子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年11月07日

主婦のパート面接にふさわしい服装は?夏と冬、職種別に適した服装や身だしなみについて

主婦のパート面接にふさわしい服装は?夏と冬、職種別に適した服装や身だしなみについて

今回の記事は、主婦のパートやアルバイトの面接についての記事です。どのような服装・髪型で臨むのかや、夏や冬の面接で気をつけるべきことなど、職種やシーン別に分けて考えてみました。

面接時の服装は応募職種で変える

スーツが望ましい職種

一般的にオフィスワークの職業であれば、スーツや制服で働く会社が多いように、事務職、管理職、技術職、医療系、公務員などの職業であれば面接の際はスーツが望ましいでしょう。

主婦のアルバイト・パートも、働くときは周りの方と服装を合わせる場合が多いようです。社会人としての服装の基本がスーツと考え、スーツに準じたアンサンブルなども好印象を与えそうです。

上品な格好が望ましい職種

一般的にオフィスワークの職業であれば、スーツや制服で働く会社が多いように、事務職、管理職、技術職、医療系、公務員などの職業であれば面接の際はスーツが望ましいでしょう。

主婦のアルバイト・パートも、働くときは周りの方と服装を合わせる場合が多いようです。社会人としての服装の基本がスーツと考え、スーツに準じたアンサンブルなども好印象を与えそうです。

カジュアルな格好が許されている職種

主婦に人気のアルバイトの中でも、カジュアルな格好でよいとされる職業はアパレルなどの販売です。どちらかというと、普段どのような服装かを見たいお店が多いので、私服で面接に来ることを望んでいるようです。

季節ごとの服装

面接のときの服装
takayuki/Shutterstock.com

夏の暑い日に気をつけること

面接時には、基本的にジャケットを着て行くことが多いと思います。
だからといって、夏の時期にジャケットをしっかりと着るのは暑いですし、汗もかきますよね。

そんなときは、移動中はジャケットを片腕に掛けておき、面接場所の近くで着るようにするとよいかもしれません。このとき、ジャケットにシワが寄らないようにきちんと畳んで持つように心がけましょう。

冬の寒い日に気をつけること

冬の寒い日では、もちろんスーツやアンサンブルの上にコートを着たり、マフラーや手袋をしていくと思います。

防寒グッズを身につけていくことは問題ないのですが、ここで気をつけたいのが、必ず面接会場に着いたらコートを脱ぐことです。

ホテルやお店であればエントランスやお店に入る前、エレベーターなどで移動する場合もエレベーターに乗る前がよいでしょう。面接に関与する人に見せないタイミングでコートを脱ぐよう心がけましょう。マフラーや手袋なども同じです。また、脱いだあとは、きれいに畳んで手に持つようにしましょう。

面接時の髪型やバッグについて

清潔感のある髪型で

面接をする女性
LDWYTN/Shutterstock.com

面接の際は、清潔感のある髪型を心がけるのがよいでしょう。

顔に髪がかかってしまうと表情が隠れてしまうかもしれないので、清潔感のあるすっきりとした印象の髪型で面接に臨むのがよいようです。長い髪はゴムで束ねる、前髪はピンでとめたり耳にかけたりするなどして髪型を工夫するとよいかもしれません。

面接時のバッグ

面接時のバッグは、大切な履歴書や貰った書類を折らずにしまえるように、A4サイズのビジネスバッグを選びましょう。
職種や服装にもよりますが、できれば靴と同じ色のもの、もしくは黒を用意するとよいでしょう。柄やロゴが大きく入った派手なデザインや、リュックなどのカジュアルなバッグは控えた方がよいかもしれません。

また、面接のときにどこにバッグに置くのかを見られていることがあります。
バッグは空いている椅子や膝の上に置くのは避け、椅子の足元に立てて置くのがよいでしょう。バッグがしっかり立つように、マチや底がしっかりとあるバッグを選ぶとよいかもしれません。

パート・バイトの面接は季節や職種に合わせた服装で

主婦のパート面接
takayuki/Shutterstock.com

一口に主婦のパートやアルバイトの面接と言っても、事務などのオフィスワークと、カフェなどの接客業では見られているポイントはそれぞれ異なるでしょう。
また、夏と冬の服装では心がけておくべきことも増えます。

季節や職種に合わせて服装や身だしなみに気を配り、面接では十分に自分をアピールできるとよいですね。

仕事の関連記事
カテゴリ一覧