子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月08日

寝かしつけ時の帰宅など旦那さんについ、イライラ。ママたちの体験談と解決策

寝かしつけ時の帰宅など旦那さんについ、イライラ。ママたちの体験談と解決策

子どもの寝かしつけのときに旦那さんがタイミング悪く帰ってきて子どもが起きてしまう、時間をかけて寝かしつけているのに旦那さんはゆっくり寝ているなど寝かしつけのときの旦那さんの行動にイライラを感じたり、怒鳴ることでケンカになる場合もあるようです。イライラを感じる場面と解決方法をママたちに聞いてみました。

寝かしつけのときに旦那さんについ、イライラ

「子どもがもうすぐ寝そう」というときに旦那さんの行動で子どもが起きてしまってイライラしたことはないですか。ママ友たちと会話をしているときに「あるある」と話題になった経験があり「子どもの寝かしつけのときに旦那さんにイライラした経験はありますか」というのをママたちに聞いてみました。

【体験談】旦那さんにイライラする場面

テレビゲームの音

子どもを寝かしつけているときに旦那さんがテレビゲームを始め、ボリュームが急に大きくなったところで子どもが起きてしまうことが多いです。

旦那さんにゲームをやめてほしいと声をかけると「自由時間までなくさないでくれ」と言われ、ゲームをそのまま続けたり、テレビゲームをやめて携帯ゲームを始めるので「私には自由時間ないのに!」とイライラするけれど、比較的に家事も育児も手伝ってくれているので「確かにそうだよな」という気持ちにもなります。

帰って来るタイミングが悪い

もう少しで寝そうなときに「ただいま」と帰って来て子どもが起きてしまい、イライラ。いつも帰って来るタイミングが悪いので会社を出たときに連絡するようにお願いし、帰って来る時間の寝かしつけは避けようと思っていたのですが、旦那さんが連絡をまめにするタイプではなかったので続きませんでした。

寝かしつけているときにタイミング悪く帰ってきて、子どもが起きてしまいイライラするというコメントはほかのママからもありました。

状況が読めない

寝室で寝かしつけているときに、リビングから「ママ」と呼ばれ、「今、子ども寝かしつけてるの!状況見てよ!」とイライラします。

ほかにも、「寝室を真っ暗にして寝かしつけているところに帰ってきて、電気とテレビをつけるので、明るさで子どもが起きてしまった経験があります」というコメントもありました。

寝かしつけたいのに子どもと遊んでしまう

パパと子ども

旦那さんは、仕事の関係で家に帰って来る時間が遅いのですが、少し早めに帰ってきたときに「子どもと遊びたい」と言い、寝そうだった子どもを起こし、少しだけ遊んで仕事に戻ったときに「起こすだけ起こして遊ぶのもう終わり?」と思ってイライラを感じました。

「仕事から帰ってきたときに子どもが起きているとうれしく、子どもも『パパだ!』と起きて遊び始め『せっかく寝かけていたのに』と思ってイライラしました」と、子どもが寝そうだったのに、いっしょに遊び始めて起きてしまうことにイライラしているママが複数いました。

ゆっくりしているだけで何もやらない

寝かしつけたら、残っている家事や仕事をやろうと思っているときに旦那さんがお風呂も入り終わり、お酒を飲みながらゆっくりしているのを見ると「家事くらい手伝ってよ!」と思ってしまいます。

【体験談】寝かしつけが上手くいかずに困ったこと

自分の自由な時間が減る

・子どもを寝かしつけたら役所に提出する書類を書こうと決めていました。しかし、寝かしつけに時間がかかり、その日に書こうと思っていた書類が書けず、あと伸ばしになり、書類の期限が切れてしまったときがありました。

「寝かしつけに時間がかかり、見たいテレビが見れない」などのコメントもあり、寝かしつけに時間がかかると自分の時間がなくなって困ると感じているママが多くいるようです。

旦那さんとのケンカにつながる

・子どもが寝てから旦那さんと大切な話し合いをしようと考えていても時間が取れず、思っていることが伝えられずに溜まっていき、ケンカになります。

・家事がどんどんあと回しになってイライラしているうえに、旦那さんが気持ちよさそうに寝ている姿を見ると「子どもを起こしたのに自分は寝てるのか」と、つい文句を言ってしまいケンカになります。

睡眠時間が減る

・家事や自分のお風呂の時間が遅くなり、睡眠時間が減ります。

・添い乳だったので、ぐっすり眠れず体力的に苦しくなり、体調を崩した経験があります。

家事が進まない

・洗い物や次の日のご飯の準備など残っている家事が進まないのがとても困ります。

子どもの体調が悪くなる

・子どもの睡眠が減ると必ず体調を崩してしまい、病院に行くことになるので、子どもの健康を考えて寝かしつけの時間には少し神経質になっていたかもしれないです。

イライラの解決方法

寝かしつけるのをやめる

・寝かしつけていると自分が眠くなり、子どもより先に寝てしまうときがあります。そのときは、旦那さんが子どもと遊んでくれ、子どももある程度遊んで眠くなると、自分でママのところに戻ってきて寝るので旦那さんに頼っていますね。

・頑張って寝かしつけようとしてもなかなか寝てくれません。頑張って寝かしつけても自然と寝るのを待っていても同じだと思うので、最近は、寝かしつけるのをやめてなりゆきに任せています。

諦める

・イライラして旦那さんに怒鳴っても「わざとやってるわけじゃない!」と言われるので、怒鳴るのをやめて諦めています。ケンカになるより諦めた方が気持ちが楽なので、旦那さんに怒鳴るのは10回に1回くらいにしています。

旦那さんにも寝かしつけをお願いする

・旦那さんは寝かしつけの時間をそこまで気にしていないのが良かったのか、寝かしつけをお願いしたらママより早く寝かしつけられました。旦那さんが寝かしつけをしている間に家事が進められて効率も良くなりました。

イライラするけれど微笑ましくなる

・寝かしつけのときに子どもと遊び出すのはイライラするけれど、ママと過ごす時間が多かったため、パパと子どもがいっしょに過ごす時間も大切かなと思っています。子どもとじゃれあっている姿を見ると微笑ましくもなり「まぁいいか」と許せます。

頑張りすぎず、旦那さんに任せてみる

時間をかけて寝かしつけをしているのに旦那さんの行動で子どもが起きてしまってイライラを感じているママは多いようです。

パパと子ども

イライラから怒鳴ることもあるかもしれませんが、ときには頑張り過ぎずに寝かしつけることを一旦時の流れにまかせてみたり、旦那さんに任せてみるのももよいのかもしれないですね。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧