親子で手をつなぐとき。子どもと手をつなぐシーンや嫌がるときの工夫

親子で手をつなぐとき。子どもと手をつなぐシーンや嫌がるときの工夫

いつまで手をつないでいた?

親子で手をつなぐ時間を大切にしているママやパパもいるかもしれません。この記事では親子で手をつないでいるシーンやいつまで手をつないでいたか、手をつなぐのを嫌がるときにママたちがやってみたことや、手をつなぐ手袋など親子の手つなぎ事情について、ママたちの体験談をもとにご紹介します。

親子で手をつなぐことについて

ママやパパの中には他の家庭ではどのようなときに親子で手をつないでいるのか、いつまで親子で手をつないでいたのか知りたい方もいるかもしれません。

この記事では、ママやパパたちが親子で手をつなぐシーンやいつまでつないでいたか、手をつなぐのを嫌がるときの工夫などをご紹介します。

ママたちに聞いた親子で手をつなぐシーン

子どもと手をつなぐ男女の後ろ姿
szefei/Shutterstock.com

親子で手をつなぐのはどのような場面なのでしょうか。ママの声を聞きました。

外を歩くとき

2歳女児ママ
車の往来のある道や、駐車場などでは手をつないで歩くようにしています。子どもは急に飛び出したり転んだりすることもあるので、安全確保には気を配るようにしています。
道路や駐車場など、交通の危険がある場所では手をつないでいるというママがいました。他にも迷子防止のために、人の多い場所では手をつなぐようにしているというママの声も聞かれました。

親子で手をつなぐことによって、交通事故や迷子などの危険から子どもの身の安全を守ることができそうです。

スキンシップをとりたいとき

5歳女児ママ
寝る前は手をつなぐのが娘の習慣です。「今日はパパと手をつなぎたい」と言って、夫の隣で安心して眠る娘の顔を見ていると、とても幸せな気持ちになります。
寝る前や登園時、家ですごしているときなどスキンシップをとりたいときに手をつなぐということがあるようです。親子で手をつなぐことで、子どもだけではなくママやパパも幸せな気持ちをもらえるかもしれません。

ふれあい遊びをするとき

3歳男児ママ
3歳の息子は手遊びの中で親子で手をつなぐ動作があると、とても喜びます。曲や動きにあわせてギュッと強く握ったり、包み込むように手を握ったり変化させると面白いですよ。
親子で行う手遊びの中で手をつなぐこともあるというママがいました。手遊び以外にも、パパとママが子どもと手をつなぎ、高くジャンプさせるジャンプ遊びや、手をつないだ状態で大人の体を登らせる遊びなど、体全体を使ったダイナミックな遊びをしているという方もいました。

親子でいつまで手をつないでいた?

手をつなぐ子どもと女性
zhu difeng/Shutterstock.com

親子でいつまで手をつないでいるのか、気になる方もいるかもしれません。ママたちの体験談を紹介します。

小学校に上がる頃まで

7歳男児ママ
小学校に上がるまでは、出かけるときは手をつないでいましたが、成長とともに周囲の目が気になってきたようです。小学校に入ってからは外で手をつなぐのを嫌がるようになりました。
小学校に上がるようになると、子どもが人目を気にして外で手をつなぐのを嫌がるようになったというママの声がありました。成長とともに、手をつなぎたいけれど恥ずかしいという思いが生まれるのかもしれません。

弟や妹が生まれるまで

6歳、2歳女児ママ
長女は4歳差の妹が生まれてから、手をつなぐことが減りました。妹も歩けるようになった今では、お出かけのときは、姉妹で手をつないでいることが多いですよ。
妹や弟が生まれたのをきっかけに、子どもが外では手をつなぎたがらなくなったというママの声がありました。下の子の世話もあって、上の子と手をつなぐ機会は減ってしまったが、家の中や下の子がいないときには、意識的に上の子と手をつなぐようにしているというママもいるようです。

大きくなっても手をつないでいる

高校生女子ママ
娘は手をつなぐのが好きで、高校生になった今でも、たまに手をつないで買い物に行くことがあります。
中学生男子ママ
中学生になった長男とは、もう外で手をつなぐ機会はほとんどありません。ただ長男が学校生活で壁にぶつかったとき、手をつないでジッと彼の話を聞いたことがあります。親にできることは限られているけれど、それでも君の側にいるよという気持ちが伝わればいいと思いました。
親子でいつまで手をつなぐかは、子どもによって異なりますが、性別によっても違いがあるのかもしれません。女の子の中には大きくなってもママと手をつないでショッピングを楽しむ子もいるようです。

子どもが大きくなって外で手をつなぐことはなくなっても、気持ちに寄り添いたいときなどにスキンシップの1つとして手をつないでみるのもよいかもしれませんね。

子どもが手をつなぐのを嫌がるときの工夫

子どもが手をつなぐのを嫌がるときママやパパはどのような工夫をしているのでしょうか。

手をつなぐ必要性を伝える

3歳男児ママ
安全確保で手をつなぐ必要があるときは、子どもにわかりやすい言葉で説明しています。「今は車もいて危険、ママはあなたが車にぶつかったらとても悲しい」など、具体的に伝えると子どもに伝わりやすいと感じます。
子どもが手をつなぐのを嫌がるとき、なぜ手をつなぐ必要があるのか、子どもに伝えているというママがいました。

場所によっては安全確保のために、子どもが嫌がっても手をつなぐ必要がある場所もあるかもしれません。手をつなぐ必要がある場所、自由にしてもよい場所のメリハリをつけると、子どもも受け入れやすいようだというママの声もありました。

手のつなぎ方を変える

2歳児パパ
子どもと手をつなぐとき、握手をするようなシェイクハンドで握っていましたが、指を握らせる方法に変えることもあります。
いつもと同じ手のつなぎ方ではなく、握り方を変えているというパパがいました。「今日はどうやって手をつなごうかな」などの声をかけると、子どもも興味をもちやすそうです。

グッズを使う

4歳女児ママ
親子で手をつないだまま装着できる手袋「手をつなぐ手袋」というグッズがあり、興味をもったので購入してみました。とても温かいですし、子どもも面白がっています。
親子で手をつないだまま装着できる手袋があるようです。大きなサイズもあるので、ときにはパパと使うのも素敵ですね。

親子で手をつなぐ時間を大切にしよう

女の子と手をつないでいるシーン
Rafal Olechowski/Shutterstock.com
ママやパパたちは、子どもの安全を確保したいときやスキンシップを取りたいとき、遊びの中などで親子で手をつないでいるようです。自由に動きたい小さな子どもは、手をつなぐのを嫌がることもあるかもしれませんが、子どもの身を守るために声がけや手袋などのグッズの利用、手の握り方などを工夫して手をつないでいるというママの声がありました。

手をつないでいられる時期は子どもによっても異なりますが、子どもの成長とともに手をつなぐ回数は減ってしまうのかもしれません。親子で手をつなぐ時間を楽しめるとよいですね。

2020年02月09日

専門家のコメント
26
    すみっこ先生 保育士
    いつもではないですが、小2の長女と手を繋いで歩いています。年長の次女は甘え上手なのもあり、出先では常に私の横にピッタリくっついて手をぎゅーっとつかんで歩いています。その合間にスキンシップを兼ねて長女と手を繋いでいます✨

    大きくなっても腕を組んでお買い物をしている親子に憧れます🥰
    せおみ先生 保育士
    小さい頃は抱っこから始まり、歩く様になると手を繋いで、大きくなるにつれて抱っこや手を繋ぐ事も少なくなりますね。スキンシップとして、手を繋ぐことや、道路などを歩く時危険がない様に手を繋ぐ事があります。大きくなっても手を繋いだりとスキンシップを大切にしていきたいです。危険な状況で嫌がる時はきつく話をし危険のない様にしています。
    めい先生 保育士
    小さいうちは手を繋いでいたいです。それで安心感に繋がるなら小学校低学年くらいまでは繋ぐかもしれないです。
    嫌がる時は無理に手を繋がず、危険がないか確認だけします。
    ひよこ先生 保育士
    出かける時とふれあい遊びの時につなぎますね。駐車場や車通りの多い道では、子どもが手を離さないようにぎゅっと握っておきます。

    「お子さんが壁にぶつかった時に手をつないで話を聞いた」という記事を読んで私もそうありたいなと思いました。
    いちご先生 保育士
    外出時は基本手を繋いでいます。安全面はもちろん、親子のコミュニケーションになると思っています。手を繋いでいると、いつもよりゆっくり話すことができる気がします。
    りお先生 保育士
    小2の息子と2人で電車に乗って新宿まで行った時は、迷子防止もあり、手を繋いでいましたよー😁
    いつまで繋いでくれるかわかりませんが、本人が嫌がらなければいつまでも😁

    2歳の末っ子は手を繋ぐのを嫌がったりするので、フードを軽く持ったりしながら歩くこともあります。

    子どもも1人の人格を持った人なので、その子の意思を尊重できるといいですね。
    ただ、今は危ないから手を繋いで欲しい時は、きちんと話をして手をつなぎます!
    べこな先生 保育士
    大きくなってきても、子どもが求めるなら手を繋いで歩いてあげてほしいです。
    娘二人は、小さい頃から私と手を繋いで歩くのが自然なながれでした。
    ふと気がつくと長女とほとんど手を繋ぐことがなくなってました。
    こちらから繋ぐー?
    と誘っても、断られます(笑)

    大きくなると、親はいらなくなるってほんとなんだなぁ。成長は嬉しいけど寂しさも感じます。
    すー先生 保育士
    うちはまだ3歳なので基本どこにいくにも手を繋いでいます。道路や駐車場は危ないので小学校低学年までは繋いで欲しいですね。今は息子からママ手繋ぐよといってくれるのですが、いつまで言ってくれるか…親ばなれしたら寂しくなりそうです。
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    手を繋ぐのを嫌がるお子様も多いですよね💦
    道路や混雑している場所などでは、どうしても手を繋ぎたいもの。私は、シッターで初対面の時など今すぐ手を繋いで欲しい時は、よく道沿いの線から出ないあそびをして壁沿いを歩くよう促しています。
    長期的に壁沿いを歩くよう習慣づけたい場合は、道に出ると危ないことや、混雑している場所だと迷子になりやすいことなど、理由を話して分かってもらいます。
    とはいえこれも2歳半まではまだ難しいです😭そんな時は、小指だけ親指側に持ってくるとするっと抜けづらくなります!お散歩やテーマパークなどで活きる保育士の裏技です。お試しくださいね🍀
    あゆみ先生 保育士
    安全面で繋ぐことはもちろん、手を繋ぐことで安心出来たり、親子のスキンシップになることもたくさんあると思うので、出来る限り繋ぎたいなと思います。
    どうしても出来ない場面もあると思いますが、子どもから言わなくなっても、時々パパやママから繋ぎたいなと伝えることも、とっても嬉しいと思います!子どもが言わないから繋がないのではなく、こちらから伝えていくことで、伝わる気持ちもあるのかなと思います^^
    のんの先生 保育士
    こどもはすぐに脱臼してしまうので、注意しています。
    車の通りのない公園や道などでは、子供に指を握ってもらうようにしています。
    駐車場・道路などは、こどもの手首をにぎっています。また、車がきたら止まるように教えています。
    いちぽ先生 保育士
    まだ歩けないので子供と手をつなぐシーンはないでずが、道路を歩く際は、しっかり手をつないで内側を歩かせるようにします。
    ひっぱって引きずることがないように気をつけます。
    ゆか先生 保育士
    出掛けるときはいつでも手を繋いでいます。
    小学生でも、嫌がらないかぎりは今でも繋いでいます🎵
    スキンシップの一環にもなると思うので😄
    私自身も手を繋いでいると安心するからです。
    もりもん先生 保育士
    うちの子は4年生の男の子なのでいつからか手は繋がなくなりました。それも成長と思いつつ少し寂しい気持ちもあります。ショッピングモールへお買い物へ行く時はよく肩を組みますよ。手をつなぐだけがスキンシップではないので、その年齢に合ったコミュニケーション方法で楽しめれば良いと思います。
    わい先生 保育士
    最近、手を繋がずに歩いている親子を見かけます。でも、外は危険がいっぱいです。大切な命を守るために手を繋いでいる方が安心する場面は多いと思います。まだまだ、交通ルールを理解していなかったり、危険な行動をしてしまったりすることが小さい子ほど多いので、分かりやすく理由を伝えて手を繋いで歩いています。
    SB
    @わい先生さん
    必ず手を繋ぎ、大人が車道側を歩くようにしていましたが、突然繋いでいた手を離して走り出すこともあって、冷やっとしたことがあります。 それからは特に繋いだ手を離さないよう意識していました。
    のの先生 保育士
    駐車場でまだ子どもが小さいのに手を繋いでいない人を見るとヒヤヒヤします。危ない場所ではしっかりと子どもの手を握って欲しいです。嫌がる場合は最悪抱っこでもいいと思います。なにかあってからでは遅いので
    ぽんた先生 保育士
    子どもと手をつなぐ、すてきですね。うちも、小さいときはいつも手をつないで散歩したり出かけたりしていました。でも、上の子は小学校一年生になって、ぱったりつながなくなりました。子どもだけで登校したりーというところから、手をつなぐ習慣が終わったんだなあと、しみじみ思いましたよ(^-^)
    すず先生 保育士
    振りほどかれにくい手の繋ぎかた、私もずっとしていました。普通に手を繋いで、薬指と小指で手首を挟むと、なかなか離れなくてよかったです。

    カモシカ握りなど、ほかにも振りほどかれにくい手の繋ぎかたがあるので、調べてみるとおもしろいですね。

    手を繋ぐのが嫌な子には、手を繋いでないと危ないから、私が心配だから、など、あなたのために必要なことなのだと根気よく伝えるようにしています。

    最初から強く握ると、怖くなる子もいるようなので、信頼関係を作っていきながら力加減をするように心がけています。
    こと先生 保育士
    出かけるときは基本的には手を繋ぐようにしてます😊✨特に、駐車場や人が多いところでは離さないように声かけをします!
    手を繋いでると、ふとしたときに、小さい手だなあとほっこりします🥰
    めめ先生 保育士
    駐車場など危ないところは手を繋ぐようにしています。下の子が生まれて外出時はなかなか抱っこしてあげれなくなると手繋ごうと言ってくるようになったのでその時は答えるようにしています。
    とーち先生 保育士
    人混みに入る時や、車の通りが多い所を移動する時などに手を繋ぎます。

    迷子になったり、事故に合うと危ないので。。


    手を繋がることを嫌がることはないですが、嫌がる際は危険がなさそうなら、見守って過ごします。
    あー先生 保育士
    子どもが小さいときは特に安全面からも手をつなぐことが多いですよね。子どもが手をつなぐのを嫌がるときはなにか夢中になっているときですよね。わたしはそんな時見守るようにしていました。
    おはぎ先生 保育士
    我が家ももうすぐ一年生の娘とは手をつなぐ機会が減ってしまったように思います。必然的に弟二人がいるとそうなってしまって💦ただふと寂しくなるようで、弟ばっかりずるいと言ったりしています。まだまだ手をつないでほしい時期‥すぐ終わっちゃうかもしれないから、今度のお出かけは私とパパの間で手をつないであげようかなと、思いました。
    さと先生 保育士
    外を歩くときは嫌がっても必要性を伝えて必ず手をつなぐようにしています。
    公園についたら手を離して好きに遊ぼうね、などと目的地を伝えると納得してくれます。
    ぽんた先生 保育士
    いやがるときでも、道路とか危ないところは、必ずつなぐようにした方がいいですね。手をつないで、目的地までしっかり歩けるのは大切です
    みー先生 保育士
    息子は本当にチョロチョロ動く子どもだったので常に手を繋いでいました。突然走り出したりするので他の人への迷惑も考えると離せませんでした。嫌がる時は『お母さん、手を繋いでもらえないと歩けない…』と立ち止まり一歩も歩きません!そうすると仕方ないなーと手を繋いでくれました。
    小学校に上がると校区内では手を繋いでくれなくなりましたが、少し遠出すると手を繋いでくれます。
    もう手を繋がなくても心配はないですが、もう手を繋いであるけるのも秒読みなので…繋いでくれるうちは楽しみます!
おすすめユーザーのコメント
1
    MARU
    外出するときは、いつも手を繋いでいます。たまに手を繋がないときもありますが、交通量が多かったり、車道と歩道が分かれていなかったりする場所では繋ぐよう意識しています。
    スキンシップにもなり、嬉しいです^_^

家族の関連記事

カテゴリ一覧