家族で楽しいレジャースポットに出かけよう!遊び場の探し方や選び方

家族で楽しいレジャースポットに出かけよう!遊び場の探し方や選び方

屋外・屋内のレジャースポットを楽しもう

休日に子どもといっしょに出かけたいときに、家族で日帰りや泊まりで楽しめるレジャースポットを知りたいママもいるかもしれません。今回は、家族で出かけるレジャースポットの探し方や選び方、実際に出かけた屋外・屋内のレジャースポットをママたちの体験談をもとに紹介します。

家族で出かけるレジャースポットの探し方は?

遊園地
Racheal Grazias/Shutterstock.com
休日に家族で出かけたいと考えても、子どもが楽しめるレジャースポットの探し方について迷うママもいるかもしれません。雨が降ると屋外で遊べない場合もあり、行き先などをどのように探せばよいのかと考えてしまいますよね。

家族で楽しめるレジャースポットの探し方についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
子ども向けのレジャースポットを紹介している雑誌を読んでいます。子どもが日帰りで楽しめる施設を写真などでわかりやすく掲載しているので、行き先を決めるときに役立ちます。
30代ママ
インターネットを利用して、家族で楽しめるレジャースポットを探しています。行きたい遊び場のクーポンや割引情報が載っていることが多く、費用のことも考えて活用しています。
雑誌やインターネットを活用して、レジャースポットを探すというママの声がありました。幼稚園のママ友に出かけたレジャー施設を聞くと、同年齢の子どもが楽しめるポイントなどを教えてくれて助かったというママもいました。

家族で楽しめるレジャースポットの選び方

家族で楽しめるレジャースポットの選び方について、ママたちに聞いてみました。

天候に合う

30代ママ
休日の朝に天候を確認してから出かけるようにしています。晴れた日は屋外の遊び場を選び、雨の日は屋内で楽しめる施設を選んでいます。
雨が降りそうな日は屋外と屋内の両方を楽しめるレジャースポットを選ぶと、天候が変わっても利用しやすいというママもいました。

自宅からの距離が近い

40代ママ
子どもの昼寝が終わってから出かけるので、午後からお出かけすることが多いです。遊ぶ時間があまりないので、自宅から近いレジャースポットに出かけています。
子どもが小さい時期は生活リズムを考えて、自宅から距離が近いレジャースポットを選ぶと移動しやすいというママの声がありました。

費用がかからない

公園の遊具
sevenke/Shutterstock.com
30代ママ
子育てや食費にお金がかかるので、お金がかからないレジャースポットを選ぶようにしています。公園や図書館などの無料で利用できる場所に出かけて、家族で楽しんでいます。
家計のことを考えて費用がかからないレジャースポットを選ぶというママの声がありました。無料で工場見学ができる施設に行くと、子どもが食品の作り方などを知れてうれしそうだったというママもいました。

子どもが興味を持てる

30代ママ
子どもが身体を動かすことが好きなので、アスレチックを楽しめる遊具が充実している公園に遊びに行きます。
30代ママ
子どもがままごとや人形遊びが好きで、家にないおもちゃがたくさんある屋内施設に行くと、夢中になって楽しんでいます。
それぞれの子どもによって興味のある遊びは違うので、普段の様子を見て子どもが楽しめるレジャースポットを選べるとよいですね。

食事スペースがある

30代ママ
午前中から出かけて昼は外食することが多いので、食事をとるスペースがあるレジャースポットを選ぶようにしています。
出かけた先で昼食をとる場合は、食事スペースがあるレジャースポットを選ぶというママの声がありました。

食事スペースがあると、お腹が空いたときにすぐに移動ができて食事もとりやすいですよね。

家族で楽しめる屋外のレジャースポット

実際に家族で出かけた屋外のレジャースポットをママたちに聞いてみました。

公園

40代ママ
サッカーやキャッチボールができる大きな公園によく出かけています。大人も楽しめる遊具が充実している公園もあるため、家族で思いきり身体を動かせて楽しいです。
30代ママ
夏はキャンプができる公園に行き、泊まりでバーベキューをしたり、ボール遊びをしたりとアウトドアを楽しんでいます。
家族で公園に行き、運動を楽しむというママの声がありました。季節によって公園での遊び方はさまざまなので、春は花見をしたり、秋は落ち葉拾いをしたりと季節ならではの遊びを子どもといっしょに楽しめそうですね。

動物園やテーパマーク

40代ママ
年間パスポートを購入して家族で動物園によく行きます。うさぎや羊とふれ合えたり、アザラシやシロクマなどさまざまな動物を見ることができて楽しいです。
30代ママ
テーマパークに行き、ゴーカートや観覧車などに乗って楽しみました。小さな子でも楽しめるアトラクションがたくさんあったのでよろこんでいました。
動物園や小さな子どもが楽しめるテーマパークに出かけたというママの声がありました。動物園では、毎月さまざまなイベントが開催されており、家族で楽しんでいるというママもいました。

海、山、川

30代ママ
夏は海や川で水遊びをして、冬は山でスキーを滑ります。普段と違った遊びを楽しめるため、子どもの表情がいきいきとしていて、私もうれしくなります。
海や山、川に行き、季節の遊びを家族で楽しむママの声がありました。川に行くとカエルや魚を見つけて、生き物とふれ合えると子どもがよろこんでいたというママもいました。

家族で楽しめる屋内のレジャースポット

実際に家族で出かけた屋内のレジャースポットについて、ママたちに聞いてみました。

屋内テーマパーク

30代ママ
滑り台やトランポリンのエアー遊具を楽しめる室内の遊び場に行きます。エアー遊具はやわらかくて安全に遊べるので、私も安心して見守ることができます。
30代ママ
ボールプールや室内用の砂遊び場などが設置されている屋内のキッズパークに遊びに行きます。天気の悪い日でもさまざまな遊びを楽しめます。
雨の日でも楽しめる屋内のテーマパークを利用するというママの声がありました。屋内テーマパークの対象年齢はその施設によってさまざまなので、確認してから出かけるとよいかもしれません。

温泉や屋内のプール

30代ママ
子どもが楽しめるキッズスペースがある温泉に出かけます。パパと交互に見守りながら入浴することができて、私もリフレッシュできます。食事スペースもあり、子ども向けのデザートも充実しているので利用しやすいです。
30代ママ
小さな子どもが遊べる屋内のプールにお出かけします。子ども用に水深が浅く設定されているので、私も見守りやすいです。
温泉や屋内のプールに出かけるというママの声がありました。ランチつきのプールや温泉の日帰りパックを利用すると、食事もできてよかったというママもいました。

大型ショッピングセンター

30代ママ
大型ショッピングセンター内にあるキッズスペースに行きます。初めて会った子どもと遊ぶことが多く、さまざまな年齢の子どもとふれ合えて楽しそうです。
30代ママ
ショッピングセンターのおもちゃコーナーを利用しています。フードコートがあるショッピングセンターが多く、ランチを食べるときも移動しやすいです。
大型ショッピングセンターに家族で出かけるというママの声がありました。遊んだあとに、食品や日用品の買い出しもできて利用しやすいというママもいました。

家族でレジャースポットに出かけて楽しい時間をすごそう

レジャー
Monkey Business Images/Shutterstock.com
子どもが小さい時期は、生活リズムなどを考えて日帰りで楽しめるレジャースポットに出かけるママが多いようでした。

天候によって行き先を変えることもあるでしょう。インターネットや雑誌などで、屋外と屋内で楽しめる遊び場をいくつか事前に探しておくと、計画を立てやすいかもしれません。

泊まりでレジャースポットに遊びに行くときは、旅行会社が企画した子連れ旅行パックを利用すると特典が充実していて、使いやすいというママの声もありました。

家族でレジャースポットに出かけて、子どもと充実した時間をすごせるとよいですね。

2020年02月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧