子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食はいつから?レーズンの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食はいつから?レーズンの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食のレーズンはいつから始めればよいのか、離乳食初期・中期・後期・完了期別に解説していきます。

レーズンを離乳食で始める前に

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。今回はレーズンです。

果物を離乳食に取り入れるときは、お米のお粥や野菜、豆腐や白身魚などに慣れてから、与える食材を増やしていくときに取り入れるとよさそうです。レーズンは硬いのでやわらかくしたり、細かくしたりして離乳食に用いられることがあるようです。

いつから食べさせてよい?

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

進め方の目安

離乳食初期(5~6カ月)

食事のタイミングは、体調やご機嫌が良いなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。

離乳食中期(7~8カ月)

離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。

離乳食後期(9~11カ月)

生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。


離乳食完了期(12~18カ月)

1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つと言えそうです。

出典:「Ⅱ離乳編」/厚生労働省

目安の量

離乳食の量
buriburi/Shutterstock.com

調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態
子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)
1回当たりの目安量は20~30g


離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)
1回当たりの目安量は30~40g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)
1回当たりの目安量は40~50g

レーズンを使った離乳食のメニュー例

レーズンヨーグルト

「11カ月の頃に作ったメニューです。レーズンは硬いので初めは刻んでヨーグルトに入れて与えました。レーズンがやわらかくなり、ヨーグルトに甘みが移って食べやすかったようです」(20代ママ)

初期や中期でみかんやバナナなどの食べやすい果物を与えた後、後期以降に初めてレーズンを与えたというママが多いようです。器にヨーグルトを入れ、レーズンを使って目や口に見立て、動物などの顔を作るママもいるようです。手軽にできて子どもも喜びそうな盛り付けですね。

かぼちゃとレーズンのサラダ

「完了期の頃に作りました。加熱してつぶしたかぼちゃに細かく切ったレーズンとヨーグルトを加えて混ぜ合わせます。パンに挟んでサンドイッチにすることもありました。しっとりとして甘いサラダなのでよく食べてくれました」(30代ママ)

後期や完了期頃になると洋風のメニューも離乳食に取り入れ、さまざまな味を経験できるよう工夫しているママもいるようです。

気をつけていた点

与える量

「レーズンは甘みが強いので、使う量に気をつけました。離乳食ではアクセントに使う程度でたくさん与えないようにしていました」(40代ママ)

レーズンの甘みを気にするママが多いようで、与える量は少しにしていたと話すママが多かったです。

やわらかくして、小さくカットする

「レーズンは水分が少なく硬いのでやわらかくなる調理をしています。レーズンが喉につまらないよう初めは小さく切っていました」(20代ママ)

お湯につけてやわらかく戻すなど、食べやすいように気をつけているママが多くいました。レーズンの甘みが好きな子どもと、レーズンが苦手な子どもがいるようなので、調理に使うかどうかは子どもに合わせるとよいかもしれません。

レーズンは離乳食後期頃から使える

レーズンの離乳食
Agnes Kantaruk/Shutterstock.com

レーズンは硬くて甘みが強いので、離乳食初期や中期に与え始めたというママが多いようです。噛むことに慣れた後期や完了期頃から取り入れるとよいでしょう。レーズンをそのまま使うのではなく、やわらかくしたり、細かく刻んだりと工夫して果物も離乳食に取り入れてみてはいかがでしょう。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照に関する内容は、2017年12月12日時点の情報となります。

2018年01月18日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧