生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ないとき。理由と授乳やミルクなどの対策

生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ないとき。理由と授乳やミルクなどの対策

寝かせ方や寝る前のミルクについて

生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ないときや夜泣きをしたとき、どうしたらよいのか悩むママもいるかもしれません。寝る前のミルクや夜中の授乳を続けてもよいのか気になるママがいるようです。ママたちが考える生後11カ月の赤ちゃんの夜寝ない理由、寝る前のミルクや授乳、夜寝ないときの対策について聞いてみました。

生後11カ月の頃の夜寝ない悩み

生後11カ月になると、日中の活動時間と睡眠時間のリズムがはっきりしてくるために、一日のスケジュールが整ってくる赤ちゃんもいるもしれません。一方で、赤ちゃんが夜寝ないことがあったり夜泣きをすることで悩むママもいるようです。

寝つくのに時間がかかる

30代ママ
生後11カ月くらいになると遊ぶことに夢中になってしまい、寝つくのに時間がかかることがありました。

生後11カ月になると、いろいろな遊びを覚えて興味のあるものが増えるために、寝る時間になってもなかなか寝てくれないということもあるようです。

夜中に起きる

40代ママ
ぐっすり寝ていると思ったら、夜中に突然起きることがありました。その後はなかなか眠れませんでした。

何かの拍子に目が覚めてしまうと、再び寝かしつけるまで時間がかかってしまうということもあるようです。生後11カ月になったら急に夜泣きが始まり大変だったというママの声もありました。

ママたちが考える夜寝ない理由

ママたちが考える、生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ない理由を聞いてみました。

生活リズムが整わない

ベビーベッド
iStock.com/poligonchik
30代ママ
朝起きる時間やお昼寝の時間などの睡眠のリズムが整わないために、夜寝ないのかもしれないと思いました。

起床やお昼寝の生活リズムが乱れてしまったとき、寝ないことがあるようだと考えたママがいました。生後11カ月になると生活リズムを整えることが大切なのかもしれません。

日中の活動量

30代ママ
昼間のお散歩ができなかった日は、夜寝ないことが多いように感じました。遊び足りないためかもしれないと思いました。
40代ママ
ショッピングモールへお出かけして長い時間遊んではしゃぎすぎた日は、夜寝ないように感じました。昼間、普段と違う過ごし方をしたことが夜の睡眠に関係するのかもしれないと思いました。

生後11カ月の頃は、日中の活動量が夜の寝つきや夜中の眠りに関係するのではないかと考えたママがいました。普段と違う体験をした日は夜泣きをすることがあったというママの声もありました。

お腹がすいている

30代ママ
離乳食をよく食べなかった日は、夜中に起きたり夜泣きをするように感じました。お腹がすいて泣いているのかなと思いました。

生後11カ月の頃は離乳食の回数が増えるために、授乳よりも離乳食でお腹を満たすことが多くなるかもしれません。夕食のときに遊んでしまって食べる量が少なかったときは、お腹がすいて夜寝つきにくいようだったというママの声もありました。

寝る前のミルクと授乳はどうしていた?

生後11カ月の頃になると、寝る前のミルクや夜中の授乳を続けてもよいのか悩んでいるママもいるかもしれません。ミルクの飲ませ方や添い乳についてママたちに聞いてみました。

寝る前のミルク

30代ママ
離乳食の量が足りないと思うときは、寝る前のミルクをあげていました。離乳食をしっかり食べた日は、ミルクを飲まなくてもスムーズに寝てくれるようでした。
40代ママ
生後11カ月には歯が数本生えてきたため、寝る前のミルクはあげていませんでした。

生後11カ月には、卒乳を考えて寝る前のミルクは飲ませなかったというママの声もありました。寝る前のミルクは新生児の頃からの習慣となっていて、やめるタイミングを見つけることが難しく、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に減らしていったというママもいました。

夜中の授乳

ミルクが入った哺乳瓶
iStock.com/stevanovicigor
30代ママ
赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか泣き止まないときは、生後11カ月になってからも添い乳で寝かしつけることがありました。

生後11カ月になると卒乳を意識して、添い乳をどうするか迷うママもいるようです。添い乳をすると早く寝ついてくれるため、赤ちゃんもママも寝不足にならないよう、添い乳で寝かせていたというママの声もありました。

白湯やお茶で水分補給

30代ママ
夜泣きで汗をたくさんかいたときは、のどが渇いているかもしれないと思いました。白湯を飲ませてみたら落ち着いて寝てくれました。

夜中に起きたり夜泣きをしたときは、あかちゃんものどが乾いているのかもしれません。卒乳を考えているママのなかには、夜中に泣いたときは、ミルクや母乳の代わりに白湯やお茶を準備するようにしたというママもいるようです。

夜寝ないときの対策

生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ないとき、ママたちがどのような対策をしていたのか聞いてみました。

生活リズムを整える

40代ママ
夜寝ないのは昼間の生活リズムに関係していると思い、朝起きる時間やお昼寝の時間などのスケジュールを見直しました。
30代ママ
天気のよい日の午前中は、なるべく外に遊びに行くようにしていました。たくさん遊ぶと夜もよく寝てくれるように思いました。

赤ちゃんが過ごしやすいスケジュールを決めて、なるべくそれに近い過ごし方を意識したというママがいました。寝る時間を決めて、そこから逆算するという形で一日のスケジュールを決めていたというママの声もありました。

睡眠のための環境作り

30代ママ
夕方過ぎには部屋の明かりを調整するように意識しました。寝る時間に向けて少し明るさを落としてあげると、赤ちゃんが睡眠に入りやすいように感じました。
30代ママ
夜は声やテレビの音のボリュームを調整するなどして、赤ちゃんががスムーズに寝てくれるよう意識しました。

生後11カ月の赤ちゃんが寝つきやすくするために、部屋の明るさや声やテレビの音の大きさなどを意識したママがいました。夕方以降は絵本を読んだり、ゆったりした音楽を聞いたりしながら、ゆっくりと過ごすようにするとよいかもしれませんね。

スキンシップをとる

30代ママ
赤ちゃんが夜中に起きてなかなか寝ないときは、優しくトントンするなどスキンシップをとるようにしました。しばらくするとスムーズに眠りについてくれました。

生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ないときや夜泣きをしたときには、優しくトントンして寝かしつけたというママがいました。泣き止まないときは、赤ちゃんがを起こして、しばらく遊ぶようにしたというママの声もありました。

赤ちゃんが夜寝ないときはさまざまに工夫して

赤ちゃんを寝かしつけるママ
metamorworks - stock.adobe.com

生後11カ月の赤ちゃんが夜寝ないことや夜中起きてしまうことに悩んでいるママたちは、赤ちゃんの生活リズムを整えたりスキンシップをとるなど、さまざまな工夫をしているようです。

寝る前のミルクや授乳についても赤ちゃんの様子を見ながら続けるかどうかを判断できるとよいかもしれません。今回の記事を参考に、夜寝ないときの対策を工夫してみてくださいね。

2020年02月05日

専門家のコメント
12
    りお先生 保育士
    夜、寝ない時は、朝早く起こすことだと思います!
    朝、早く起きて活動すれば眠たくなり、昼寝をする場合、昼寝の時間も必然的に早くなります。

    昼寝が早いと夜も早く眠たくなり、早く寝てくれると思います。

    まずは騙されたと思って、朝6時に起こしてみてください😁
    20時には眠たくなって寝るようになると思いますよー!

    あ、でも昼寝のさせすぎには注意です!
    お昼寝は長くても2時間以内、15時までにしてくださいね😁
    とーち先生 保育士
    起床時間を大体同じ時間にすること

    日中しっかり体を動かすこと

    昼寝の時間帯、長い時間寝かせないこと


    が大切だと思います。
    11カ月になれば、体力もだいぶついてきますよね。

    昼寝の必要な時間も自然に短くなっていきます。

    もう少し寝かせとこう。。


    と、朝や昼間思ったりしますが、夜しっかり寝てもらうため❗だと思って、こどものリズムを作ってみて下さい。

    子どもの成長は本当に早いですよね。親の体力が追い付かない(笑)
    すみっこ先生 保育士
    体内時計がしっかりと備わってくることが理想的ですよね。
    暗くなったら寝て、明るくなったら目が覚める。リズムができてくると親も気持ちが楽になりますよね。
    寝かしつけは添い乳、夜中も起きる毎に添い乳をして寝かしていました。次女は特にそんな時期が長く続きました。
    「やめなきゃ」「卒乳しなきゃ」よりも、いかに楽に寝かすかをコンセプトに過ごしていました😂💕
    せおみ先生 保育士
    だいぶ体力もついてくる頃ですよね。外で沢山遊んだり、朝早く起きた時はやっぱり夜もぐっすり眠りました。昼寝も遅い時間にならないように気をつけたいですが、その子の性格や体力、環境にもよりますよね。
    いちぽ先生 保育士
    生活リズムを整えてあげることが、夜十分に寝れるようになる第一歩かなと思います。
    朝も決まった時間に起こすようにしたいですね。
    なごみ先生 保育士
    日中たくさん身体を動かす事、昼寝から起こす時間が夕方にならないようにしたり逆に早い時間から昼寝をしないようにすること。あとはとにかく満腹にさせるようには心がけていました。
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    体力がかなりついてきて、中には午前睡はもういらないという子もでてきますね。朝は必ず決まった時間に起きる、日中はよく遊ぶ、そしてよく食べる。。在り来りですが生活リズムをきちんとつけていくのが1番効くかと思います。
    どうしても夜泣きが多い、自分までしんどくなってきた…と追い込まれる前に ベビーシッター等の活用で親御さんの睡眠時間の確保もお忘れなく!◎
    のんの先生 保育士
    生後11ヶ月となると、体力がついてきて、今までのように、朝寝・昼寝をしていると、夜はなかなか寝ません。
    朝寝・昼寝の時間を考えたり、
    運動をたくさんさせることも必要です。
    夜寝ないなんて、一生続くわけじゃないし。と考えると楽になりますよ^_^
    のの先生 保育士
    夜寝つかない理由として考えられるのは
    ●日中の活動量が少なかった
    ●お昼寝の時間が長かった
    ●夕方に寝過ぎた
    ●お腹がいっぱいじゃない
    などがメインだと思われます。お日様が登ったら部屋を明るくし、起きる。お日様が沈んだら部屋を暗くし、夜の雰囲気にする。これだけでも少し変わると思います。
    かな先生 保育士
    生活リズムを整えることが大事だと思います。
    朝起きる時間を決めて、起きたらまずカーテンを全開に。朝一番に太陽に当たることが大事だと言われています。
    しっかりごはんを食べ、日中はたくさん遊ぶことを心がける。
    寒い時期だと外出が億劫になりますが、ほんの少しでも外の空気と日差しに当たることも大事です。

    毎日リズムが整えば、夜に寝る時間も長さも整ってくるのではないかと思います。
    あー先生 保育士
    わたしの場合は夜寝ない時は抱っこして子守唄を歌ったり、絵本の読み聞かせをしていました。あとは寝る用のクラシック音楽などを用意しておいて寝る時に流したりしていました。
    ぽんた先生 保育士
    ママが仕事とかじゃなければ、そんなに生活リズムにとらわれず、寝なくても機嫌よければまあいっかーくらいで(^^)v

家族の関連記事

カテゴリ一覧