離乳食完了期にのりまきを作ろう。簡単アレンジレシピをご紹介

離乳食完了期にのりまきを作ろう。簡単アレンジレシピをご紹介

完了期の量の目安や食材の固さなど進め方

離乳食完了期にのりまきを作りたいとき、簡単な具の作り方や、冷凍できるのかなど気になるママも多いのではないでしょうか。のりまきは持ちやすく手づかみ食べにも向いていそうですよね。そこで今回は、厚生労働省の資料を参考に離乳食完了期はいつからかなど進め方や、のりまきの簡単アレンジレシピをご紹介します。

離乳食完了期の進め方

離乳食完了期に入ると食べられるものも増え、味付けや食材の大きさに変化が出てきて、どのように進めていけばよいのか悩んでしまうママもいるかもしれません。

まずは、離乳食完了期はいつからか、量の目安について厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食完了期はいつから?

離乳食完了期とは、生後12カ月から18カ月頃の期間のことをいいます。

1日3回の食事をきちんととり、生活リズムを整えることが大切となる時期です。

また、食材を調理するときの目安としては、歯ぐきで噛める肉団子くらいの固さとなります。

離乳食完了期の量の目安

野菜
iStock.com/Cleardesign1
離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は、以下を参考にしてください。

穀類:軟飯90g~ご飯80g
野菜・果物:40g~50g
魚:15g~20g
肉:15g~20g
豆腐:50g~55g
卵:全卵1/2個~2/3個
乳製品:100g

献立を考えるときは、主食となる炭水化物、ビタミン、ミネラルを含む野菜や果物類、魚や肉などのタンパク質源食品、3種類の栄養素を組み合わせるようにしましょう。

食事量や調理形態はあくまで目安とし、その日の赤ちゃんの機嫌や食欲に合わせて調節してくださいね。

出典:p34 離乳の進め方の目安/授乳・離乳の支援ガイド

子どもの離乳食で困ったこと

厚生労働省の資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%
作り方がわからない/5.3%
開始の時期がわからない/3.5%
(回答数:1240)

離乳食を作ることを大変に感じるママは多いようです。

少しでも簡単に作ることができれば、離乳食作りを前向きに進めていけそうですよね。
出典:p11 離乳食について困ったこと/授乳・離乳の支援ガイド

離乳食完了期ののりまきの簡単アレンジレシピ

のりまきを作る
iStock.com/NiseriN
のりまきをいつから与えるかは子どもの成長などによってそれぞれ個人差がありますが、離乳食完了期にのりまきを与えるというママの声がありました。

ママたちは離乳食完了期にのりまきをどのようにして与えていたのか、簡単なアレンジレシピや工夫などについてご紹介します。

きゅうりとチーズののりまき

材料:
きゅうり1/2本、スティックチーズ適量、ご飯適量、焼きのり1枚

作り方:
1. 皮をむいたきゅうりを細切りにする
2. 広げたラップに食べやすい大きさに切った焼きのりを置き、ご飯を薄くのせる
3. 2に1とチーズをのせて巻きながら形を整え、2~3cm程の長さに切って完成

焼きのりにフォークなどで細かい穴を開けておくと噛みやすくなるようです。

のりまきに入れるご飯や具は、少なめにした方が巻きやすいかもしれません。

納豆とツナののりまき

材料:
納豆1/2パック、水煮ツナ缶適量、ご飯適量、焼きのり1枚

作り方:
1. 納豆は付属のタレを少しかけて混ぜ、ツナは水切りしておく
2. 広げたラップに食べやすい大きさに切った焼きのりを置き、ご飯を薄くのせる
3. 2に1をのせて巻きながら形を整え、2~3cm程の長さに切って完成

納豆やツナはのりまきの中央に寄せるようにして作ると、食べたときにはみ出にくいかもしれません。

にんじんと卵のお花のりまき

材料:
にんじん1/2本、卵1個、レタス適量、ご飯適量、焼きのり1枚、だし汁適量、しょう油少々、砂糖少々、豆乳少々

作り方:
1. ボウルに卵、砂糖、豆乳を混ぜ、油をひいて熱したフライパンで薄く焼く
2. 鍋にだし汁としょう油を入れ沸騰させ、皮をむき棒状に切ったにんじんを入れて煮る
3. レタスを細切りにしておく
4. 広げたラップに食べやすい大きさに切った焼きのりを置き、ご飯を薄くのせる
5. 4に1、2、3を順にのせ巻きながら形を整え、2~3cm程の長さに切って完成

にんじんを卵で包むと、のりまきを切ったときにお花のように見えるかもしれません。

のりまきを多めに作り1度に食べ切れない場合は、乾燥しないようにラップをして冷凍保存用バッグに入れて冷凍したというママの声もありました。

離乳食完了期にのりまきを取り入れてみよう

ごはんを待つ男の子
© tatsushi - Fotolia
今回は、離乳食完了期はいつからかや食事の目安とともに、のりまきの簡単アレンジレシピをご紹介しました。

のりまきは、ラップで具材を巻くだけで作り方が簡単で、冷凍も可能なので時短になりそうですね。

完了期に入って、子どもがご飯を嫌がるなどの食べむらが出てきた場合にも、のりまきにすると食べられるかもしれません。

また、のりまきは持ちやすく、手づかみできると食べ進みがよくなる子もいるでしょう。

離乳食のメニューに上手にのりまきを取り入れて、子どもがおいしく食事を楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年9月24日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月14日

専門家のコメント
2
    とまと先生 保育士
    もうすぐ節分なので のり巻きに挑戦したいと思います。のりは、おろし金に押し付けてから巻くと
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧