子どもが喜ぶお弁当作り。工夫ポイントや主食、おかずレシピ

子どもが喜ぶお弁当作り。工夫ポイントや主食、おかずレシピ

オムライスやハンバーグなどのレシピをご紹介

お弁当を用意するとき、どのようなメニューを作ろうか迷うママやパパもいるかもしれません。子どもがよろこぶお弁当を用意したいですよね。子どものお弁当を作るときのポイントや、お弁当の主食レシピとおかずレシピをご紹介します。

子どもがよろこぶお弁当作りのポイント

子供の弁当
yajima/Shutterstock.com
子どもがおいしく食べれられるお弁当を考えるなかで、どのようなメニューを用意すると子どもがよろこぶのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

子どもがよろこぶお弁当作りのポイントをご紹介します。

キャラ弁作りのアイテムを使う

子どもがよろこぶお弁当を作りたいと考えたときに、キャラ弁をイメージするママやパパもいるかもしれません。

キャラ弁作りのアイテムを使うと簡単にかわいいお弁当を作ることができるようです。

動物の目や口などの細かいパーツを簡単に切り抜くことができる海苔パンチを使って海苔を切り、おにぎりの上に添えるだけでかわいく仕上げることができるでしょう。

ハムやチーズで文字や数字を作れる抜き型もあるようです。

幼児向けのキャラクターや乗り物、動物などの形に整えることができるご飯の抜き型は、容器にご飯をつめるだけでかわいいお弁当を作ることができるでしょう。

お弁当全体の彩りを意識する

子どもが目で見て楽しめるように、お弁当の彩りを意識しながらメニューを考えるのもひとつのポイントです。

にんじんやきゅうり、トマトなど色味がはっきりとした鮮やかな野菜を取り入れると、お弁当全体の色どりがきれいになるかもしれません。

彩り豊かなお弁当を用意すると、子どももよろこんでくれるのではないでしょうか。

季節のイベントを取り入れる

こどもの日の弁当
yajima/Shutterstock.com
子どもの日やひな祭り、七夕やクリスマスなど季節のイベントを取り入れたお弁当を作るのもよいでしょう。

「4さいおめでとう」など海苔やハムなどで文字を作って誕生日ならではのお弁当を作ると、子どももよろこんでくれるかもしれませんね。

簡単に作れるお弁当の主食レシピ

子どもがよろこぶお弁当の主食レシピをご紹介します。

星のオムライス

  1. 玉ねぎ20gをみじん切りにする
  2. ソーセージ2本を幅1cmの輪切りにする
  3. 耐熱容器に1と2、ミックスベジタブル大さじ2を入れ、ラップをかけて電子レンジで1分ほど加熱する
  4. 3にご飯80gと、ケチャップ大さじ1、バター小さじ1、塩少々を加えてよく混ぜ合わせる
  5. ボウルに卵1個を入れて、塩少々を加えて混ぜる
  6. フライパンに油を熱して5を流し入れ、丸く広げて両面を焼く
  7. 6が焼けたら、小さいサイズの星の抜き型で、薄焼き卵の中心あたりを数か所くり抜く
  8. お弁当に4をつめて、上に7をかぶせ、抜き型で抜いた星をのせる
星形の抜き型の他に、ハートや動物の形をした抜き型を使ってもかわいいオムライスを作ることができるのではないでしょうか。

ミックスベジタブルを取り入れることにより、ケチャップライスを簡単に作ることができるようです。

くるくるサンドイッチ

  1. まな板にラップを広げて、サンドイッチ用の食パンを1枚のせる
  2. 1の上にマヨネーズ小さじ1/2を薄く塗り広げる
  3. 2にサラダ菜とハム、スライスチーズを1枚ずつのせる
  4. 3をくるくると巻き、まな板に敷いたラップで包みこんで形を整える
  5. ラップを巻いたまま4等分に切り分ける
  6. ラップを外してお弁当につめる
断面が色鮮やかなくるくるとしたサンドイッチは、見た目を楽しみながらたおいしく食べられるのではないでしょうか。

果物のジャムを使ってカラフルなサンドイッチを作るのもよいでしょう。

レインボーご飯

  1. 子ども茶碗1杯ほどの量のご飯に塩を少々まぶして混ぜ合わせ、お弁当につめる
  2. はんぺん1/2枚を雲の形に切る
  3. 耐熱容器に卵1/2個と砂糖少々を入れて混ぜ合わせ、電子レンジで20秒ほど加熱し、そぼろ状にする
  4. 細長く切った海苔を4本用意して、虹の形になるように1の上にのせ、端に2をのせる
  5. 4の海苔の間を埋めるように、3と若菜などの緑のふりかけ、桜でんぶをのせる
卵や子どもの好きな味のふりかけを使って色鮮やかな虹を表現してみましょう。はんぺんの代わりにかまぼこを使ってもよいようです。

簡単に作れるお弁当のおかずレシピ

子どもがおいしく食べられるおかずレシピをご紹介します。

お花のハンバーグ

1. 赤ピーマン1個を幅2cmの輪切りにして、種とワタを取り除き、内側に小麦粉をまぶす
2. 玉ねぎをみじん切りにする
3. ボウルに玉ねぎ大さじ1と合いびき肉40g、水煮のうずらの卵1個とパン粉大さじ1、塩コショウ少々を入れて、よく混ぜ合わせる
4. 3を1につめる
5. フライパンに油を熱して、4を並べて両面を焼き、蓋をして3分ほど蒸し焼きにする

赤ピーマンの他にも、黄色や緑色のピーマンを使ったカラフルなハンバーグを作ると、お弁当が華やかになるのではないでしょうか。

ハンバーグの焼き加減を見ながら加熱時間を調節しましょう。

かにかまシューマイ

1. ボウルに豚ひき肉30gと、みじん切りにした玉ねぎ小さじ2、片栗粉小さじ2/3、オイスターソース小さじ1/3、砂糖と醤油、ごま油少々を入れて混ぜ合わせる
2. 1を3等分にして丸め、片栗粉を軽くまぶす
3. かにかま1本を3等分に切って手でほぐす
4. ボウルに3と片栗粉小さじ1/3を入れて混ぜ合わせる
5. 4を2にのせて形を整え、耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジで30秒ほど加熱する
6. 5を1分ほど蒸らし、さらに30秒ほど加熱する

お花のような見た目をしたかわいいかにかまシューマイは、子どものお弁当にぴったりかもしれませんね。

かにかまと片栗粉を混ぜ合わせることにより、肉だねによくなじみ、食感がなめらかになるようです。

シューマイを電子レンジで加熱する際は、肉にしっかり火が通っているか、状態を見ながら加熱時間を調節しましょう。

サラダスティック

1. 2cm角に切ったきゅうりを3欠片用意する
2. 一口大に切ったさつまいもを3欠片用意する
3. 鍋に水と塩少々を入れて火にかけ、2を茹でる
4. 1と3、水煮のうずらの卵3個をそれぞれ3本ずつピックに刺す

幼児向けのキャラクターデザインや、目玉の形をしたものなど、さまざまなお弁当のピックがあるようです。

きゅうりとさつまいも、うずらの卵の3色がきれいに見えるように、バランスよく刺しましょう。

子どもがよろこぶお弁当を作ろう

公園でお弁当を食べる親子
KPG_Payless/Shutterstock.com
子どもがよろこぶお弁当の簡単レシピについてご紹介しました。

海苔パンチやご飯の抜き型など、キャラ弁作りのアイテムを使うと、手軽にかわいいお弁当を作ることができるかもしれません。

主食とおかずの彩りを意識すると、子どもが目で見て楽しめるお弁当を作れるのではないでしょうか。

おいしく食べられるメニューを考えて、子どもがよろこぶお弁当を作れるとよいですね。

2020年01月17日

専門家のコメント
20
    すみっこ先生 保育士
    娘が通う幼稚園はほぼ毎日お弁当です。大変だねと言われることも多いですし、入園するまで億劫だなぁと思っていましたが、意外と楽しくお弁当作りができています✨「おいしかった」「かわいかった」と感想を言ってくれるからかもしれません🥰 シンプルなお弁当も、かわいいピックをつけたり、カップを彩りのあるものにするだけで子どもが喜ぶお弁当に変身✨します!
    りお先生 保育士
    子どもはどんなお弁当でも、お母さんが作ってくれたお弁当というだけで喜びますよ♪お弁当というものが大好きなので笑。

    キャラ弁を作る必要も、凝ったものを作る必要もないと思います。
    子どもの好きなものを詰め込んだお弁当をぜひ作ってあげてください✨
    あゆみ先生 保育士
    お弁当作りは親子のコミュニケーションにもなりますね。キャラ弁じゃなくても、大好きなお母さんやお父さんが作ってくれただけで、特別です^^
    親と離れて食事するだけでも凄いことなので、食事の時間を楽しめるよう、子どもの好きなものをたくさん入れてあげて、完食する喜びを味わえるようにしてあげるといいと思います!
    ゆか先生 保育士
    お弁当って言うだけで子どもたちはテンション上がります🎵
    凝ったキャラ弁とかを作る必要はなく子どもの好きなものを食べやすいように入れるだけで十分です😄
    食べやすいとはつまようじでさしてでも、簡単に食べられるものです。キャラ弁にこだわりすぎて親の負担が増え、作るのが嫌になってしまったら子どもも悲しいですからね。
    わか先生 保育士
    上の子が毎日お弁当の幼稚園に通っています。卵アレルギー 、野菜嫌いではじめは苦労しました…。が、100均のピックやカップで彩りを工夫したり、苦手な野菜もほんの少しずつ入れるとお弁当効果で食べてくれるように(^^)!毎日ピカピカに食べてくれるので本当に嬉しいです!
    食べやすいように、基本はおにぎりかサンドイッチ、肉系(ウインナー、唐揚げなど)、芋系(大学芋、コロッケ、アンパンポテトなど)、チャレンジ野菜少し、フルーツで毎日作っています!
    いちご先生 保育士
    子どもってお弁当好きですよね♩

    我が家では、子どもお弁当を作るとき彩りはもちろん、ピックを刺したり飾り切りをしたりして、視覚で楽しめるお弁当を意識して作っています。
    あとは、子どもが大好きな物を入れてあげることですかね☻
    ふぅ先生 保育士
    しっかりと食べ切れる量を理解して作ってあげてほしいですね☺︎お子さんに遠足先でたくさん食べてほしい、喜んでほしいという想いからとても食べきれない量が入っていることがあります。「ママにごめんなさいする」と残してしまうことを申し訳なく思う子もいます☺︎キャラ弁とかではなくても、食べ切れる量で愛情がこもっていれば最強だと思います☺︎
    みぃ先生 保育士
    園ではお互いのお弁当を「コレ好きなやつ!」「このハンバーグママが作ってくれたの!」「今日はパパ頑張ったんだって!」と嬉しそうに見せ合っています。
    子どもの好きなものを入れた結果茶色ばっかりになってしまうから100均の果物の形でカラフルな可愛いシリコンカップを使ってる、という方もいらっしゃいました☺️
    いちぽ先生 保育士
    お母さんが作ってくれるお弁当は子どもにとって特別で嬉しいんですよね。
    うちの園は週一お弁当ですが、ママのご飯おいしいと喜んで食べています。
    なごみ先生 保育士
    あまり上手にキャラ弁などを作れないので、切ってあるキャラ海苔をのせています。あとは今は100均でもキャラクターのアルミカップが売っているのでそれを使っています。それだけで十分喜んでくれます。
    ろろ先生 保育士
    気合を入れてキャラ弁を作ってくださるお母さんは器用で羨ましい限りです✨
    子どもたちのお弁当をみても様々で見ているこっちもつい『おいしそう』『あれ(キャラクター)だ‼』とわくわくしてしまいます笑
    ほかにもその子の大好きなもので埋め尽くされたお弁当も、『お母さんの愛情だなあ』としみじみ、、
    お母さんが用意してくれたというだけで子どもたちのテンションは上がりますし嬉しいと思うのでぜひその子の好きなもので作ってあげてくださいね(*˙﹀˙*)
    ぽんた先生 保育士
    玉子焼き、子どもたちに人気のお弁当鉄板メニューですよねー。なのですが、気合いを入れて、コンロにつきっきりになっていないと焦げたりして失敗に。。。さらに、心配なのは、巻いていくうちに、中側が生焼けの場合!!作ってすぐに食べるなら、生焼けのとろりした感じも美味ですが、お弁当では食中毒の危険!なので、うちでは、クレープみたいに、薄い円い玉子焼きを一枚両面焼いて、それを折りたたんでお弁当に入れてます!
    はなこ先生 保育士
    おにぎりの形やにんじん、ウインナーなど何か少しでもいつもと違う形になっているだけでも、子供は喜びます!!
    園にいた時は毎日キャラ弁の子ももちろんいました!本当にお母さんすごいと思います!みなさん得意なわけではないと思うので、ご自身でできる工夫がいちばんです♥︎︎∗︎*゚
    しまこ先生 保育士
    毎日完璧にやろうとすると負担になりますが、自分の時間と心に余裕のある日も1年に何回かはあるので、そんな時はキャラ弁を作ったりして楽しみます。
    せおみ先生 保育士
    上の子のお弁当の日にはだいたい決まったメニューですが、焼きそばを髪の毛にしたり、ご飯を細巻きにしてお花を作ったり、少しだけ手を加えています。
    ことり先生 保育士
    手作りのお弁当食べているときの子どもの顔って
    本当にいい顔してるんですよね!

    キャラ弁もいいですが
    お母さんや、お父さんの…というパワーは絶大です!

    たまにはお花形のにんじんをのっけてみるだけでも
    子どもは十分喜びます♩
    ぺち先生 保育士
    幼稚園では週に2回お弁当でしたが、キャラ弁を作るお家は1人もいませんでした!嫌いなものが入っているおうちもあったくらいで、びっくりしました!
    ですが、色とりどりでどこのお家も美味しそうでした。海苔でキャラクターが描かれていたり、サンドイッチは喜んで食べていた印象があります。
    めめ先生 保育士
    子どもが完食できるように好きなものをメインにして作ってあげるといいと思います。おにぎりを包むかわいいものやピックを刺したり簡単に可愛くできるものはたくさんありますし凝ったキャラ弁などしなくても十分喜んでもらえると思います。
    とーち先生 保育士
    幼稚園に転園してから、お弁当を作る機会が増えました。

    最初は大変だなと思っていましたが、お弁当の日になると、息子がすごーく喜んでくれます。

    ママの卵焼きが一番美味しい

    なんて、言ってくれるので、私もお弁当作り頑張れます。

    お弁当作り、私なりの工夫

    全体の彩りを気にしながら、なるべく好きなものを入れています。苦手そうなものは見た目や味付けを工夫したり、好きなものと、一緒にしたりしています。
    あー先生 保育士
    わたしも子どもがまだ小さいころはキャラ弁作ってました!今はキャラ弁キットもあるので簡単に作れましたし、わたしはよく海苔パンチを、つかって顔をつけたり、キャラクターの銀紙なんかを、よく使ってましたよ。
おすすめユーザーのコメント
1
    sh
    お弁当作りは好き嫌いが多かったので甘みのあるかぼちゃや玉ねぎをじっくり茹でてやわらかくしたりと工夫して食べやすいように工夫してました。
    徐々にいろいろなものが食べられるようになっていくたびに嬉しかったです^_^

レシピの関連記事

カテゴリ一覧