子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年06月24日

生後8ヶ月の赤ちゃんは毎日外出しない?外出時の離乳食や外出時間の注意点

生後8ヶ月の赤ちゃんは毎日外出しない?外出時の離乳食や外出時間の注意点

生後8ヶ月の赤ちゃんなら、毎日の外出で気をつけるべきこともあるのではないでしょうか。今回は、外出の際に必要な離乳食や、外出時間の選び方、外出しない選択の基準などご紹介します。

生後8ヶ月の赤ちゃんとの外出

生後8ヶ月の赤ちゃんとの毎日の外出は、外出場所や外出時間を考えて、赤ちゃんの服装や持ち物を悩むママもいるようです。長時間のお出かけなら、出かける前の赤ちゃんの体調や外の気温などしっかり確認しておき、場合によっては外出しないという選択も必要かもしれません。

生後8ヶ月の赤ちゃんとの外出先

生後8ヶ月の赤ちゃん連れなら、どんな場所への外出があるのでしょうか。

公園

8カ月の赤ちゃん
iStock.com/kohei_hara

生後8ヶ月の赤ちゃんの場合、まだ公園の遊具で遊ぶのは難しいかもしれません。公園内を散歩したり、砂場で砂遊びをしたりするのもよさそうです。昆虫や花を観察しながら親子で会話するというママもいるようです。

商業施設

生後8ヶ月の赤ちゃん連れなら、大型ショッピングモールなどの商業施設は行きやすい場所かもしれません。人が通る通路や各店内など広々としているので、赤ちゃんをベビーカーに乗せてママが買い物するのにも便利なようです。

遊び場

赤ちゃんや子ども用に作られた遊び場は、遊ばせやすい場所として毎日利用しているご家庭もあるのではないでしょうか。プレイマットが敷かれており、安全面の配慮がされている場所なら安心と考えているママもいるようです。月齢の近い赤ちゃんと出会うこともあるため、交流の場としても利用しやすい場所と言えそうです。

生後8ヶ月の赤ちゃんの服装

生後8ヶ月の赤ちゃんのお出かけには、どんな服装をさせたらよいのでしょうか。季節ごとに適した服装の選び方をご紹介します。

春夏

暖かい季節の場合、赤ちゃんの着替え用に肌着を何枚か持っておくと安心できそうです。特に夏の暑い時期なら、薄手のロンパース1枚で十分かもしれませんがクーラーの効いた室内で過ごすときのために、肌着の上に着られるカバーオールも用意しておくと安心というママの声もありました。

特に、ハイハイやズリバイしている赤ちゃんはお腹が冷えやすいこともあるようなので、部分的に温めてあげられる腹巻を用意してみてはいかがでしょうか。

秋冬

寒い季節でのお出かけは、屋外か室内かによって気温も大きく変わってくるのではないでしょうか。移動中はジャンプスーツや防寒ケープなどでしっかり防寒してあげるとよさそうです。

室内の場合、暖房完備の場所では、赤ちゃんにとって暑く感じることもあるかもしれません。気温によって調節しやすい着合わせを選んであげると安心できそうです。

生後8ヶ月の赤ちゃんと外出する際の注意点

8カ月の外出
iStock.com/tetsuomorita

赤ちゃんとの外出が決まったら、どのようなことに注意してお出かけするのがよいのでしょうか。

水分補給

生後8ヶ月頃の赤ちゃんは汗をかきやすいこともあるため、こまめな水分摂取が必要ではないでしょうか。授乳中の赤ちゃんは、外出先の授乳室の有無を確認したり、授乳ケープの用意をしておいたりすると安心できそうです。ミルクを飲む赤ちゃんは、外出中に十分足りるだけの粉ミルク・哺乳瓶・お湯が必要かもしれません。

泣く場合

外出中に赤ちゃんが泣いたときのために、あやしやすい抱っこ紐やスリングなどを用意しておくと安心というママもいるようです。ママとの密着度が高いので赤ちゃんも落ち着きやすいかもしれません。赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを用意しておくとさらによさそうです。

乗り物に乗る場合

赤ちゃんを連れて乗り物に乗るときは、混雑した時間は避けるなど、乗りやすい時間を確認しておくとよいかもいれません。どうしても時間を選べないときは、折りたたみやすいベビーカーや抱っこ紐を用意しておくと安心できそうです。また、リュックに荷物をひとまとめにしておくと、手が空いて動きやすいというママの声がありました。

生後8ヶ月の赤ちゃんと外出するときの持ちもの

生後8ヶ月の赤ちゃんを連れて外出するなら、どのようなものを用意しておくと便利なのでしょうか。

ベビーカー

移動に便利なベビーカーですが、電車やバスなど混み合う時間帯は、折りたたみやすく、コンパクトなタイプのベビーカーが便利かもしれません。ベビーカーが使えない場所のために抱っこ紐やスリングがあると安心というママもいるようです。

離乳食と飲みもの

外出時間の間に十分足りる量の離乳食やお茶を用意しておくとよいかもしれません。市販の離乳食は、外出先でも手軽に食べられ、いたむ心配も少ないので利用しやすそうです。ミルクを飲む赤ちゃんもお湯や湯さまし、粉ミルクと哺乳瓶など、普段あげる回数より少し余分に持って行くと安心かもしれません。

オムツセット

長時間のお出かけではない場合も、オムツセットは多めに用意しておくとよさそうです。オムツ替えした後すぐにうんちをしてしまい、取り替えなければならないということもあるかもしれません。専用のオムツ替え台がない場所でのオムツ替えの際は、オムツ替え用のシートがあると便利なようです。

おもちゃ

移動中のぐずり対策におもちゃがあると便利かもしれません。落とさないようにベビーカーにぶらさげておけるタイプのものもよさそうです。きらきら光るおもちゃや大きな音の出るおもちゃは赤ちゃんの目を惹きますが、公共機関の乗り物に乗る場合は周囲の人に配慮し避けた方がよいかもしれません。

工夫次第でお出かけを快適に

お出かけ
ucchie79/Shutterstock.com

生後8ヶ月の赤ちゃんとの毎日の外出は、持って行く離乳食や外出時間を工夫するとよいのではないでしょうか。また、出かける際は赤ちゃんの体調や外出先の天候、気温をしっかり確認し、無理のない計画を立てることも大切かもしれません。少しでも何か心配があるときは外出しないという選択肢も視野に入れておくと安心ではないでしょうか。

おでかけの関連記事
カテゴリ一覧