餃子に合うおかずが知りたい!副菜と主食、スープのレシピをご紹介

餃子に合うおかずが知りたい!副菜と主食、スープのレシピをご紹介

餃子に合うおかずを作るときに気になること

餃子を作るとき、おかずに何を作ろうか悩むママもいるでしょう。野菜がたくさん取れる、餃子に合う副菜のレシピが気になるママもいるかもしれません。今回は、ママたちが餃子に合うおかずを作るときに気をつけていること、餃子に合う副菜や主食、スープのレシピをご紹介します。

餃子に合うおかずを作るときに気をつけること

餃子に合うおかずを作るとき、ママたちはどのようなことに気をつけているのでしょうか。
20代ママ
野菜をたっぷり摂れるような副菜を作って、栄養バランスがよくなるように気をつけています。
20代ママ
口の中が油っこくならないように、さっぱりしたスープやサラダを作るようにしています。
20代ママ
おかずは中華風にして、餃子に合うような味つけを心がけています。主食は、チャーハンを作り中華料理の献立を意識します。
30代ママ
餃子のおかずを作るときは、中華料理のメニューで揃えています。
野菜を多く取り入れたり、味つけを工夫したりして、餃子のおかずを作るママが多いようです。

餃子に合う副菜のレシピ

春雨のサラダ
iStock.com/Jobrestful
餃子に合う副菜のレシピをご紹介します。

野菜炒め

1. 絹さやの筋を取り半分に切る
2. にんじんを短冊切りにする
3. ねぎを斜めに切る
4. 酒、砂糖、塩、醤油を合わせて調味料を作る
5. 卵を溶く
6. フライパンで卵に火を通し、半熟になったら取り出す
7. フライパンに油を足し、野菜を炒める
8. 調味料を加えて火を通す
9. 卵を加え、炒める

春雨やきくらげを入れて野菜炒めを作るママもいるようです。豚肉や魚介類を入れると、旨味が出ておいしいかもしれません。

春雨のサラダ

1. 春雨を茹で、水気を切る
2. きゅうり、ハム、にんじんを千切りにする
3. 酢、しょうゆ、砂糖、ごま油、鶏ガラスープの素を混ぜて、調味料を作る
4. ボウルに春雨と野菜、調味料を入れて混ぜる

調味料は、市販の冷やし中華のタレを使用してもよいでしょう。全て混ぜ合わせたあとに、冷蔵庫でしっかり冷やすとおいしくできるようです。

ちぎりキャベツのサラダ

1. キャベツをざく切りにする
2. 塩もみをし、しばらくおいてから水気を切る
3. ボウルにキャベツと鶏ガラスープの素を入れてよく混ぜる
4. ごま油で風味づけする

手早く簡単にできるサラダなので、忙しいママにぴったりなメニューかもしれません。中華風の味つけなので、餃子ともよく合いそうです。

餃子に合う主食のレシピ

中華丼
iStock.com/kaorinne
餃子に合う主食のレシピには、どのようなものがあるのでしょうか。

キャベツと卵のチャーハン

1. 卵を溶く
2. ねぎをみじん切りにする
3. キャベツを1cm角ほどに切る
4. フライパンに油を熱し、卵が半熟になるまで火を通す
5. ごはんを加え、炒め合わせる
6. キャベツとねぎを加えて炒める
7. 鶏ガラスープの素とコショウを加えて炒める

チャーハンは簡単に作れるので、主食に取り入れるママが多いかもしれません。ごはんは、冷や飯を使うと、パラパラとしたチャーハンに仕上げることができるようです。

中華丼

1. きくらげを水で戻す
2. 豚肉を5cmほどに切る
3. イカを食べやすい大きさにきる
4. 白菜をざく切りにする
5. にんじん、しいたけ、たけのこを薄く切る
6. フライパンでにんじん、たけのこ、白菜を炒める
7. しいたけ、きくらげ、塩コショウを加えてさらに炒める
8. 豚肉を加えて炒める
9. 火が通ったらイカとえびを加える
10. 水、酒、醤油、オイスターソース、鶏ガラスープの素を加え、中火で煮る
11. 材料に火が通ったら、水煮のうずらの卵を加える
12. 火を弱めて、水溶き片栗粉を回し入れる
13. とろみが出たらごま油を入れる
14. ごはんにかける

さまざまな食材が1度に食べられるメニューです。野菜は、火が通りにくい食材から順番に炒めるようにしましょう。

餃子に合うスープのレシピ

餃子に合うスープのレシピをご紹介します。

キャベツとかきたまのスープ

1. キャベツを手でちぎる
2. しょうがを刻む
3. 鍋に、水、鶏ガラスープ、しょうゆ、鶏ひき肉、キャベツ、しょうがを入れ、煮る
4. 水溶き片栗粉を回し入れる
5. とろみがついたら、溶き卵を回し入れて加熱する
6. ごま油を少量加える

包丁を使わず簡単に作れるスープです。ごま油としょうがの風味が効いて、おいしく食べられそうですね。

豆腐ともやしのスープ

1. 豆腐を食べやすい大きさに切る
2. もやしのひげを取る
3. 鍋に、水、鶏ガラスープの素、酒、醤油、みりんを入れて煮立たせる
4. 煮立ったら豆腐を加え、弱火で煮る
5. もやしを加え、煮立たせる
6. 水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

もやしのほかにも、ねぎやニラ、わかめを入れてもよいでしょう。キムチを入れて、辛味をつけるママもいるようです。

栄養バランスを考えて餃子に合うおかずを作ろう

料理をする親子
iStock.com/S_Kazeo
餃子に合うおかずには、野菜炒めや春雨サラダ、中華風のスープなどがあります。簡単に作れるレシピなので、メニューにも取り入れやすそうです。

主食には、白米のほかにも、チャーハンや中華丼が合うでしょう。子どももおいしく食べられるでしょう。

栄養バランスを考えて主食や副菜に野菜を取り入れたり、味つけを中華風にするなどの工夫をして、餃子に合うおかずを作れるとよいですね。

2019年11月23日

専門家のコメント
1
    ゆう先生 保育士
    我が家では、餃子といえば主食はチャーハンです。プラス野菜、海藻には食物繊維がたっぷり含まれているので、必ず合わせますね。油っこい物とセットで食べると、脂肪分の吸収を緩やかにしてくれます!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧