離乳食後期に作るドレッシングレシピ

離乳食後期に作るドレッシングレシピ

野菜の活用法から保存まで

離乳食後期にドレッシングを作りたいけれど、どのようなレシピで作ればいいのか悩んでいるママがいるかもしれません。今回は、離乳食後期のドレッシングを使用したレシピをご紹介します。

離乳食後期のドレッシングのレシピ

ドレッシングを使用した離乳食後期のレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

アボガドドレッシング

30代ママ
アボガドとレモン汁少々、ヨーグルトをフードプロセッサーに入れて混ぜたアボガドドレッシングを作っていました。野菜にかけても、そのまま離乳食として食べても栄養豊富でおいしいです。

アボガドはつぶしやすくクリーミーな食感で、赤ちゃんもおいしく食べてくれるというママが多かったです。油分が多いので離乳食後期以降から与えるようにしましょう。

マヨネーズドレッシング

20代ママ
マヨネーズに少し醤油を垂らしてマヨネーズドレッシングを作っていました。茹でてほそく切ったキャベツと合わせてコールスロー風サラダにしたり、蒸した野菜にかけて使っています。

マヨネーズとポン酢を混ぜてドレッシングを作っているというママもいました。

めんつゆドレッシング

めんつゆ
© rifotolia - Fotolia
30代ママ
麺つゆを薄めたものに砂糖を少々混ぜて、甘めの味つけのドレッシングを作っていました。茹でたキャベツやにんじんにかけるとおいしく食べてくれました。

生野菜や茹でた野菜をそのまま食べるのを嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。ドレッシングで甘くしたり、少し酸味をつけたりすると食べてくれることもあるでしょう。

きのこドレッシング

30代ママ
ぶなしめじとえのきをみじん切りにし、少量のバターでよく炒め、ホワイトソースやトマトソースと合わせてきのこドレッシングにしています。きのこは香りも良く、魚やお肉によく合うので離乳食作りにも使いやすいです。

離乳食後期から幼児食まで使えるレシピでしょう。きのこは弾力があるので、なるべくこまかく切り、しっかりと火を通すことで赤ちゃんが食べやすくなるかもしれません。

にんじんとみかんのドレッシング

30代ママ
にんじんを茹でてすりつぶし、みかんは薄皮をむいて実をほぐします。鍋に少量の水と砂糖を入れ、最後に片栗粉でとろみをつけると完成です。食べにくい場合は、片栗粉の代わりに粉の寒天を混ぜてジュレにしても食べやすいです。

ドレッシングをジュレ状ににすると、食べやすく、見た目もきれいでしょう。ポン酢のドレッシングなどにも活用できるかもしれません。

離乳食後期のドレッシングを作るときに用意するものとは?

離乳食後期にドレッシングを作るママたちはどのようなものを用意したのでしょうか。

ブレンダー

たくさんの野菜をまとめてすりつぶしたいときはブレンダーが活躍するでしょう。ドレッシングを作るときだけでなく、離乳食のストックも同時に作れるので忙しいママにも良いかもしれません。

おろし器

おろし器
iStock.com/Image Source

少量の野菜をすぐにドレッシングとして調理したいときや、ショウガやニンニクをすりおろして使用したい場合、おろし器が役立つでしょう。

ベビー用マヨネーズ

マヨネーズはドレッシングとしてアレンジするだけでなく、そのまま調味料として使用することもあるでしょう。離乳食を作るママにとって、マヨネーズの原料に含まれる生卵にアレルギーの反応が出ないかどうか気になってしまうかもしれません。

ベビーフードには卵を使用していないベビー用のマヨネーズもあるので、安心して使用することができるでしょう。

離乳食後期のドレッシングを作るときのポイント

離乳食後期にドレッシングを作るときのポイントはなんでしょうか。

余った野菜や冷凍ストックを活用する

料理をしたあとに野菜などが余ることがありますよね。余った食材はドレッシングとして活用しましょう。人参や大根はすりつぶすとすぐにドレッシングがつくれるので、役に立つかもしれません。

また、期限内に使い切れなかった離乳食の冷凍ストックもドレッシングにアレンジして使い切ることができるでしょう。

冷凍ストックする

ドレッシングをたくさん作っても、1度に使う量は少量でしょう。すぐに使わないドレッシングは製氷皿などにうつしかえ、よく冷ましてから冷凍保存しましょう。

冷凍する場合はジップロックにドレッシングを入れひらたく伸ばし、金属製のバットなどの上に敷いて冷凍すると素早く冷凍できるでしょう。冷凍したドレッシングを料理に使うときは使用したい分だけ折って使用することができるため便利かもしれません。

ザラザラとした食感を残す

手づかみ食や離乳食のもっちりした食感に慣れてきた赤ちゃんにとって、ドレッシングは食べにくいかもしれません。ザラザラとした食感を少し残すことによって、ドレッシングが野菜によく絡んで赤ちゃんも食べやすくなるでしょう。

離乳食後期にドレッシングを作ろう

離乳食後期になると赤ちゃんは食べ物により興味を持ち、好きな食べ物や嫌いな食べ物がはっきりして、食べむらなどが出てくるかもしれません。

ドレッシングを作って野菜の味を変えてみるなど工夫して、赤ちゃんとママがより楽しく食事の時間を過ごせるようになると良いですよね。

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© aijiro - Fotolia

※記事内で使用している参照内容は、2019年9月24日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年10月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ