子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食作りに便利なミキサー・フードプロセッサー・すり鉢・裏ごし器などの活用術

離乳食作りに便利なミキサー・フードプロセッサー・すり鉢・裏ごし器などの活用術

最近は離乳食づくりに便利なグッズがいろいろありますよね。そこで今回は、ブレンダー、ミキサー、フードプロセッサー、すり鉢、裏ごし器など、離乳食作りに便利な調理器具の特徴や使い方のポイントなどをご紹介します。

離乳食づくりに便利な調理器具

子どもの離乳が完了するまでは、月齢や子どもの能力に合った離乳食が必要となることが多いです。離乳食を作るときは味付けも重要ですが、食材を食べやすい状態にしてあげることもポイントになります。

しかし、一つ一つペースト状にしたり刻んだりするのは、ちょっと手間ですよね。そこで活躍するのが調理器具です。調理器具を上手く活用すれば、調理の手間と時間を減らすことができるでしょう。今回は、ブレンダーやミキサー、フードプロセッサー、すり鉢、裏ごし器をご紹介します。

細かくするのに便利な調理器具

便利な調理器具は
279photo Studio/Shutterstock.com

離乳食作りで必要になってくるのは、食材を切ったりペースト状にしたりする作業。包丁を使えば細かくもできますが、時間も手間もかかるでしょう。そこで活躍するのが食材を細かくしてくれる調理器具です。

ブレンダー、ミキサー

ブレンダーやミキサーは食材をペースト状、液体状に変えたり、かき混ぜたりすることができます。離乳食初期の調理に便利そうですね。離乳食中期以降や離乳食完了後は、ブレンダーやミキサーをスープ作りやジュース作りに活用できるでしょう。ブレンダーやミキサーを活用しているママのなかには、オリジナルの調味料を手作りしている人もいるようです。

フードプロセッサー

食材を細かくするのに便利なフードプロセッサー。

使用時間を変えるだけで、食材の大きさを変えることができます。フードプロセッサーは、にんじんなどの固い食材から豆腐などの柔らかい食材まで幅広く使用できるのも活用しやすいポイントです。また、内部の刃を変更すれば食材を混ぜたりこねたりすることもできます。

すり鉢

すり鉢は、食材をペースト状にするのに便利です。食材の大きさを目で確認しながらすり潰すことができるので、食感を残した状態からきれいなペースト状まで思い通りの状態に仕上げることができます。

離乳食ですり鉢を使用したママの声では、「ごはんをすり潰すのに使用した」という意見が多くありました。すり鉢を使用すればごはんの状態を子どもの成長に合わせて変えられるので、離乳食初期から後期まで長く活用できるでしょう。

裏ごし器

裏ごし器はごはんや茹でた野菜などを裏ごし、なめらかな状態にします。口に入れた食材をそのまま飲み込む、離乳食初期に重宝するでしょう。裏ごし器は、繊維が多いさつまいもやほうれん草などを食べやすくしてくれます。

加熱に役立つ調理器具

離乳食づくり
Radu Bercan/Shutterstock.com

離乳食では、茹で野菜や加熱した肉や魚を多く使用します。ここでは、食材に熱を通すときに役立つ調理器具をご紹介します。

電子レンジ

じゃがいもやニンジンなど、固い野菜の時短調理に電子レンジを使っているママも多いと思います。また最近は電子レンジ専用の調理器具もあり、火を通すより早く熱が入る場合が多いようです。

ある程度柔らかくなったものをブレンダーやミキサー、裏ごし器で調理するとよいでしょう。

炊飯器

離乳食調理器具のなかには、ご飯を炊きながら5倍粥や10倍粥を作る離乳食専用のおかゆポットが販売されています。おかゆポットを活用すれば、刻んだ野菜をいっしょに茹でたりスープを作ったりすることも可能です。

また、箱状に織ったクッキングシートに野菜を入れてお米といっしょに炊くと、簡単に離乳食ができあがりそうですよね。

小さめの片手鍋

小さめの片手鍋は、面積が小さいので早く熱が通ります。早く離乳食を作りたいときや、少量だけ作りたいときに便利です。

選ぶポイント

離乳食作りに便利な調理器具は種類もさまざま。そこで、調理器具を選ぶときのポイントを考えてみました。

洗いやすい

離乳食で使用する調理器具は、清潔にして使用したいですよね。衛生面を考えると洗いやすい調理器具がよいのではないでしょうか。部品が分解しやすいという点も選ぶポイントになりますね。

耐久性

調理器具を長く使用したいなら耐久性も重要なポイントです。ブレンダーやミキサー、フードプロセッサーを選ぶときは、刃の強度や部品の耐久温度などを確認するとよいでしょう。また、シリコン素材の調理器具も耐久性に優れています。

離乳食時期が過ぎても使える

離乳食時期だけしか使えないものよりは、長く活用できる調理器具の方が経済的によいかもしれません。離乳食用に調理器具を購入するときは、離乳食以外でどんな使い道があるかに考えておくとよいでしょう。

便利な調理器具で離乳食づくりを最適に

離乳食に便利なブレンダーなど
Natee K Jindakum/Shutterstock.com

大人用のごはんと離乳食では調理方法や味付けが異なるので、離乳食作りが負担になることもあるかもしれません。しかし、便利な調理器具を使うことで効率よく作ることができればママにとっても赤ちゃんにとってもよいことですよね。ブレンダーやミキサー、フードプロセッサー、すり鉢、裏ごし器などを上手く活用できたらよいですね。

2018年01月03日

家族の関連記事
カテゴリ一覧