子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

子どもの遠足のお弁当。簡単で食べやすいおかずの切り方やアレンジ

子どもの遠足のお弁当。簡単で食べやすいおかずの切り方やアレンジ

幼稚園や保育園の遠足を楽しみにしている子どもたち。特に年少さんは初めて遠足に行く子もいるので、食べやすいお弁当の工夫をしてあげたいですよね。少し暖かい日には、おかずが傷まないように配慮したりする工夫も必要です。今回の記事では、年少さん向けのお弁当づくりの工夫をご紹介します。

年少さんも食べやすい遠足お弁当の工夫

遠足では普段の机やイスがある状況ではなく、レジャーシートなど地べたに座ってお弁当を食べるので、食べやすさが必要です。年少さんでも食べやすい、お弁当の工夫をご紹介しましょう。

一口サイズで手軽につまみやすいもの

一品一品のサイズが大きすぎると、ひと口では食べきれなかったものが落ちてしまったり、食べにくかったりします。

ご飯は小さめのおにぎりにしたり、おかずも一口サイズのものにすると、手軽につまみやすくなるでしょう。

例えば、ハンバーグもお弁当用に小さめのものを用意したり、うずら卵などフォークでひと刺しすれば食べられるようなおかずにしたりすると、年少さんでも食べやすいです。

つかみにくいものには、ピックを

お箸で食べる場合につかみにくかったり、フォークでも刺しにくかったりするおかずには、ピックを付けてあげると便利です。プチトマトはツルツルと滑ってなかなかつかみにくい上に、フォークで刺すと中の汁が飛び出てくることもあるでしょう。事前にピックを刺しておいてあげると、ピックをつまんで食べられるので、とても食べやすくなります。

また、コーンや枝豆などの小さいおかずも、ピックに刺してあげると食べやすくなります。連続して刺して串団子のような状態にして入れれば、場所も取らないうえに、見た目のかわいらしさを演出することも可能です。

骨や皮、種は取っておく

肉や魚の骨や皮などが付いていると、食べるのに時間がかかってしまうので、先に取っておいてあげましょう。またデザートの種も取り除けるのであれば先に取っておくと、そのまま一口で食べられて、おいしく食べられるでしょう。

遠足のお弁当

おかずが傷まないための工夫

気温によっては、お弁当が傷まないかどうかもママは気になりますよね。おかずが傷むことなく、子どもが安心して食べられる方法をご紹介します。

おかずの上に抗菌シートを敷く

おかずにひと工夫をするのではなく、抗菌のシートを使う方法がおすすめです。100円均一ショップやドラッグストアにで入手できます。

使い方も、おかずの上に敷くだけと簡単です。忙しい朝に簡単にできる方法は、ママにとっては心強いですよね。

保冷剤を入れる

保冷剤が家の冷凍庫にたくさんある、という家庭も多いのではないでしょうか。ケーキやお菓子を買ったときに付いてくる保冷剤を、お弁当袋の中にいっしょに入れておくと便利です。

冷えた空気は上から下にいくので、お弁当箱の上に置いて、バンドでいっしょに留めておくといいでしょう。

また、保冷剤代わりにゼリーを凍らせていっしょに入れておく方法もおすすめ。手軽かつ子どもも喜ぶ工夫のひとつです。お弁当を入れるバッグ自体を保冷バックにしておくことを忘れずに意識しておくとよいでしょう。

遠足だからこそいつもよりかわいいお弁当に

遠足の楽しみのひとつと言えば、みんなでのお出かけはもちろん、ママが作ってくれたお弁当。特別な日だからこそ、いつもよりかわいいお弁当にしてあげたいですよね。

時間がなくても簡単なひと工夫で、かわいらしくできる方法をご紹介します。

ピックやカップなどカラフルな色や柄のもの

おかずやご飯にひと工夫する暇がない!というママにおすすめなのは、事前にカラフルな色やかわいらしい柄のピックやカップを用意しておくこと。

一色のものを使うよりも、色んな色があった方が鮮やかで、見た目もかわいらしくなります。ピックを刺すだけ、カップに入れるだけでいいので、時間がない朝にもぴったり。

型抜きで飾る

にんじんやハム、スライスチーズなどを、ハートや星型の型で抜き取ってお弁当のところどころに飾ってあげると、かわいらしいお弁当ができます。

にんじんが苦手な子どもも、特別な空間でかわいらしい見た目に思わず食べる、なんてことも期待できるかもしれません。

のりパンチでおにぎりに顔をつける

おかずだけでなくおにぎりにもひと工夫をしてあげましょう。

お弁当グッズで、のりをくりぬけるのりパンチを用意しておくと便利です。はさみでのりを切り抜くのは、なかなか器用ではないと難しいもの。のりパンチは100円均一ショップで簡単に手に入れられます。

顔になるようなものや動物になるようなものもありますよ。

切り方でアレンジ

ちょっと切り方をかえるだけで、かわいらしいおかずになるものです。

例えばウインナーは、端っこに切れ目を入れてあげてから焼くと、タコの足のようにクルッと丸まってくれます。

他にも、卵焼きを切り分けた後、横に倒して斜めに切って、片方を反対にして切り口を引っ付けると、ハートの形にすることができるのです。

食べやすいお弁当で遠足をより楽しく

子どものお弁当を作るママ

いつも遊んでいる幼稚園から出て、みんなでいっしょにお出かけする遠足は、子どもにとって特別なイベントです。

おかずの見た目はもちろんですが、簡単で食べやすいおかずの切り方やアレンジで、子どもが食べやすいお弁当を持たせ、さらに特別な日を過ごせるようにしてあげましょう。

2017年10月11日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧