離乳食のグラタンはいつから?離乳食中期に作る簡単グラタンレシピ

離乳食のグラタンはいつから?離乳食中期に作る簡単グラタンレシピ

野菜やマカロニを使ったグラタンの作り方

離乳食を用意するとき、どのような献立にしたらよいのか迷うこともあるかもしれません。赤ちゃんはいつからグラタンを食べられるのでしょうか。離乳食中期の食材を取り入れた簡単に作れるグラタンレシピをご紹介します。

離乳食中期の進め方

離乳食中期になると、調理に使う食材の種類も少しずつ増えていきます。

離乳食を進めるなかで、どのような献立にしたらよいのかなど、新たな悩みが出てくることもあるかもしれません。

まずは、基本的な離乳食中期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食中期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月頃が離乳食中期とされています。

離乳食を開始して1カ月をすぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

調理形態は舌でつぶせる豆腐くらいの硬さがよいようです。

離乳食の量の目安

トマトと枝豆
iStock.com/frema
離乳食中期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:全粥50g~80g
野菜・果物:20g~30g
魚:10g~15g
肉:10g~15g
豆腐:30g~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50g~70g

目安の量を参考にしながら離乳食を用意しましょう。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食のグラタンはいつから?

赤ちゃんはいつからグラタンを食べられるのか気になるママやパパもいるかもしれません。

グラタンの具材の大きさや固さを工夫して、離乳食中期から与えているママもいるようです。

グラタンを作るときに市販のホワイトソースを使用する場合は、大人用のものではなく、離乳食に使える赤ちゃん用のものを選ぶとよいでしょう。

離乳食中期に作るグラタンのアレンジレシピ

グラタンに使うホワイトソースの作り方と、離乳食中期に食べられる食材を使ったグラタンレシピをご紹介します。

グラタンに使うホワイトソース

1. 耐熱容器に小麦粉とバターを大さじ1ずつ入れて、ラップをかけて電子レンジで1分ほど加熱し、よく混ぜる
2. 鍋に1を入れて火にかけ、混ぜながら牛乳200mlを少しずつ加える

小麦粉を米粉に変えたり、牛乳を調乳した粉ミルクや豆乳に変えることもできるようです。

バターは塩分が含まれているものもあるため、離乳食に使う際には無塩タイプを選ぶとよいでしょう。

ホワイトソースは冷凍保存できるので、ストックしておくと簡単にグラタンを作れそうですね。

ほうれん草とトマトのグラタン

1. ミニトマト2個を湯向きして種と皮を取り除き、すりつぶす
2. ほうれん草を茹でて水にさらし、あく抜きをして刻む
3. ほうれん草10gとホワイトソース大さじ3を混ぜ合わせる
4. 耐熱容器に1と3を入れて、粉チーズをふりかけてオーブントースターで焼く

ほうれん草の他に、小松菜やさつまいもを加えてもおいしいグラタンを作れそうです。

普通サイズのトマトを使う際にも、種と皮を取り除き、小さく切ってすりつぶしましょう。

野菜たっぷりグラタン

かぼちゃのグラタン
iStock.com/alely
1. かぼちゃ、にんじん、玉ねぎをやわらかく茹でて粗くすりつぶす
2. ブロッコリーの穂先を茹でて、細かく刻む
3. 豚ひき肉を電子レンジで加熱して、すり鉢などですりつぶす
4. 耐熱容器にかぼちゃ10g、にんじん、玉ねぎ、ブロッコリーを5gずつ、豚ひき肉15gを入れて混ぜ合わせる
5. 4にホワイトソース大さじ3をかけてオーブントースターで焼く

さまざまな野菜を取り入れたグラタンは、味だけでなく彩りも楽しめそうですね。

野菜を組み合わせながら、新しい食材に挑戦してみましょう。

小松菜とマカロニのグラタン風

1. マカロニ5本ほどをやわらかく茹でて、みじん切りにする
2. 小松菜の葉先1/2枚を茹でて、細かく切る
3. 鍋に、ホワイトソース大さじ3と、マカロニ、粉チーズ小さじ1を入れて加熱する
4. 3に2を入れて再び加熱する
5. 4を皿に盛りつける

離乳食中期にマカロニを使う場合は、やわらかくなるまで加熱し、刻んでなめらかにしましょう。

切った小松菜はすべて鍋に入れずに、残りの小松菜をグラタンの上にトッピングしても彩りを楽しめそうです。

かぼちゃのパングラタン

1. 食パンの耳を取り除き、白い部分を細かくちぎる
2. 耐熱容器に1を入れ、食パンが十分に浸るように調乳した粉ミルクを入れる
3. 種とワタを取り除いて小さく切ったかぼちゃを電子レンジで加熱し、すりつぶしてペースト状にする
4. 2にかぼちゃペースト20gを乗せて、オーブントースターで焼く

離乳食の進みに合わせて食パンの量を調節しましょう。

離乳食中期からは加熱した牛乳を使うこともできます。粉ミルクの代わりに牛乳を加えてもよいでしょう。

離乳食中期の食材を取り入れながらグラタンの味を楽しもう

離乳食を食べている赤ちゃんとママ
© polkadot - Fotolia
赤ちゃんはグラタンをいつから食べられるのか、気になることもあるかもしれませんが、離乳食中期から取り入れているママもいるようでした。

離乳食が進むにつれて、献立に迷うこともあるでしょう。グラタンレシピはさまざまな食材を組み合わせて簡単に作ることができます。

離乳食中期に食べられる食材を取り入れたグラタンのメニューを赤ちゃんに楽しんでもらえるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年9月17日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月12日

専門家のコメント
2
    たんぽぽ先生 保育士
    グラタンは6ヶ月くらいには与えていた気がします
    マカロニは細かく刻んで主にホワイトソース部
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧