子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年12月12日

離乳食はいつから?シチューの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食はいつから?シチューの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食のシチューはいつから始めればよいのか、離乳食初期・中期・後期・完了期別に解説していきます。

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。今回はシチューです。


シチューを離乳食で始める前に

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

シチューを離乳食に取り入れるときは、与えたことのある食材を使って調理するとよさそうです。

進め方の目安

離乳食初期(5~6カ月)

食事のタイミングは、体調やご機嫌がよいなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。

離乳食中期(7~8カ月)

離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。

離乳食後期(9~11カ月)

生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。

離乳食完了期(12~18カ月)

1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つといえそうです。

出典:「Ⅱ離乳編」/厚生労働省

目安の量

離乳食
©TOSHIHIKO - Fotolia

調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態
子どもの様子を見ながら1日1回1さじずつ始めましょう。

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)
1回当たりの目安量は50~70g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)
1回当たりの目安量は80g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)
1回当たりの目安量は100g

シチューを使った離乳食のメニュー例

手づくりシチュー

「離乳食後期の頃、途中までは大人と同じ工程で調理した具材を小鍋に取り分けて作りました。牛乳・片栗粉・バターで調理して与えたところ、よく食べました」(30代ママ)

市販のルーは塩分が気になるママもいるようで、離乳食のシチューは手づくりするママも多いようでした。

かぼちゃシチュー

「離乳食完了期の頃、じゃがいもをかぼちゃに置き換えてシチューを作りました。少量の市販のルーと昆布だし、牛乳を加えて仕上げましたが、いつもと違うかぼちゃの色に喜んでよく食べました」(30代ママ)

他にも甘みのあるさつまいもに置き換えたという声もありました。

保存方法

「保存容器のサイズより大きめにカットしたラップを敷き、シチューを入れて包みます。蓋をして冷凍庫に入れ、凍ったタイミングで保存容器から外して保存しています」(30代ママ)

ラップで包んだものを冷凍保存するというママもいるようです。この方法ならシチューをキレイに包めるので使いやすいようです。

気をつけていた点

食具の選び方

「子どもが自分でスプーンを使って食べやすいように、深さのある器を選びました。浅い器と比べてすくいやすいようでした」(30代ママ)

「口に入れやすいように、成長に合わせて口の大きさに合わせたスプーンに替えました。具はフォークに刺してから渡したら、シチューの飛び散りが少なくなりました」(30代ママ)

子どもが自分でシチューを食べるときは、具材を食べやすい大きさや、やわらかさにするだけでなく、器やスプーンに工夫できるとよさそうですね。

与える量

「おやつで牛乳を与えることもあるため、シチューに入れる牛乳の分量を考えながら1日の摂取量を超えすぎないように意識していました」(30代ママ)

「離乳食完了期の頃、大人用のシチューを取り分けて与えるようになりました。幼児用と比べて塩分が多かったのでシチューは薄めていました」(30代ママ)

ルーを少なめにして具を多めに与えていたというママもいるようです。シチュー以外のおかずを薄味にするなど工夫しているという声もありました。

離乳食でシチューを取り入れてみよう

シチューの離乳食
Africa Studio/Shutterstock.com

シチューをいつから離乳食に取り入れるか迷うママもいるかもしれません。シチューは離乳食後期・完了期から与えるママが多いようです。

身近にある食材で調理できることや、冷蔵・冷凍保存もしやすいようなので、食材や調理方法など工夫をして食事に取り入れていけるとよさそうですね。離乳食の時期が進めば大人のメニューから取り分けて調理することもできるでしょう。

家族と同じようなメニューをいっしょに食べることで食事の楽しさを伝えるのはいかがでしょうか。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照に関する内容は、2017年12月12日時点の情報となります。

レシピの関連記事
カテゴリ一覧