子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

4歳の頃のお昼寝はどうしている?お昼寝の起こし方や意識したこと

4歳の頃のお昼寝はどうしている?お昼寝の起こし方や意識したこと

お昼寝は必要かどうかや時間について

4歳頃の子どもは昼寝が必要なのかや、昼寝を嫌がるとき、昼寝して夜寝ないときはどうするのかなど気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、昼寝するしないや昼寝時間の目安、昼寝の起こし方や泣くときの対応などについて、ママたちの体験談を紹介します。

4歳の子どもの昼寝はどうしてる?

3歳の頃までは昼寝をしていたけれども、4歳になり昼寝をしなくなることや昼寝を嫌がる子どももいるようです。4歳の子どもは昼寝が必要かどうか、他の子どもは昼寝をしているのか、気になるママもいるかもしれません。また、昼寝した後に起きないことや泣くことがあり、起こし方に困っているあというママもいるようです。4歳の子どもが昼寝するのか昼寝しないのかをママたちに聞いてみました。

昼寝する

「幼稚園に通っているのですが、園ではお昼寝がないので帰宅後に家で昼寝をしています。昼寝の時間が少し遅いので長く寝すぎると夜寝ないこともあります」(20代ママ)

「幼稚園の活動内容次第で、家に帰ってきて寝ることもあります。運動会シーズンなどは体が疲れているのか毎日お昼寝をしていました」(30代ママ)

幼稚園から帰ってきた後、家で昼寝をする子どももいるようです。帰宅後だと昼寝の時間がどうしても遅くなってしまうので、どれだけ寝かさればよいのかで悩むというママの声がありました。

昼寝なし

「入園後は疲れていたのか毎日寝ていましたが、4歳になって急に寝なくなりました。『お昼寝する?』と聞くと嫌がるようになりました」(30代ママ)

「幼稚園で短い時間ですが体を休める時間があるので家では昼寝をしません。家で昼寝しないことが習慣になっているのか、休みの日も昼寝をしないので夕方は眠そうにしています」(40代ママ)

昼寝をしない子どももいるようです。眠そうにしているにもかかわらず、昼寝を嫌がりもっと遊びたいとぐずることがあるというママの声もありました。

4歳の子どもの昼寝時間の目安

お昼寝中の女の子
iStock.com/kwanchaichaiudom

4歳頃の子どもの昼寝について、実際にどのくらいの時間昼寝をしていたかママたちに聞いてみました。

時間を決める

「あまり長くお昼寝をすると夜寝ないので時間を決めるようにしています。2時間は超えないように気をつけています」(30代ママ)

夜の就寝に影響しないように、子どものお昼寝時間を決めて起こすようにしているママもいるようです。何時間と睡眠の時間を決めたり、3時までには起こすなど起こす目安時間を決めたりするのもよいかもしれません。

起きるまで

「途中で起こすと機嫌が悪いので、起きるまで寝かせていました。その方が子どももすっきりと起きてきてくれます」(30代ママ)

子どもが起きるまで寝かせていたというママもいました。寝ている間に家事などをすまし、ママに余裕ができた段階で起こすという声もありました。

4歳の子どもの昼寝の起こし方

4歳の子どもが昼寝から起きないときや起きて泣くときに、ママたちはどのような工夫をしていたのでしょうか。ママたちが実践している起こし方を聞いてみました。

スキンシップをしながら起こす

「子どもの体を優しくさわりながら、声をかけて起こします。目が覚めるまでは時間がかかりますが、割と機嫌よく起きてくれると思います」(30代ママ)

子どもの体をさわってスキンシップをとりながら起こすというママの声が聞かれました。ママの手の感触などが感じられれば、子どもも気持ちよく起きることができるかもしれませんね。

音楽をかける

スピーカーで音楽をきく
iStock.com/blackred

「子どもの好きな戦隊もの音楽をかけて起こしています。寝起きがよくないことが多いのですが、この起こし方だとすぐに目を覚ましてくれます」

子どもの好きな音楽を流して起こしているママもいるようです。子どもが楽しく目覚められるよう、子どもが好きな音楽をいろいろと用意しておけるとよいかもしれませんね。

生活音をたてる

「寝かせていたいときは私も静かにしていますが、起こしたいときはキッチンに立ったり、家事をしたりして意識的に音をたてるようにしています。生活音をたてることは自然に子どもを起こすことができる起こし方だと思います」(30代ママ)

生活音をたてて、子どもを起こしているとの声がありました。料理を作るなどの生活音が聞こえると、子どもが自然と目覚めるのもよいかもしれません。

昼寝をするときに意識したこと

お昼寝をするとき、ママたちはどのようなことを意識したのでしょうか。ママたちが実践したことを聞いてみました。

昼寝の環境を整える

「短時間で深く眠れるように、カーテンを閉めて部屋を暗くしました。部屋が暗いせいなのか子どもも寝つきがよく、部屋が明るいときよりも早く寝るようになりました」(30代ママ)

お昼寝をするときに、カーテンを閉めて部屋を暗くするなどのお昼寝の環境を整えてみてもよいかもしれません。他の家族がいる場合は、音などにも注意してあげられるとよさそうです。

子どもの様子を見て判断する

「子どもが園の行事や夜遅くまで起きていて、疲れていていそうなときは少し長めにお昼寝をさせました」(30代ママ)

「前の日の夜にたっぷり寝て元気なときは、お昼寝なしにしています。夕方に眠くてぐずってしまうときは、早めに夕食を済ませて寝かせるようにしています」(30代ママ)

子どもが疲れていそうなときは、少し長めにお昼寝をさせているママもいるようです。子どもが体力がありそうなときはお昼寝なしにする、夕方機嫌が悪くなってしまうときは早めに寝かせるなど、子どもの様子を見て昼寝の時間やタイミングなどを判断できるとよさそうです。

4歳の子どもの昼寝は様子を見て決めよう

昼寝中の女の子
iStock.com/TAGSTOCK1


4歳の頃は、昼寝を嫌がる、昼寝すると夜寝ないという子どももいるようです。子どもが昼寝から起きないときや、起きて泣くときは、起こし方や時間を工夫するとよいかもしれません。昼寝あり昼寝なしは子どもの様子を見て、必要かどうかを判断してあげられるとよさそうですね。

2019年01月06日


2

    jk
    子どもの頃は夜以外は全然眠くならなかったなぁ。

    OK
    4歳の頃は保育園にいたので、お昼寝の時間があったような気がする。 あまり長い時間ではなかったですが、とっていました。

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事