コロッケと合う副菜やスープ。魚介や肉を使ったおかずのレシピ

コロッケと合う副菜やスープ。魚介や肉を使ったおかずのレシピ

コロッケと合うおかずを決めるとき

コロッケを食べるとき、どのようなおかずを合わせたらよいか悩むママもいるでしょう。今回は、ママたちがコロッケと合うおかずを作るときに考えていること、副菜やスープ、魚介や肉を使ったおかずのレシピについてご紹介します。

コロッケと合うおかずを作るときに考えること

ママたちは、コロッケと合うおかずを作るとき、どのようなことを意識しているのでしょうか。
20代ママ
コロッケの他にも、肉や魚と野菜が食べられるような副菜を用意しています。
30代ママ
子どもがコロッケを食べないときがあるので、もし食べなくても他の料理で栄養がとれるように意識しています。
20代ママ
コロッケは油を多く使うので、さっぱりした味のおかずを作るようにしています。
栄養バランスを考えて、さまざまな食材が食べられるようなおかずを用意するママが多いようです。

コロッケと合う副菜のレシピ

コロッケと合う副菜のレシピをご紹介します。

トマトと豆腐のサラダ

トマトと豆腐のサラダ
iStock.com/gkrphoto
1. 豆腐をキッチンペーパーで包み、水気を切る
2. トマトをくし切りにする
3. 大根の皮をむき、千切りにする
4. ボウルに野菜、豆腐、オリーブオイル、塩コショウを入れる
5. 豆腐を崩しながら混ぜる

トマトと豆腐のサラダには、アボカドや大葉を加えてもよいでしょう。オリーブオイルをごま油に変えて、風味を変えてもおいしいかもしれません。

にんじんマリネ

1. にんじんの皮をむき、千切りにする
2. ボウルに、にんじんと少量の塩を入れ、にんじんがしんなりするまで手でもむ
3. にんじんを両手で絞り、水気を切る
4. 酢とオリーブオイル、砂糖、ブラックペッパーを加えて混ぜる

にんじんのマリネは簡単にできて、彩りもよいのでメニューに取り入れるママも多いのではないでしょうか。小さな子どもが食べるときは、ブラックペッパーを入れずに作るとよいかもしれません。

シーザーサラダ

1. レタスを洗い、水をよく切り、食べやすい大きさにちぎる
2. ミニトマトを洗い、半分に切る
3. ベーコンを1cm幅に切り、こんがり焼く
4. 鍋に入れた水を沸騰させる
5. 火を止めて卵を入れて15分ほど置き、温泉卵を作る
6. マヨネーズ、粉チーズ、酢、レモン汁を混ぜ、ドレッシングを作る
7. 器に食材を盛りつけ、ドレッシングをかける

小さな子どもがいる家庭は、しっかり火を通した茹で卵の方が安心かもしれません。クルトンや小さく切ったバゲットを盛りつけてもよいでしょう。

コロッケと合うスープのレシピ

コロッケと合うスープには、どのようなものが合うのでしょうか。

わかめスープ

わかめスープ
iStock.com/jreika
1. 玉ねぎを薄く切る
2. 鍋に、水、玉ねぎ、鶏がらスープの素を入れ、煮立たせる
3. 玉ねぎが透き通ったら、わかめと少量のごま油を加える
4. 醤油や塩コショウで味を整える
5. ゴマを加える

さっぱりしたわかめスープは、コロッケと合いそうですね。長ネギや卵を入れたわかめスープもおいしいかもしれません。

ミネストローネ

1. じゃがいも、にんじん、玉ねぎの皮をむき、1cm角に切る
2. にんにくをみじん切りにする
3. スパゲティを3cmほどに切る
4. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて、香りが立つまで弱火で熱する
5. 野菜を加えて中火で炒める
6. トマト缶を加える
7. 水とコンソメの素、パスタを加え、蓋をして10分ほど煮る
8. 塩コショウで味を整える

ミネストローネは、じゃがいもやにんじんのほかにも、キャベツやれんこんなどさまざまな野菜を入れて作るママがいるようです。盛りつけには、粉チーズやパセリを振りかけてもよいでしょう。

コロッケと合う魚介や肉を使ったおかずのレシピ

栄養バランスを考えて、野菜を使った副菜だけでなく魚介や肉をおかずに取り入れるママもいるようです。コロッケと合う、魚介や肉を使ったさっぱりしたおかずのレシピをご紹介します。

シーフードマリネ

1. 玉ねぎを薄く切り、水にさらす
2. パプリカを千切りにする
3. 水にさらした玉ねぎの水気を切る
4. ボウルに、玉ねぎ、パプリカ、ボイルえび、ボイルほたてを入れる
5. フレンチドレッシングを加え、塩コショウ、酢で味を整える

マリネ液として市販のフレンチドレッシングを使わずに手作りするときは、オリーブオイルと酢、塩コショウで作ることができます。酢の代わりに白ワインビネガーを使うママもいるようです。

ささみとオクラのポン酢和え

1. 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらささみを入れる
2. ささみの中まで火が通ったら、鍋から取り出し粗熱を取る
3. ささみを食べやすい大きさにほぐす
4. オクラをさっと茹で、粗熱が取れたら乱切りにする
5. ボウルに、ささみ、オクラ、すりごま、ポン酢を入れて和える

ささみとオクラを使ったさっぱりとしたおかずです。ささみを調理するときは、しっかり火を通し、筋を取り除くようにしましょう。

栄養バランスを考えてコロッケのおかずを作ろう

食事をする男の子
iStock.com/monzenmachi
コロッケには、野菜が摂れるようにシーザーサラダやにんじんマリネ、ミネストローネを合わせるとよいでしょう。トマトと豆腐のサラダやわかめスープは、さっぱりとした味のおかずを作りたいときにぴったりかもしれません。

魚介や肉を使ったおかずを作るときは、マリネやポン酢を使ったさっぱりとした味つけにすると、コロッケといっしょに食べやすいようです。

味つけや、主菜と副菜のバランスを考えて、コロッケと合うおかずを作れるとよいですね。

2019年11月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧