パートの採用を受けるとき、志望動機を伝えるポイントや例文

パートの採用を受けるとき、志望動機を伝えるポイントや例文

面接官に響く動機を考えよう

育児中のママの中にはパートで働こうと考えている方もいるでしょう。今までパートで働いたことがないママは、どのような志望動機を伝えたら、面接官によい印象を与えることができるのか悩むことがあるかもしれません。今回は、ママたちの体験談をもとに、パート採用を受けるときのポイントをご紹介します。

パートで働きたい

育児中のママが働こうと考えるとき、どのような動機で採用試験を受けるのでしょうか。

育児中のため、家から近いことや働く日数が合うなどの物理的な理由で仕事を選ぶママたちもいるでしょう。

志望動機を頭で考えていても、履歴書に書くときにうまくまとめられなかったり、面接で言いたいことを伝えられなかったりしないように、事前の準備をしっかりしましょう。

志望動機を考える

パート採用を受けるとき、履歴書や面接では志望動機をきちんと伝えることが重要です。

自分をアピールするためにも、志望動機をしっかり考えましょう。志望動機を伝えるときに、採用担当者が注目するポイントはどのようなところなのでしょうか。

採用担当者に響く志望動機のポイント

採用担当者が目を引くような志望動機とはどのようなものなのでしょうか。パート採用を受けたママたちの体験談からポイントをご紹介します。

ありきたりな表現を使わない

30代ママ
どこでも通用するような動機は使わないようにしました。おおまかな動機はあっても、この会社じゃないといけないポイントをいくつか面接官に伝えました。

採用担当者にこの会社のどういうところが良くて採用を受けたのか、きちんと伝えることが重要かもしれません。

自分の言葉で思いを伝える

履歴書
yu_arakawa - stock.adobe.com
30代ママ
特技をアピールするときも、自分がどういうことを得意としていて、どのような思いがあるのかを具体的に述べるようにしました。

履歴書や面接で志望動機を伝えるときは、具体的なできごとを織り交ぜて、自分の言葉で伝えるようにしましょう。

強みや特技をアピールする

30代ママ
前職での経験や、仕事をしていなかった期間の育児経験も活かせることを、履歴書に分かりやすく書きました。

前職でしていたことは自分の経験として、強みになるのでしっかり伝えるとよいでしょう。

仕事をしていない期間に学んだことや努力していたことを伝えると、前向きな気持ちが伝わってよいかもしれませんね。

働ける日数や時間を伝える

30代ママ
働く日数や時間は子どもの預け先との兼ね合いもあるので、希望欄にしっかり記入しました。面接で尋ねられたときも、現段階でどのくらい働けるかしっかり伝え、子どもの月齢が上がってきたら勤務日数を増やしたいと、働くことに前向きな言葉を添えました。

育児中の主婦がパートに応募するとき、日数や時間に制約がある方もいるでしょう。

採用担当者にどのようなスタイルで働くかきちんと知ってもらうためにも、自分が希望する勤務時間をしっかり伝えましょう。

自分の気持ちをプラスした志望動機

家事と育児を両立するママたちにとって、通勤距離や給与、家庭環境などは重要なポイントでしょう。その場合も、正直に伝えるだけでなく、具体的な状況や自分の気持ちを加えた志望動機にするとよいかもしれません。

通勤距離

電車
iStock.com/Tony Studio
30代ママ
家から近いことが重要な条件でしたが、子どもと家族が安心するという理由もきちんと伝えました。

家から近いからという理由だけでは、ありきたりな志望動機になってしまいます。なぜ家から近いところを選んだのかということを自分の言葉で伝えてみましょう。

給与

30代ママ
時給が良いところを探していましたが、前職の経験を活かして、それに見合った働きができるということをアピールしました。

なぜ時給が高いところがよいのかを伝えたり、仕事に対する意欲をアピールすることで、採用担当者の印象に残る志望動機になるかもしれません。

職種

30代ママ
育児が落ち着いた時期にパートを探し始めましたが、ずっとやってみたかった職種だったということを協調して、面接で伝えました。

育児がひと段落することが仕事を始めるきっかけになるママもたくさんいるでしょう。志望動機を伝えるときは、意欲や学ぶ姿勢も加えてアピールしてみましょう。

志望動機を伝えるときにおさえておきたいポイント

志望動機を考えるときに、採用担当者の印象に残るためのポイントはあるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

求人ページを確認する

30代ママ
求人ページに求める人物像が明記されていたので、それと自分が合致する点をアピールするようにしました。

求める人物像は求人ページに明記されていることが多いようです。どんな意欲を持って採用を受けているのか、採用担当者も気になるところでしょう。求人ページの情報をしっかり確認することで合格に一歩近づけるかもしれません。

共感と意欲を伝える

30代ママ
育児中のため迷惑をかけることもあると思うが、しっかり業務をこなしたいと面接で前向きな姿勢を伝えました。

業務への誠実な姿勢は、採用担当者にプラスの印象を与えるでしょう。自分の言葉で会社への共感と業務への意欲をしっかり伝えることを意識しましょう。

パート採用を受けるときの志望動機例文

志望動機の例文をママたちの体験談をもとにご紹介します。

「育児が落ち着いたので、仕事を始めたいと考えましたが、御社の理念と自分が挑戦したいという気持ちが合致しており、ここでなら前向きに取り組めると思いました。」

「未経験の業務ですが、以前よりやってみたいという気持ちが強く、また育児中に勉強していたパソコンスキルも活かせると思ったので、志望いたしました。」

「自宅が近く、他店にはない品揃えやオリジナル商品に好感を持っており、今回応募いたしました。販売経験はありませんが、前職の営業職で培ったコミュニケーション能力を十分に活かせると思っています。」

ポイントをおさえて、自分の言葉で志望動機を考えてみましょう。

パートを受ける動機をしっかり考えて面接に臨もう

スーツを着たママと赤ちゃん
yamasan - stock.adobe.com

パート採用を受けるときには、自分の言葉で具体的な事柄を交えながら伝えることがポイントのようです。事前にしっかり準備をすることで、面接のときも自信を持って志望動機を伝えることができるかもしれません。

パートで働こうと考えているママたちも、不安をしっかり取り除いて前向きな姿勢で採用に臨みましょう。

2020年01月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧