子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年01月05日

北陸の展示が魅力的な水族館。家族で海の生き物に会いに行こう

北陸の展示が魅力的な水族館。家族で海の生き物に会いに行こう

北陸の展示の内容や方法を工夫している水族館について紹介します。

北陸の展示を工夫している水族館について

子どもといっしょに出かけた水族館で、展示方法が工夫されていたり、珍しい生き物が展示されていたりすると、子どもも大人も嬉しいのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもといっしょに楽しめそうな展示をしている北陸の水族館を調べてみました。
ママ目線で選んだ5つをご紹介します。

のとじま水族館(石川県)

日本海側初のジンベエザメの展示をはじめ、能登近海に回遊してくる南方海域に生息する温水系の大型魚類を中心に展示している水族館 。

神秘的なクラゲを展示している「クラゲの光アート」もあり、癒されます。
カワウソとの握手、アザラシやイルカとのふれあい体験、ゴマフアザラシの背中に触れる体験もあり、子どもに人気のようです。

http://www.notoaqua.jp/

住所・電話番号

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15部40
    
0767-84-1271

料金

大人:1850円(高校生以上) 
子ども:510円(3歳~中学生)、無料(3歳未満)
年間パスポートがあります。

アクセス

【電車】
JR「和倉温泉駅」下車 バスで約30分
 
【車】
能越自動車道「和倉IC」下車 

※その先の道程はオフィシャル情報をご確認ください。

営業日・営業時間

開園時間9:00、閉園時間17:00(3/20~11/30)
開園時間9:00、閉園時間16:30(12/1~ 3/19)

※状況により、開園時間・閉園時間を変更する場合があります。
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)ベビーベッド、授乳室、ベビーカーの無料貸出があります。
 
(2) 館内はスロープで見学できるようになっています。

そのほか

【生き物情報】
(1)ペンギンとのお散歩ができます。
  
(2)カワウソにおやつをあげることができます。
  
(3)アザラシやイルカとのふれあい体験ができます。
    
【クーポン情報】
前売り券、石川県のプレミアム・パスポートのご提示で条件により無料、または割引になります。
 
【入場制限】
ペット同伴での入場はできません。

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

駐車場

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

寺泊水族博物館(新潟県)

海に浮かぶ水族館。

熱帯や寒帯などさまざまな海や川で生活している生物や、クリオネなどの珍しい生物を展示しています。

ヒトデやナマコに触ってのふれあいができる「タッチングプール」や、変わったエサの取り方をする、テッポウウオの餌取り射撃ショーもあります。

http://www.aquarium-teradomari.jp/

住所・電話番号

〒940-2502 新潟県長岡市寺泊花立9353-158
 
0258-75-4936

料金

大人:700円(一般)
子ども:450円(中学生)、350円(小学生)、200円(3歳以上)

アクセス

【電車】
JR上越新幹線「長岡駅」下車 バスで約60分(寺泊水族館前下車)
 
【車】
北陸自動車道「三条燕インター」下車、その後約35分

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

営業日・営業時間

開園時間9:00、閉園時間17:00

※状況により、開園時間・閉園時間を変更する場合があります。
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

※オフィシャル情報をご確認ください。

そのほか

【生き物情報】 
(1)ダイバーによる餌付けショーがあります。
 
(2)テッポウウオの餌取射撃ショーがあります。
 
(3)ヒトデやナマコに触ることができる、タッチングプールがあります。
 
【クーポン情報】
(1)寺泊観光協会パンフレットに割引券が付いています。
 
(2)JAFの会員証の提示で割引があります。
 
(3)長岡市勤労者福祉サービスセンターの会員証の提示で割引があります。
 
【入場制限】 
ペット同伴での入場はできません。

※詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。

駐車場

無料:普通乗用車150台

魚津水族館(富山県)

日本に現存する水族館の中で、最も歴史が古い水族館。

富山県で唯一の水生生物を常設展示し、北アルプスの源流から富山湾の深海まで「とやま」にこだわった展示構成が見どころのようです。

体験コーナーには、独特の感触が味わえる「ガラエステ体験」や、ヤドカリやヒトデ、巻貝などを手にとって観察できる「ふれあい水槽」があります。

http://www.uozu-aquarium.jp/

住所・電話番号

〒937-0857 富山県魚津市三ケ1390
  
0765-24-4100(8:30~17:30)

料金

大人:750円(高校生以上)
子ども:410円(小中学生)、100円(3歳以上)、無料(魚津市内の中学生以下)
年間パスポートがあります。

アクセス

【電車】
JR「黒部宇奈月温泉駅」下車、富山地方鉄道「富山地鉄本線新黒部駅」で乗換え
 
【車】
北陸自動車道 「魚津IC」下車、その後約15分

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

営業日・営業時間

定休日:12/1~翌年3/15までの月曜日(月曜日が祝休日に当たるときは、翌平日が休館日)
 
開園時間9:00、閉園時間17:00

※状況により、開園時間・閉園時間を変更する場合があります。
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

(1)オムツ替えスペース、授乳室、ベビーカー無料貸出があります。
 
(2)古い施設なので、バリアフリー化が十分されていない部分があります。詳細についてはお問い合わせください。(0765-24-4100)

そのほか

【生き物情報】
(1)波の水槽ではカプセルトイでエサを販売していて、魚たちのエサを食べる姿が観察できます。
  
(2)独特の感触が味わえるガラエステは、ガラたちに手をきれいにしてもらえます。
  
(3)貝やヒトデに触れるふれあい水槽では、手のひらにのせてじっくり観察できます。
  
【入場制限】 
ペット同伴、未就学児のみでの入場はできません。

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

駐車場

無料:車1500台

マリンピア日本海(新潟県)

イルカとの距離が近い迫力満点のイルカショーや、世界で初めて人工育成で産まれたアカムツの幼魚を、常設の展示水槽で見ることができる水族館。

「水族館いきもの教室」、「特別ガイドツアー」など、飼育の豆知識から水族館の仕組み、生き物の行動や生態まで幅広く多彩な体験プログラムを行っています。

http://www.marinepia.or.jp/access

住所・電話番号

〒951-8555 新潟市中央区西船見町5932-445
 
025-222-7500

料金

大人:1500円(高校生以上)
子ども:600円(小中学生)、200円(4歳以上)、無料(3歳以下)
年間パスポートがあります。

アクセス

【バス】
JR「新潟駅」から新潟交通路線バス「新潟駅前」乗車、「水族館前」で下車
 
【車】
磐越自動車道「新潟中央I.C」から県庁・西海岸公園方面へ25分

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

営業日・営業時間

開園時間9:00、閉園時間17:00

※状況により、開園時間・閉園時間を変更する場合があります。
※営業日はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

オムツ替えスペース、授乳室、ベビーカー貸出、調乳用温水器があります。

そのほか

【生き物情報】
(1)イルカショーがあります。
 
(2)アクアラボ体験プログラムがあります。
 
【クーポン情報】
新潟市民割引券の提示、JAF会員証の提示で割引があります。
  
【入場制限】 
ペット同伴での入場はできません。

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

駐車場

無料 :車750台

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

若狭たかはまエルどらんど(福井県)

熱帯雨林と淡水魚の水族館。

回廊型の熱帯雨林再現温室では、世界最古で、世界最大級の淡水魚である「ピラルク」を展示しているようです。

曜日限定ではありますが、魚のエサやりショーも行われます。

http://www.eonet.ne.jp/~wakasa/sub3/eldoland/eldoland.htm

住所・電話番号

〒919-2204 福井県大飯郡高浜町青戸4-1
 
0770-72-5890

料金

大人:400円(高校生以上)
子ども:200円
幼児:無料

アクセス

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

営業日・営業時間

毎週月曜日休み(月曜日が祝日の場合は開園し、翌平日が休館日)
 
開園時間10:00、閉園時間18:00(通常営業期間)
開園時間10:00、閉園時間17:00(冬季)

※状況により、開園時間・閉園時間を変更する場合があります。
※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

赤ちゃん・ファミリー情報

授乳室があります。

そのほか

【生き物情報】
魚のエサやりショーがあります。

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

駐車場

※詳細はオフィシャル情報をご確認ください。

展示を工夫している北陸の水族館に出かけよう

今回は北陸の展示の仕方を工夫している水族館や、珍しい生き物を展示している水族館についてご紹介しました。

水族館周辺に生息する魚たちを見られる所もあり、子どもも大人も楽しめそうです。
これらを参考に、今度のお出かけプランを計画してみてはいかがでしょうか。

※今回の記事でご紹介している情報は、2018年1月5日時点で作成した記事になります。

※この記事のトップに掲載している写真は、イメージ画像です。

おでかけの関連記事
カテゴリ一覧