オムライスに合うおかず。簡単に作れるコロッケやサラダなど

オムライスに合うおかず。簡単に作れるコロッケやサラダなど

オムライスに合うおかずを作るポイント

オムライスが食べたいという子どものリクエストでオムライスを作るママもいるのではないでしょうか。オムライスだけでは物足りないと感じたり、栄養バランスを考えたとき、オムライスに合うおかずが気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、オムライスに合うおかずやスープ、サラダの簡単レシピをご紹介します。

オムライスに合うのはどんなおかず?

ケチャップやデミグラスソース、ふわふわな卵やトロトロな卵など、いろいろなバリエーションのあるオムライスは子どもにとっても大人にとっても人気のあるメニューのひとつかもしれません。

一皿でもおいしく食べられるオムライスですが、調理の間におかずを作ることができると嬉しいですよね。おかずを添えてオムライスをもっとおいしく食べてみてはいかがでしょうか。オムライスに合うおかずにはどのようなメニューがあるのでしょう。

簡単に作れるオムライスに合うおかずレシピ

オムライスに合うおかずの簡単レシピをご紹介します。

ジャーマンポテト

1.じゃがいもは皮をむいて角切りにし、水にさらす
2.玉ねぎとベーコンをスライスする
3.フライパンにオリーブオイルを熱し1と2を炒める
4.塩コショウと顆粒コンソメで味を整える

完成したジャーマンポテトにカレー粉やマヨネーズ、粒マスタードなどでアレンジを加えてオムライスに合うおかずをお好みで試してもよさそうです。

かにかまクリームコロッケ

コロッケ
iStock.com/suntakafk

1.玉ねぎをみじん切りにして、バターであめ色になるまで炒める
2.かにかまを細かく割く
3.1に小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める
4.弱火にして牛乳を少量ずつ加える
5.塩コショウとかにかまを加えてとろみがつくまで煮詰める
6.別のフライパンに油をしき、きつね色になるまでパン粉を炒める
7.粗熱を取り形成した5に小麦粉、溶き卵、6をつける
8.重ならないようオーブンに並べ加熱する

カニクリームコロッケは難しいと思うママもいるかもしれませんが、カニカマを使うことで簡単に作ることができそうです。オーブンを使った揚げないコロッケレシピなのでヘルシーに食べることができそうです。

和風きのこグラタン

1.しめじ、えのき、まいたけは石づきを取りほぐす
2.玉ねぎを薄切りにする
3.1と2をオリーブオイルで炒める
4.フライパンに小麦粉を入れて混ぜる
5.牛乳、マカロニ、だしのもと、しょうゆを加え、とろみがつくまで混ぜる
6.バターを塗ったグラタン皿に5を移し、たっぷりチーズをかけオーブンで加熱する

洋風なオムライスには、だしとしょうゆで味付けした和風のきのこグラタンが合うかもしれません。オムライスを和風にアレンジした場合は、グラタンを鶏がらスープのもとなどで味付けし、洋風に変えてみると2つの風味が楽しめそうです。

オムライスに合うサラダやスープのレシピ

オムライスに合うサラダとスープにはどのようなメニューがあるのでしょう。

ほうれんそうの温サラダ

1.ほうれんそうを食べやすい大きさに切る
2.熱したフライパンにバターを入れ1とコーンを炒める

簡単にできあがるほうれんそうのバターソテーは、オムライス作りのちょっとした合間に作れるかもしれません。鉄分が豊富なほうれんそうを取り入れられる嬉しいレシピです。

マカロニサラダ

マカロニサラダ
© to35ke75 - Fotolia

1.マカロニと卵を茹でる
2.薄く輪切りにしたキュウリを塩もみし、ハムを食べやすい大きさに切る
3.ゆで卵をエッグカッターで切る
4.ボウルに1、2、3を入れツナ、マヨネーズ、酢を入れ混ぜる

酢の酸味とマヨネーズのまろやかさがオムライスのお口直しになりそうなおかずレシピです。ツナや卵の入ったマカロニサラダは子どもも喜んで食べてくれるかもしれません。

クラムチャウダー

1.シーフードミックスを解凍しておく
2.じゃがいもとにんじんを食べやすい大きさに切る
3.玉ねぎをみじん切りにする
4.鍋に2、3を入れバターで炒める
5.水とコンソメを鍋に加え、煮立ったら1を入れる
6.牛乳を加え食材がやわらかくなるまで煮込む

クラムチャウダーでシーフードを取り入れられるのも嬉しいポイントですよね。具だくさんなクラムチャウダーとオムライスは相性がよいかもしれません。

オムライスに合うおかずを作るポイント

オムライスに合うおかずを作るとき、ママたちはどのようなことをポイントにしているのか聞いてみました。

栄養バランスを考える

30代ママ
オムライスは子どもが大好きなメニューでよく作りますが、栄養バランスが偏らないか心配なのでおかずで調整をします。

栄養バランスを考えながらおかずを作っているという声がありました。野菜が取りやすいおかずを作るとバランスのよい食事になりそうですね。

下ごしらえをしておく

20代ママ
休日にまとめて野菜を切っておくなどして下ごしらえをしておくと、あと1品追加したいときにさっとおかずを作ることができます。

事前に下ごしらえを済ませているママもいました。オムライスだけでは物足りないと感じたときでも、下ごしらえが終わっていると手早くおかずを作ることができそうです。

時短メニューを取り入れる

30代ママ
オムライスは子どもが好きなメニューで簡単にできるのでよく作ります。おかずも簡単に作れるものにします。

時短メニューは、時間がないときにも手早くおかずを作ることができて便利かもしれません。付け合わせのおかずは、電子レンジで作れるレシピを活用しているママもいるようです。

おかずを添えてオムライスをもっとおいしく

オムライスを食べる赤ちゃん
iStock.com/Masaru123

オムライスに合うおかずは、クリームコロッケやグラタンのほか、サラダやスープなどいろいろあるでしょう。

栄養バランスを考えながら、下ごしらえや時短メニューを取り入れてオムライスに合うおかずを作るとよいかもしれません。

子どもがよろこぶおかずを添えて、オムライスをもっとおいしく食べられるとよいですね。

2019年11月03日

専門家のコメント
1
    ゆう先生 保育士
    ほうれん草とベーコンのバター炒めはいかがでしょうか。ほうれん草で野菜も補うことも出来ますし、ベーコンを一緒に炒めることで副菜としても十分食べごたえのある一品になります。バター炒めで風味を絶たせた方が美味しくいただくことが出来ます。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧