家族のおでかけにおすすめ!関東で猿に会える動物園

家族のおでかけにおすすめ!関東で猿に会える動物園

家族のおでかけスポットとして人気の動物園。今回は関東で猿に会える動物園にフォーカスしました。比較的馴染みのあるニホンザルをはじめ、カラフルで個性的なサル、海外のサルなど、ちょっと珍しいサルに出会える動物園などたっぷり紹介します。

関東で猿に会える動物園

手を使って器用にエサを食べたり、ロープを使って軽快に移動したりする猿は、コミカルなしぐさや表情も人気を集めています。

群れで暮らすニホンザルのほかにも、南米で暮らすワオキツネザルやボリビアリスザルなど、海外の猿たちを間近で観察できる動物園は、子どもとのお出かけにぴったりのスポット。

そこで今回は、関東にあるさまざまな種類の猿と出会える動物園について調べてみました。ママ目線で選んだおすすめの5つをご紹介します。

千葉市動物公園(千葉県)

さまざまの種類の猿を展示するモンキーゾーンが人気の動物園で、2018年1月にはフサオマキザルのかわいい赤ちゃんが産まれました。
 
置物のように動かない姿が話題のハシビロコウや、熱帯を再現した動物科学館で展示している南米の小型サルといった珍しい動物にも会うことができます。

掲載写真に関するお問い合わせ

https://www.city.chiba.jp/zoo/

住所・電話番号

〒264-0037 千葉県千葉市若葉区源町280番地

043-252-1111

料金

大人(高校生以上):700円
子ども:無料(中学生以下)
年間パスポートがあります。

アクセス

【モノレール】
千葉都市モノレール「動物公園駅」下車 徒歩1分

千葉駅よりモノレールで約12分

【車】
東京方面からは京葉道路「穴川IC」より市街方面に約3km

営業日・営業時間

毎週水曜日(水曜日が休日にあたる時は翌日)、年末年始(12/29~1/1)休み

開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)貸出用ベビーカー(有料)があります。

(2)各トイレにベビーシートがあります。

(3)授乳室があります。

そのほか

【生き物情報】
動物の食事風景を見ることができます。

【入場制限】
ペット同伴での入場はできません。

駐車場

有料:普通車700円、大型車2800円(9:00~17:00) 

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

日立市かみね動物園(茨城県)

枝に巻きつけて体を支えたり物を掴んだりできる器用な尾を持つジェフロイクモザルや、パンダのような白黒の美しい毛並みを持つエリマキキツネザルなど、さまざまな種類の猿を展示している動物園。
 
おやつを食べるマンドリルやチンパンジーを観察できる「もぐもぐタイム」は、子ども連れに大人気のイベントとなっています。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/

住所・電話番号

〒317-0055 茨城県日立市宮田町5-2-22
 
0294-22-5586

料金

大人:510円(高校生以上、64歳以下)
小人:100円(4歳以上、中学生以下)
年間パスポートがあります。

※65歳以上の方は生年月日の確認できるものを提示すれば入園無料になります。

アクセス

【電車・バス】
JR常磐線「日立駅」から日立電鉄バス(日立駅中央口バス停2番)に乗車し、「神峰公園口」下車(約10分)
 
【車】
常盤自動車道「日立中央IC」より国道6号線を利用(約5分)

営業日・営業時間

12/31、1/1のみ休園

開園時間9:00、閉園時間17:00(3月~10月)
開園時間9:00、閉園時間16:15(11月~2月)

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

ベビーベッド、ベビーカーの貸出(有料)があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)さまざまな動物にエサやりができる「もぐもぐタイム」を実施しています。(ゾウ、キリン、エゾヒグマ、カピバラ他)
 
(2)飼育員による動物へのエサやりや、ガイドを楽しむことができます。

(3)大型のビルマニシキヘビを触ったり、小型のボールニシキヘビを首に巻いたりできます。(土日祝日)

※当日の気温や動物の体調によって変更、中止になる場合があります。

【クーポン情報】
かみね動物園とレジャーランドがお得に利用できる共通割引券があります。

駐車場

周辺駐車場をご利用ください。

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

よこはま動物園ズーラシア(神奈川県)

珍しいテングザルに会える国内で唯一の動物園。
 
「世界一カラフルで美しいサル」と呼ばれるアカアシドゥクラングールや、長いしっぽとおしゃれな頭が特徴のフランソワルトンなど個性豊かな猿たちも見どころです。
 
ニホンザルを展示する日本の里山やアフリカのサバンナ、アマゾンの密林などテーマごとに分かれたさまざまなエリアを楽しめます。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

住所・電話番号

〒241-0001 神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
 
045-959-1000

料金

大人:800円
子ども:300円(高校生・中人)、200円(中・小学生)、無料(小学生未満)
年間パスポートがあります。

※毎週土曜日は、小・中・高校生は入園が無料になります。(要学生証等)

アクセス

【電車・バス】
相鉄線「鶴ヶ峰」駅北口、相鉄線「三ツ境」駅北口、JR横浜線・横浜市営地下鉄「中山」駅南口下車、各駅から「よこはま動物園行き」のバスで約15分
 
【車】
首都高速「葛西JCT」から約50分(52km)
 
東名高速「横浜町田IC」から約15分(6km)
 
保土ヶ谷バイパス「下川井IC」から約5分(2km)
 
第三京浜「港北IC」から約20分(7km)

営業日・営業時間

毎週火曜日休み(祝日の場合は開園し、翌日休園)
12/29~1/1休園
 
開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)ベビーカーの貸出があります。(有料:500円)
 
(2)授乳スペース・おむつ交換台があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)「アフリカのサバンナ」エリアでピグミーゴート、ぱかぱか広場でモルモット・パンダマウスとふれあうことができます。
  
(2)ぱかぱか広場で馬にエサをあげることができます。(有料:1回100円)
  
【クーポン情報】
新江ノ島水族館の入園とセットになったお得な前売り券があります。
  
【入場制限】
(1)盲導犬などの補助犬を除き、ペット同伴での入場はできません。
  
(2)べビーカーと車いす以外の乗り物(自転車、ローラーシューズなども含む)の使用はできません。

駐車場

有料:1回1000円 / 2200台

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

野毛山動物園(神奈川県)

約100種類以上の動物を飼育しており、真猿類では唯一の夜行性の猿といわれるヨザルに会える動物園。
 
ふわふわとした白黒の毛を持つアビシニアコロブスや、赤茶色の毛に覆われたアカエリマキキツネザルなどカラフルな猿たちの姿を楽しめます。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/

住所・電話番号

〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町63-10
  
045-231-1307

料金

無料

アクセス

【電車・バス】
JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」下車徒歩15分
  
京浜急行線「日ノ出町駅」下車徒歩10分
  
市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」下車すぐ
  
【車】
首都高速・横羽線「みなとみらい」出口より「みなとみらい大通り」を利用

営業日・営業時間

毎週月曜日休み(5、10月は無休)
12月29日~1月1日休み
  
開園時間9:30、閉園時間16:30

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)無料でベビーカー貸出があります。(台数に限りあり)
  
(2)授乳スペース・おむつ交換台があります。

そのほか

【生き物情報】
なかよし広場でモルモットやハツカネズミなどとふれあうことができます。
  
【入場制限】
(1)盲導犬などの補助犬を除き、ペット同伴での入場はできません。
  
(2)べビーカーと車いす以外の乗り物(自転車、ローラーシューズなども含む)の使用はできません。

駐車場

周辺の有料駐車場をご利用ください。

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

多摩動物公園(東京都)

豊かな自然のなかで、世界中から集まった300種類以上の生き物を飼育している動物園。
 
かわいいコアラやカンガルーに会えるオーストラリア園や、ライオンやチンパンジーに会えるアフリカ園などエリアごとに見どころが満載。
 
猿山では現在、60頭を超えるニホンザルが群れを作って暮らしています。

掲載写真に関するお問い合わせ

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

住所・電話番号

〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1
 
042-591-1611

料金

大人:600円
子ども:200円(中学生)、無料(小学生、都内在住・在学の中学生)
65歳以上:300円
年間パスポートがあります。
みどりの日(5/4)、開園記念日(5/5)、都民の日(10/1)は入園無料

※65歳以上の方は、年齢の証明となるものをお持ちください。

アクセス

【電車】
京王線、多摩モノレール「多摩動物公園前駅」下車、徒歩1分
 
【車】
中央自動車道「国立府中IC」から約20分

営業日・営業時間

水曜日休み(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
12/29~1/1休み
 
開園時間9:30、閉園時間17:00

※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)授乳室・ベビーベッドがあります。
  
(2)子ども用トイレがあります。
 
(3)ベビーカーの貸出があります。(有料:500円)

そのほか

【生き物情報】
(1)どんぐり広場でモルモットとのふれあい体験ができます。
 
(2)アジア園家畜馬舎で、馬とのふれあいや乗馬イベントを開催することがあります。
 
(3)コアラやハキリアリの展示場で、飼育係によるエサやりを見ることができます。
 
【入場制限】
盲導犬などの補助犬を除き、ペット同伴での入場はできません。

駐車場

周辺の有料駐車場をご利用ください。

※この施設の詳細とイベント情報はオフィシャル情報をご確認ください。

関東の動物園で猿に会おう

今回は関東にある、さまざまな種類の猿と出会える動物園をご紹介しました。

動物園では、群れで毛づくろいし合う猿たちのほっこりする様子や、飛び跳ねて移動するワオキツネザルのコミカルな姿も楽しめるかもしれません。

休日は親子で、世界中の猿たちに会える動物園へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

※今回の記事でご紹介している情報は、2018年3月5日時点で作成した記事になります。

2018年03月09日

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事