子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年11月30日

出産祝いについて知っておこう。マナーや相場のお金

出産祝いについて知っておこう。マナーや相場のお金

友人や親戚など身近な人の出産は、周りの人にとっても喜ばしいこと。お祝いの気持ちが伝わる出産祝いで、喜びを共有したいですよね。贈るお金の相場や贈るうえでのマナーを知っておくと、お互いが気持ちがよいかもしれません。そこで今回は、出産祝いについてのマナーや相場金額についてご紹介します。

出産祝いの基本マナー

出産祝いとは

友だちや親族、会社の同僚や知人など付き合いのある人に赤ちゃんが生まれたときに、お祝いする気持ちとして贈るのが出産祝いです。

内容は、プレゼントや現金・商品券など贈る相手によってさまざま。赤ちゃんがこれから使えるスタイや洋服、おもちゃなどを贈ることが多いですが、出産という大仕事をがんばったママをねぎらうためにママに向けてプレゼントを贈る人もいます。

出産祝いを渡す時期

出産祝いは、病院を退院する出産後7日からお宮参りを行なう1カ月後を目安に、郵送で送るのが一般的だといわれています。
直接自宅を訪れて渡す場合、ママや赤ちゃんの状態によっては負担をかけてしまうこともあるため、産後2~3週以降に相手の状態を確認したうえで訪ねましょう。

また、産後は完全に体力が回復していないので、人に会うだけでもママには負担がかかるかもしれません。自宅を訪ねるマナーとして、短時間で帰るようにするとよいかもしれませんね。

出産祝いの相場の金額

お祝いといっても、どれくらいの金額のものを贈るべきか悩んでしまうところ。地域や相手との関係性でも変わりますが、贈る相手によってだいたいの相場が決まっているようです。

兄弟や姉妹

兄弟や姉妹への出産祝いの相場は、10,000~30,000円が一般的な金額だといわれています。兄弟なら、どんなお祝いの品がよいか、直接希望を聞いたうえで用意してもよいでしょう。
親戚に贈る場合は間柄や親しさによっても変わりますが、3,000~10,000円程度が目安。親戚間でお祝いを贈る場合、どれくらいの金額で贈るかを相談したり、揃えたりすることもあるようです。

友人

友人の出産祝いの相場は、5,000~10,000円が代表的な金額だそうです。友人に事前に欲しいものを聞いたりリサーチしたりしておくと、予算内で相手が喜んでくれるものを選びやすくなります。現金や商品券を贈る場合もちょうどよく、相手に気を遣わせずにすむ金額といえるでしょう。

会社の同僚や後輩

会社の同僚や後輩へ贈る場合は3,000~5,000円、上司に贈る場合は5,000~15,000円が一般的な相場だといわれています。

相手がお返しに困らないように

グループで贈る場合は相手がお返しに困らないよう、金額に気をつけたいところ。一人1000円程度の金額を集めてひとつのものを贈る場合、それぞれにお返しする額が小さくなるため困らせてしまうかもしれません。
個人で贈る場合と変わりない額を予算にして、みんなで高額なものをひとつ贈るとよいかもしれませんね。それぞれメッセージを書いてプレゼントに添えると、ひとりひとりの気持ちが伝わります。

また、友人数人で相手の自宅を訪れる場合、それぞれに聞きたいこともあるでしょうが、ママと赤ちゃんを疲れさせないよう短時間にしておきましょう。

出産祝い
Africa Studio/shutterstock.com

出産祝いのお返しをするときに守るべきマナー

お返しの金額設定

出産祝いのお返しは、いただいた金額の半分程度を目安にするのが一般的のです。現金の場合はわかりやすいですが、プレゼントの場合はだいたいの金額を予想してお返ししましょう。親戚などに10,000円以上の高額のお祝いをいただいた場合、1/3程度のお返しが目安でしょう。

のし、メッセージをどうするのか?

出産内祝いでは紅白蝶結びの水引のしに「内祝」と表書きをし、命名披露の意味合いを兼ねて水引の下に赤ちゃんの名前だけを入れます。名前にふりがなをつけておくと相手も読みやすく、覚えてもらえるでしょう。

メッセージには出産の報告と赤ちゃんの紹介に加えて、出産祝いをいただいた感謝の気持ちとこれからのお付き合いのお願いも書いておくことをおすすめします。「お返し」という言葉を使うと、お祝いに対して義務的にお返ししているという印象になりかねないので、使用は控えた方がよいかもしれません。

贈るタイミングは?

出産内祝いは、お宮参りを行なう生後1カ月くらいの頃に贈るのが一般的だといわれています。どうしても産後はバタバタしてしまうので、出産前から親しい人やお世話になっている人の住所や電話番号などをリストにしておくとよいでしょう。また、年齢や家族構成別に分類しておくと、内祝いの品物が選びやすくなります。

出産祝いにまつわるママの体験談

お返しは不要、と相手に伝えて

「仲のよいママ友グループのひとりが出産したとき、5人でお祝いを贈りました。手作り感のあるものがいいねという話になり、みんなでおむつケーキを作ってプレゼント。ケーキの一番上には木製のおもちゃと絵本でデコレーション風に飾り、100円均一ショップの装飾グッズで飾り付けしてかわいく仕上げました。一人当たりの金額が少なかったので、お返しは要らない旨を伝えました。しばらく部屋に飾ってくれていたみたいです」(30代ママ)

もらってうれしかったもの

「出産前から会社で親しくしている同僚ふたりに出産祝いをいただきました。自分では到底買えないような高価なブランドの上下セットの洋服ですごく嬉しかったので印象に残っています。80サイズだったので長い期間着ることができ、普段着とは別にお出かけ用としてとても重宝しました。高価なお祝いをいただいたので、内祝いはそれぞれが好きそうな品物を贈ると、ふたりとも喜んでくれました」(40代ママ)

出産祝いで気持ちを伝える

新生児
paulaphoto/shutterstock.com

出産祝いは、お金を贈る場合の金額やタイミングなど、一般的な相場や目安を参考にしながら、マナーを守ったうえで気持ちが伝わるものを贈りましょう。赤ちゃんが無事に生まれた喜びを共有し、がんばったママへのねぎらいも忘れずに。

家族の関連記事
  • new

    生後6カ月の赤ちゃんが寝ない理由。夜や昼間寝ないときのママたちの工夫や対応法

    生後6カ月の赤ちゃんが寝ない理由。夜や昼間寝ないときのママたちの工夫や対応法

    生後6カ月の赤ちゃんが、夜やお昼寝の時間に寝ないことで悩むママもいるのではないでしょうか。夜中起きることが続くと、どうしたらよいのかと考えることもあるかもしれません。今回の記事では、赤ちゃんが寝ないときの悩みやママたちが考える理由、夜寝ない赤ちゃんへの工夫や昼間寝ないときの対応をママたちの体験談を交えて紹介します。

  • 生後3カ月の寝かしつけ方。寝かしつけにかかる時間やコツとは

    生後3カ月の寝かしつけ方。寝かしつけにかかる時間やコツとは

    生後3カ月の赤ちゃんの寝かしつけはどのような方法がよいのかと悩むこともあるのではないでしょうか。寝かしつけにどれくらいの時間がかかるのか気になるママもいるかもしれません。今回は、生後3カ月の頃の寝かしつけの悩みや寝かしつけにかかる時間、寝かしつけ方とコツをママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 新生児の手形や足形の取り方。インクや粘土を使った方法やいつ取るかのコツ

    新生児の手形や足形の取り方。インクや粘土を使った方法やいつ取るかのコツ

    新生児の成長の記録に小さな手形や足形を残そうと考えるママもいるのではないでしょうか。子どもが大きくなったときに思い出として楽しみたいと考えることもあるかもしれません。今回の記事では、インクや粘土などの手形や足形を取るためのグッズや取り方、いつ取るかのコツをママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 生後6カ月の寝かしつけ。かかる時間と抱っこやおしゃぶりを使った寝かしつけ方

    生後6カ月の寝かしつけ。かかる時間と抱っこやおしゃぶりを使った寝かしつけ方

    生後6カ月の赤ちゃんの寝かしつけに時間がかかったり、就寝時間が遅くなったりすることもあるのではないでしょうか。どのような寝かしつけ方がよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、寝かしつけの悩みやかかる時間、ママたちが行っている抱っこやおしゃぶりを使った寝かしつけ方を紹介します。

  • 生後11カ月の生活リズム。1日のスケジュールと生活リズムを整えるポイント

    生後11カ月の生活リズム。1日のスケジュールと生活リズムを整えるポイント

    生後11カ月の赤ちゃんはどのような生活リズムで過ごすようになるのでしょうか。就寝時間や起床時間が一定しなかったりとリズムが安定しないこともあるようです。今回の記事では、生後11カ月の赤ちゃんが生活リズムを整えるポイントや一日のスケジュールをママたちの体験談でご紹介します。

  • 新生児のベビーシートはどう選ぶ?種類や乗せ方、レンタルや購入について

    新生児のベビーシートはどう選ぶ?種類や乗せ方、レンタルや購入について

    新生児を車に乗せるときに使うベビーシートをどのように選べばよいのか知りたいママもいるのではないでしょうか。購入するかレンタルするかで悩むママもいるかもしれません。今回は、新生児のベビーシートをいつから使ったのか、選んだ種類、購入とレンタル、ベビーシートへの乗せ方について、ママの体験談をご紹介します。

カテゴリ一覧