男の子の育児あるある。かわいい特徴と面白いエピソード

男の子の育児あるある。かわいい特徴と面白いエピソード

男の子を育てているママにとっては、男の子の謎に満ちた行動や発言がかわいいと感じる瞬間があるのではないでしょうか。今回の記事では、男の子のかわいい言動や特徴と面白い育児あるあるエピソード、男の子の親になってママ自身が変わったことなど体験談を交えてご紹介します。

男の子の育児について思うこと

男の子を育てているママにとっては、男の子の言動や特徴がかわいいと感じる瞬間があるのではないでしょうか。ママのなかには、自分自身の子ども時代との違いに驚きを感じることがあるかもしれません。

今回は、男の子の子育て中に感じる育児あるあるや、面白いエピーソードなどについてご紹介します。

男の子の特徴育児あるある

男の子ならではの言動や特徴などの育児あるあるについて、ママたちに聞いてみました。

元気でやんちゃ

べろを出す男の子
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
外遊びが大好きな2歳半の男の子がいますが、なぜか石や棒を収集したり、坂道を全力で登り下りしたりするのが好きです。ひやひやする瞬間もありますが、遊ぶことに全力投球な息子を見ていると私自身も元気が出ます。
40代ママ
わが家には3歳と5歳の男の子がいますが、寝ている時以外はずっと動いているイメージがあります。同じ男の子をもつママ友に聞くと、どうやら男の子育児あるあるのようです。
元気で疲れ知らずな姿が、男の子らしい育児あるあるだと感じるママもいるようです。他にも、難しそうな遊具に果敢にチャレンジしてみたり、風邪をひいても元気に遊ぶ姿を見せたりと、男の子ならではの育児あるあるエピーソードが聞かれました。

好きなことにまっすぐ

30代ママ
電車が好きな4歳の男の子を育てていますが、電車が通ると名前や車種の特徴などを私に説明してくれます。図書館では電車関連の本を自分で選んでてくるので、好きなことへの一生懸命な姿に関心してしまいます。
好きなことへの集中力や情熱の向け方は、男の子の育児あるあるだと感じるママがいました。他にも、自分で決めた目標を最後まで達成しようとする姿や、知りたいものを追求する姿が男の子らしいと感じるママもいるようです。

素直で天真爛漫

40代ママ
5歳になる息子は鬼の存在を信じていて、夜遅く起きているときは「そろそろ鬼が来るかもね」と言うだけで素直に布団に向かいます。6歳のお姉ちゃんにはまったく通用しないので、男の子は無邪気だなと感じるときがあります。
男の子の天真爛漫な姿に、かわいいと感じるママもいるようです。素直で無邪気な言動のおかげで、家の中の雰囲気が明るくなるといったママの声もありました。

【年齢別】男の子の育児あるある

ようやく歩き出したと思ったら、水たまりに飛び込んだり、時には戦闘モードになったりと、男の子の成長を見ていると、さまざまな驚きやかわいい瞬間を感じることができるのではないでしょうか。男の子をもつママたちに、年齢別の育児あるあるエピーソードについて聞いてみました。

0~1歳

20代ママ
11カ月のときに突然よちよちと歩き出し、1歳半を迎えた現在は、公園を縦横無尽に小走りしています。水たまりを見つければ迷わず踏み込み、ポケットにはいつも石や草が入っていて驚きつつもかわいいなと感じます。
小さいながらも、好奇心のおもむくままに動き回る男の子の姿がかわいいと感じたママの声がありました。他にも、ハンドルや車輪を回すのが好きな生後6カ月の男の子や、お兄ちゃんに負けじと高いところへ登ろうとする男の子など、男の子らしい育児あるあるエピーソードがありました。

2~4歳

20代ママ
パパが休日にDIYを始めると、3歳半の息子もいっしょになって工作を始めます。ダンボール製の基地を作ってパパと交信する姿を見て、男の子ならではの遊び方だなと関心してしまいます。
ママには思いつかない発想や遊び方の工夫が、男の子ならではの育児あるあるだと感じるママもいるようです。他にも、ジェスチャーや擬音を交えて興奮をママに伝えようとする姿など、2~4歳の男の子らしい育児あるあるエピーソードが聞かれました。

5歳~

戦う男の子
leungchopan/Shutterstock.com
30代ママ
節分の日に鬼に扮したパパが家に入って来ると、5歳の息子がとっさに私と妹を守ってくれました。泣きながら応戦している姿に、男の子らしさと成長を感じられました。
誰かを守ろうとする勇敢な姿に、男の子らしさを感じたというママの声がありました。他にも、パパの口調を真似して、ママの服装を褒めたり体調を気遣ってくれたりしたなど、優しさを感じる育児あるあるも聞かれました。

男の子ママになって変わったことあるある

男の子を育てていて、ママ自身にはどのような変化あったのでしょうか。以前と変わったと感じることについて、ママたちに聞いてみました。

体力がついた

30代ママ
3歳と5歳の息子たちを追いかけ、毎日1時間以上公園で体を動かしていたので体力がつきました。運動しているおかげか、夜もぐっすり眠れています。
男の子のママになったことで、体力がついたと感じたママもいるようです。男の子育児をしているなかで、筋力や持久力がついたというママの声もありました。

乗り物に詳しくなった

30代ママ
5歳の息子は働く車が大好きなので、許可をいただいて消防署や警察署に見学に行くことがあります。親子で救急車の構造を見せてもらったり、パトカーに乗せてもらったりと、今まで興味のなかった分野でしたが、息子が楽しむ様子を間近で見ていると私までわくわくしてしまいます。
男の子のママになったことで、乗り物の世界を知ったというママの声がありました。電車好きの男の子を持つママは、路線や車両にも詳しくなったという方もいるようです。

虫嫌いが克服できた

30代ママ
以前は虫の図鑑を見るのも苦手だったのですが、男の子が生まれて昆虫採集に付き添ううちに虫嫌いが少しだけ克服できました。
男の子のママになったことで、虫が平気になったというママの声がありました。子どもといっしょに昆虫飼育をしているなかで、虫に対しての愛着がわいたというママもいるようです。

男の子の子育てを楽しもう

楽しく遊ぶママと男の子
zhu difeng/Shutterstock.com
男の子を持つママからは、元気いっぱいで、時には勇敢な男の子らしい育児あるあるエピーソードなどが聞かれました。ママ自身も乗り物に詳しくなったり、体力がついたりといったように、男の子だからこその変化を感じている方もいるようです。

元気でかわいい姿を見守りながら、男の子の育児が楽しめるとよいですね。

2020年04月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧