クリスマス仕様のパウンドケーキ。デコレーションやラッピング方法

クリスマス仕様のパウンドケーキ。デコレーションやラッピング方法

プレゼントにも喜ばれるママたちのレシピ

クリスマスにパウンドケーキを作ろうと思っているママのなかには、デコレーションのやり方やホットケーキミックスを使った簡単なレシピが気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、パウンドケーキの作り方やドライフルーツやチョコを使ったクリスマス風デコレーション、ラッピングの方法などについてご紹介します。

クリスマスに手作りケーキを用意したいとき

クリスマスに手作りでケーキを用意したいと考えているママもいるのではないでしょうか。実際にケーキを手作りしたママたちに聞いてみました。

30代ママ
友人からクリスマスパーティーに誘われたので、手作りでデザートを用意したいと思いました。パウンドケーキなら常温で置いておけるし、持ち運びも簡単そうだと思ったので、パウンドケーキを手作りしました。
20代ママ
家族のために、クリスマスに簡単な手作りおやつを用意したいと考え、パウンドケーキを作りました。パウンドケーキは材料も少なく、作り方の手順なども簡単だったように思います。
プレゼントするときに持ち運びやすそう、作り方が簡単そうなどの理由から、クリスマスにパウンドケーキを作ったママもいるようです。今回は、ママたちがクリスマスに用意したパウンドケーキの作り方や、プレゼントするときのラッピング方法などについてご紹介します。

ママたちがクリスマスに用意したパウンドケーキの作り方

クリスマスに用意したパウンドケーキの作り方について、ママたちに聞いてみました。

デコレーションパウンドケーキ

デコレーション
2xSamara.com/Shutterstock.com
30代ママ
バター、砂糖、卵、小麦粉の順に混ぜあわせて、パウンド型に生地を流し込みオーブンで焼きました。粉糖とレモン汁を混ぜてレモン風味のアイシングを作り、焼きあがったパウンドケーキの上からかけて、中央にドライフルーツなどでデコレーションしました。
20代ママ
パウンドケーキをデコレーションしたときは、あらかじめ前日にパウンドケーキを焼いて、粗熱が取れたらラップで包んで保管しておきました。翌日になると生地もしっとり落ち着いていて、デコレーションやカットがしやすかったように思います。
アイシングをパウンドケーキの上からかけて、雪化粧風のデコレーションにしたママもいるようです。アイシングの代わりに溶かしたホワイトチョコをかけたり、サンタやトナカイのチョコを上に飾ったりなど、それぞれ手に入りやすい材料で工夫してデコレーションしたようです。

デコレーションに使うパウンドケーキは前日に焼いておくなど、当日スムーズにデコレーションに取り掛かれるよう準備しておくとよいですね。

ホットケーキミックスを使った簡単パウンドケーキ

30代ママ
砂糖、卵、牛乳、菜種油を混ぜたら、ホットケーキミックスを加えて、粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜて、型に流して焼けば完成です。シリコン製のパウンド型は、型にバターなどを塗る必要がなく扱いも楽だったように思います。
簡単にパウンドケーキが作れるように、バターを菜種油で代用したり、ホットケーキミックスを使ったりなどなどそれぞれ工夫したママもいるようです。ホットケーキミックスにココアパウダーを混ぜてチョコレートケーキ風にしたという声も聞かれました。

子どもといっしょに手作りするときは、作り方が簡単なレシピを選ぶと余裕をもって楽しめるかもしれませんね。

ドライフルーツたっぷりのシュトーレン風パウンドケーキ

30代ママ
クリスマスのシュトーレンをイメージして、ドライフルーツやナッツがたっぷり入ったパウンドケーキを作りました。生地にはスパイスやブランデーをきかせて大人の味に仕上げ、くるみやレーズンなどを混ぜ込み、型に流し込んだ後、トッピング用のドライフルーツを飾って焼き上げました。
シュトーレン風のパウンドケーキを作ったというママの声もありました。持ち寄りパーティーなどで、子どもには別のデザートを用意して、パウンドケーキは大人好みの味つけにして作るのも喜ばれるかもしれません。

パウンドケーキの周りに粉糖をまぶして、見た目もシュトーレンのように見えるように工夫したママもいるようです。

プレゼントに喜ばれるパウンドケーキのラッピング

クリスマスにパウンドケーキをプレゼントしたいと考えているママもいるのではないでしょうか。ママたちにパウンドケーキのラッピングについて聞いてみました。

100均の紙型

カラフルな焼き型
Ruth Black/Shutterstock.com
20代ママ
100均の紙製の型を使ってパウンドケーキを焼き、型に入れたままプレゼントできるようにしました。型にかわいい模様が入っていたので、中身が見えるよう透明な袋でラッピングし、ワイヤー入りのリボンで括りました。
パウンドケーキを作るとき、一人ひとりに配るのか、大勢で切り分けて食べるのかなど場面をイメージしながら焼き型を選んだママもいるようです。柄入りの焼き型などは、透明な袋でシンプルなラッピングにしてもケーキが映えるかもしれませんね。

ワックスペーパー

30代ママ
友人宅でのクリスマスのホームパーティーに、パウンドケーキを持っていきました。気取らないラッピングにしたかったので、素朴な色合いのワックスペーパーでパウンドケーキを丸ごと包み、麻ひもでリボン結びにして留めました。
ワックスペーパーで、パウンドケーキを1本丸ごとくるんだママの声もありました。ホームパーティーなどシーンにあわせてラッピングを考えるのもよいかもしれません。

ワックスペーパーは、油分が染みてくることもなくラッピングに使いやすかったというママの声もありました。

セロハンの袋

30代ママ
大勢にプレゼントしたかったので、1度にたくさん作れるように大きなパウンド型で焼き、1人分ずつ切り分けてラッピングしました。子どもにも手伝ってもらいながら、ひとつずつ透明なセロハンの袋に入れて、クリスマス柄のマスキングテープやゴールドのリボンを飾りました。
1人分ずつスライスしたパウンドケーキを、透明な袋に入れてラッピングしたママもいるようです。飾りに使うマスキングテープやリボンは、クリスマスの柄や色味などを意識すると季節感が出るかもしれません。

さまざまな飾りを用意して、子どもといっしょにラッピングを楽しむのもよいですね。

パウンドケーキを手作りしてクリスマス気分を楽しもう

ケーキ作りをする親子
iStock.com/Hakase_

クリスマスにパウンドケーキを作ったママたちからは、ドライフルーツやチョコなどを使ったデコレーションの仕方や、ホットケーキミックスを使った簡単な作り方などさまざまなアイデアが聞かれました。ラッピングをするときは、用意する数やプレゼントするシーンなどにあわせてラッピングの方法を考えるのもよいかもしれません。

それぞれ工夫した手作りのケーキでクリスマスが楽しめるとよいですね。

2019年09月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧