ピクニックの飲み物の選び方。ママたちが用意したおしゃれな飲み物

ピクニックの飲み物の選び方。ママたちが用意したおしゃれな飲み物

ピクニックに特別な飲み物を用意しよう

ピクニックの準備をするとき、どのような種類の飲み物を用意するか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。普段とは違ったおしゃれさを感じる特別なものを用意したいママもいるかもしれません。今回は、ピクニックの飲み物の選び方やレシピ、ピクニックがより楽しくなるためにした工夫を体験談を交えてご紹介します。

ピクニックに持って行く飲み物

ピクニックに行くとき、準備のひとつとして家族の飲み物を用意することもあるのではないでしょうか。移動中やランチタイムに飲むことを考えると、どのようなものを用意しようか迷うママやパパもいるかもしれません。

今回は、ピクニック用の飲み物についてママたちに聞いてみました。

ピクニックの飲み物の選び方

ピクニックの飲み物を用意するとき、さまざまな種類の飲み物からどのように選ぼうか迷うママやパパもいるようです。ママたちに聞いた、ピクニックの飲み物の選び方をご紹介します。

食事にあう

20代ママ
ピクニックに持って行く飲み物は、お弁当のメニューとあうものがよいと思いました。サンドイッチなどパンを主食としたお弁当のときは、大人用にはコーヒーを子ども用にはココアを用意すると食事との相性がよかったです。
ピクニックに持参する飲み物を選ぶとき、用意する食事にあうかを意識したママがいるようです。ママのなかからは、食事用と水分補給用の水筒を2種類用意し、シーンにあわせて飲み物を選べるように工夫したという声も聞かれました。

簡単に用意しやすい

ピクニックのジュース
Stanislaw Mikulski - stock.adobe.com
30代ママ
お弁当の準備に時間がかかると思ったので、飲み物は簡単に用意しやすい種類がよいと考えました。市販のジュースやインスタントのコーヒーなら、手軽に用意しやすいと思います。
ピクニック当日にする準備内容を考え、簡単に用意しやすい飲み物を選ぶのもよいかもしれません。ピクニック前日に購入した市販の飲み物を水筒に移し替えたというママの声もありました。

特別感

30代ママ
普段とは違う場所で食事をより楽しみたいと考え、ピクニックには特別な飲み物を用意したいと思いました。見た目もおしゃれな飲み物を用意すると「パーティーみたいだね」と家族にも好評でした。
ピクニックに特別感を演出した飲み物を選んだママもいるようです。普段、自宅では飲む機会がない種類を用意すると子どもが喜んでくれるかもしれませんね。

ピクニックに用意した飲み物のレシピ

実際に、ママたちがピクニックに用意した飲み物のレシピをご紹介します。

デトックスウォーター

20代ママ
レモンとオレンジの皮をむき、5mm幅の輪切りにして保存容器に入れます。水洗いしたミントの葉とミネラルウォーターを注ぎ、蓋をして冷蔵庫で冷やしたら完成です。
果物とミントを組みあわせたデトックスウォーターを手作りしたママがいるようです。基本のレシピをアレンジし、家族の好きな果物と炭酸水を組みあわせたというママの声もありました。

フルーツアイスティー

40代ママ
オレンジとキウイはいちょう切りにし、パイナップルとマンゴーは角切りにしておきます。ティーポットに果物とグラニュー糖、紅茶の葉を入れてお湯を注ぎます。5分程度蒸らし、氷を入れた水筒に移し替えたら完成です。
フルーツをたくさん使ったアイスティーは特別感があり、ピクニックの飲み物としても喜ばれそうですね。ピクニックをする季節にあわせて桃やぶどうなど旬の果物を使うのもよいかもしれません。

レモネード

レモネード
nadianb - stock.adobe.com
30代ママ
水洗いをして薄めにスライスしたレモン、砂糖とはちみつを保存容器に入れて全体を混ぜます。蓋をして冷蔵庫で一晩寝かし、レモネードシロップを作ります。氷を入れた水筒にシロップとミネラルウォーターを入れたら完成です。
酸味が気になるという子どもも飲みやすい飲み物のひとつとして、レモネードもあるようです。ママのなかからは、大人と上の子には炭酸水を下の子にはミネラルウォーターを使うといった、家族それぞれの好みにあわせた作り方をしているという声も聞かれました。

ピクニックがより楽しくなるためにした工夫

ピクニックをより楽しめるような飲み物にする工夫が知りたいママもいるかもしれません。ママたちに、ピクニックがより楽しくなるためにした工夫を聞いてみました。

おしゃれな入れ物を使う

30代ママ
我が家ではピクニックの飲み物を入れる容器として、蓋がついているガラス製の瓶を使っています。果物をたくさん使った飲み物を入れても外側から中身が見えるので、彩りよくきれいに見えておしゃれだと感じました。
おしゃれな見た目を意識し、ガラス製の瓶を飲み物を入れる容器として使ったママがいるようです。他にも、家族で色違いのカラフルなコップを用意したり、おしゃれな柄のタンブラーを用意したりと工夫するのもよいかもしれません。

ストローを用意する

20代ママ
ピクニックの飲み物は、1つの水筒からコップに注いで飲もうと考えていました。子ども用としてストローの途中部分がハートや星型のものを用意すると「今、星のところを通ってきたね!」と子どもが大喜びでした。
ユニークな形のストローを用意すると、楽しいランチタイムになりそうですね。ママのなかからは、家族の人数にあわせて色や柄の違うストローをそれぞれ用意すると、同じコップを使っていても見た目が華やかになったという声も聞かれました。

ピクニックの飲み物は家族の好みにあわせて

ピクニックを楽しむ親子
TAGSTOCK2 - stock.adobe.com

子どもといっしょにピクニックに行くとき、どのような飲み物を用意しようか考えるママやパパもいるようです。ピクニックでは、特別感のあるおしゃれな飲み物を用意すると家族に喜ばれたというママもいました。

フルーツアイスティーやレモネードなどさまざまな種類の飲み物のなかから、家族の好みにあわせたものを用意してピクニックに出かけられるとよいですね。

2019年11月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ