どもが楽しめる旅行先をどのように決めるとよいか悩んでいます。日帰り旅行の目的地の選び方が知りたいです。
5歳児と2歳児のパパ
朝早く出発すると日帰りでも遠出ができますが、子どもにとって朝早くから夜遅くまでの家族旅行は楽しいのか気になります。子どもに楽しんでもらうためのポイントを知りたいです。
日帰りで家族旅行をしたいと考えているママやパパは、旅行先の選び方や子どもにとって楽しい旅行にできるかなどが気になるようです。せっかくの家族旅行なので、子どもが「また行きたい」と思えるような旅行にしたいですよね。

今回は、子どもと日帰りで行く家族旅行についてお伝えします。

日帰りの旅行先の選び方

日帰りの家族旅行の目的地はどのように選ぶとよいのでしょう。ママやパパたちに旅行先の選び方を聞いてみました。

子どもが興味をもって遊べる場所

5歳児のママ
日帰りの家族旅行は子どもが何に興味をもっているかを考えて選んでいます。子どもの興味は成長するにつれて変化していくようなので、その都度子どもの希望を聞きながら選ぶと、より楽しさを味わえるのではないかと思いました。
家族旅行の目的地を選ぶときには、子どもの興味にあわせると楽しい旅行になるかもしれません。子どもの興味にあわせて水族館を旅行先に選んだところ、パパも海の生き物に興味をもつようになったというママの声もありました。

家族いっしょに体験ができる場所

6歳児のパパ
私たちは家族でいっしょに体験ができる場所を、日帰りの旅行先に選びたいと思いました。初級者向けの登山などは、家族で声を掛けあいながら歩いたり珍しい高山植物について調べたりすることで、子どもとのコミュニケーションにもなります。
日帰りの家族旅行で子どもといっしょに同じ体験のできる場所に行くのもよいかもしれません。おにぎりと水筒を持って山に登り、頂上で周りの景色を見ながらお昼を食べることができれば、子どもの心に残る家族旅行になりそうです。

アクセスのよい所

日本人 家族 ドライブ
Monkey Business Images/Shutterstock.com
3歳児のママ
日帰りの家族旅行を計画するときには、アクセスのよさを考えて行き先を選んでいます。楽しい旅行に移動時間がかかるのはもったいない気がするので、行き帰りに時間がかからず目的地での遊びをゆっくり楽しめる場所がよいと思いました。
日帰りの旅行先を選ぶときに、アクセスのよさをポイントにしているママがいました。他には、電車を使って家族旅行をする場合は、乗り換えの回数や待ち時間などが少ない行き先を選んだというパパの声もありました。

子どもと楽しんだ日帰りの家族旅行

子どもが楽しむことができる日帰りの家族旅行には、どのような旅行先があるのでしょう。実際にママやパパたちが行った家族旅行について聞いてみました。

子ども向けの科学館

6歳児のパパ
うちの子は恐竜や宇宙などの科学に興味をもつようになったので、車で2時間ほどで行ける子ども向けの科学館に家族旅行で行きました。3階までの高さの動く恐竜や宇宙飛行服のレプリカなどがあり、子どもが目を輝かせて見ていたので、行ってよかったと思います。
日帰りで子ども向けの科学館に行き、普段はできない体験をした家族がいました。科学館には地球が誕生する映像を見られる施設や、コンピューター制御の最新のロボットを見られる施設などもあるようなので、子どもが気に入ったら何度出かけてもよさそうです。

ファミリー向けのアスレチック

4歳児のママ
私たちは家族旅行でファミリー向けのアスレチックのある公園に行きました。ロープをつたいながら渡ったり斜面を登ったりするアスレチックは、子どもが思いきり体を動かして楽しめるよい旅行先だったようです。
体を動かすことが好きな子どもがいる場合は、家族旅行でアスレチックを楽しむのもよいかもしれません。日帰りできるアスレチックは、靴を汚したり汗をかいたりしても、家に帰ってすぐに汚れを落とすことができたというママの声もありました。

インターや駅に近い動物園や公園

動物園
glenda/Shutterstock.com
3歳児のママ
うちの子は動物が大好きなので、日帰りの家族旅行ではインターに近い動物園によく出かけます。インター近くの動物園は車で行きやすいため、ゆっくりと動物たちを見て歩くことができて子どもが満足そうでした。
インターや駅の近くにある観光スポットも、家族旅行の行き先としてよいかもしれません。パパのなかからは、小さな子ども向けの遊具や大人も楽しめる温泉などがある、駅の近くの大型の公園に電車で行って、家族で楽しんだという声も聞かれました。

日帰りで家族旅行を楽しむためのポイント

家族旅行を日帰りで楽しむためには、どのようなことを意識するとよいのでしょう。ママやパパたちに楽しむポイントを聞いてみました。

無理のない日程にする

4歳児のパパ
日帰りで家族旅行をするときは、無理のない日程を組むことを意識しています。子どもは朝早くから遅い時間まで活動すると疲れてしまうことがあるので、日帰りの場合は移動時間を短くするなどしてゆったりした日程にすると楽しみやすいと思いました。
日帰りの家族旅行はできるだけ長く楽しみたいと考えることもあるかもしれませんが、無理のない日程を組むことも大切なようです。子どもと旅行をする際は、子どもの生活リズムや体調にあわせて計画しているというパパの声もありました。

必要なものを事前に準備する

5歳児のママ
日帰りの家族旅行に行くときは、持ち物の準備を事前にしっかり行うことがポイントだと思います。当日慌ただしく出発して忘れ物があると困るので、前日までに準備をして朝は身支度だけするようにしました。
日帰りの家族旅行を楽しむために、必要なものはあらかじめ準備しておくとよいかもしれません。当日の朝スムーズに出発できると、貴重な一日を家族でゆっくりとすごすことができそうです。

日帰りの家族旅行を楽しもう

日本人 家族
wizdata1/Shutterstock.com

日帰りで家族旅行をしようと考えて、子どもが興味をもって楽しめる場所を選んだパパがいました。家族みんなで同じ体験ができる施設やアスレチックのある公園などもよいかもしれません。

子どもにあう日程を考えたりアクセスのよい目的地を選んだりして、日帰りの家族旅行を楽しめるとよいですね。

2020年02月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧