子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年11月03日

子ども連れの旅行。持ち物や行き先、確認すべきこととは

子ども連れの旅行。持ち物や行き先、確認すべきこととは

子どもが少し大きくなってくると、子ども連れの旅行でいろいろな刺激を与えてあげたいと思うママパパも増えてくるのではないでしょうか。子ども連れ旅行の行き先や事前に確認したいこと、持ちものなどについて考えてみました。

子ども連れ旅行の持ちもの

子連れ旅行に最低限必要なものは以下のとおりです。忘れないように事前に確認しておきたいですね。

子ども連れ旅行の持ちもの
Maria Savenko/Shutterstock.com

オムツ

普段とは違う環境であること、すぐに手に入りにくいことも考えて多めに持っていきましょう。

着替え、タオル

汗をかいたり、飲み物などをこぼしたりすることを想定して多めに持っておくと安心です。

ベビーカー

途中で子どもが眠くなってもベビーカーがあれば休むことができますし、ママやパパも抱っこをせずに済みます。荷物になるので持ち込みが大変と思う場合には、レンタルを実施しているところも多いので、事前に調べておきましょう。

おやつ

待ち時間が長かったり、そのせいでお腹が空いてしまったりするとぐずってしまい、ママたちもぐったり。その際に活躍するのがおやつです。多めに持っていくことを心がけましょう。

子ども連れ旅行の行き先

子ども連れの旅行の行き先として「テーマパーク」「水族館・動物園」「温泉」の3つを考えてみました。

テーマパーク

子ども連れで楽しむには

普段とは違った空間で、キャラクターとふれ合ったり、乗り物に乗って体験したりして楽しむことができるテーマパークは、子連れ旅行にぴったり。子どもだけでなくママもパパもいっしょに楽しむことができるのも、テーマパークならではのよいところです。

事前にテーマパークの雰囲気やできることを話しておくと行ったときの嬉しさがさらにアップするでしょう。

事前に確認したいこと

授乳、オムツ替えの場所

おむつ替え
ucchie79/Shutterstock.com

授乳やオムツ替えが必要な子どもを連れて行く場合には、このふたつを確認することは必須。ミルクのお湯を使える場所もきちんと把握しておけば、赤ちゃんが泣いたときにすぐに対応ができます。

離乳食の対応

温める場所が設けられているか、食事をするレストランに持ち込みが可能か、温めの対応をしてくれるのか確認しておきましょう。

ベビーカーのレンタルの有無

多くのテーマパークでは、ベビーカーのレンタルを実施しているので、事前に確認しておくと手荷物を減らすことができます。

事前予約可能エリアの確認

テーマパークによっては、事前にショーやレストランの予約をすることが可能。子ども連れの場合、事前に予約をしておけば待ち時間もなくスムーズに動け、大人も子どももストレスなく過ごせます。

【体験談】駅から近いホテルに宿泊

ホテルを予約する際に、なるべく移動距離を少なくしたかったので、駅近で子どもに配慮をしてくれるところを押さえました。
駅から近いのですぐにホテルにつくことができ、部屋はフルフラットでベッドの高さも低く安心して眠れたので、昼間にたくさん遊んで疲れた身体をゆっくりと休められました。

動物園・水族館旅行

子ども連れで楽しむには

動物園や水族館には、日頃からテレビや絵本で見ている生き物が間近で見られるので、子どもも喜ぶ場所のひとつです。事前に図鑑や絵本で子どもといっしょに動物の名前を覚えたり、水族館にいる生き物を見たりしておきましょう。覚えた動物や魚たちを見つけて、子どもと楽しめます。

お絵かきセットを持っていき動物を見ながらお絵かきを楽しむのもよいでしょう。

事前に確認したいこと

えさやりの時間などのチェック

子ども連れで水族館
k_samurkas/Shutterstock.com

動物園や水族館では、動物たちへのえさやりの時間が設けられていることがあります。直接ふれあったり、えさをあげたりすることができるので、時間を調べて体験させてあげましょう。

対象年齢の確認

さまざまな体験やショーなどは、種類によって対象年齢が限られている場合があります。子どもがその範囲に収まっていない場合は、参加することができないので、事前に確認をしておきましょう。

【体験談】着替えを多めに持って

水族館の中は生き物に配慮して室温が低めに設定されているのか、娘がとても寒がっていました。

初めての子ども連れの旅行だったので着替えを多めに持っていたので、重ね着をさせて風邪をひかないようにしました。イルカショーやえさやりで服が少し濡れたので、多めの着替えが役に立ちました。

温泉旅行

子ども連れで楽しむには

ゆっくりと温泉に浸かって癒されたい、と育児に仕事に毎日忙しいママやパパはたまにはゆっくりしたいですよね。

子どもを連れて行くと、どうしてもゆっくりとは縁遠くなってしまいますが、夫婦で交代に子どもを見る、もしくは祖父母など大人の手を増やしてなら温泉旅行に行くこともできるのではないでしょうか。

事前に確認したいこと

家族風呂の有無

温泉宿によっては、家族だけが専用で入れる家族風呂があるところがあります。大浴場では、パパもしくはママがひとりで子どもを見なくてはなりません。家族でゆっくりと気兼ねなく入れたほうがのんびりできるので、家族風呂があるかどうかを事前に確認しておきましょう。

キッズスペースの有無

宿の中にキッズスペースが併設されている温泉宿もあります。パパ・ママが交代で温泉に入りたい場合には、キッズスペースがあると子どもも楽しめるので有無を確認しておくとよいでしょう。

【体験談】家族風呂でのんびり

部屋の中やバルコニーにお風呂があるタイプの部屋がある宿を探したのですが、予算的に躊躇していました。でも家族風呂がある宿を見つけたので思い切って予約。夫とふたりでお風呂に入りながら子どもをみられるので安心して温泉を楽しむことができました。

旅行先では子どもを優先に

子ども連れ旅行を楽しもう
NadyaEugene/Shutterstock.com

子ども連れでの旅行は、子どもを最優先に考えた行動を心がけることが大切です。楽しいはずの旅行が、子どもにとって負担にならないように、余裕のあるスケジュールで動きましょう。子どもが小さいうちにしかできない体験をして、家族の思い出に残る旅行ができたらよいですね。

おでかけの関連記事
カテゴリ一覧