離乳食完了期に味わう冬瓜レシピ。子どもといっしょに食事を楽しもう

離乳食完了期に味わう冬瓜レシピ。子どもといっしょに食事を楽しもう

電子レンジを使った加熱調理や保存方法について

離乳食に冬瓜を取り入れたいと考えているママやパパもいるかもしれません。冬瓜を使ったレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。離乳食完了期の進め方や、トマトやナスを使った冬瓜のアレンジレシピ、電子レンジを使った加熱調理や冷凍保存の方法についてご紹介します。

離乳食完了期の進め方

離乳食完了期になると、離乳食を作ることや食べさせることに慣れてきたママもいるかもしれません。

離乳食を進めるなかで食べ物の好き嫌いが出てきたり、そのときによって食べる量にムラがあるなど、新たな悩みが出てくることもあるようです。

まずは基本的な離乳食完了期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食完了期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月ごろまでが離乳食完了期とされています。

食事リズムを意識しながら、1日3回食に進めていき、生活リズムを整えてきましょう。

離乳食完了期の調理形態は歯ぐきで噛める肉団子くらいの硬さとなります。

離乳食の量の目安

離乳食の食器
iStock.com/coco312
離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:軟飯80g~ご飯80g
野菜・果物:40g~50g
魚:15g~20g
肉:15g~20g
豆腐:50g~55g
卵:全卵1/2個~2/3個
乳製品:100g

離乳食完了期になると食べられる食材の幅も広がるでしょう。目安の量を参考にしながら離乳食を用意できるとよいですね。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%
もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%
食べる量が少ない/21.8%
食べものの種類が偏っている/21.2%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
食べるのをいやがる/15.9%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、食べるものの種類が偏っていると感じているママは多いようです。離乳食完了期になり、食べられる食材が増えることによってレシピに迷うこともあるかもしれません。
出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食完了期に食べられる冬瓜のアレンジレシピ

冬瓜のスープ
© nutria3000 - Fotolia
離乳食完了期に作る冬瓜レシピをご紹介します。

冬瓜を離乳食に使う際にはアクを抜くためにやわらかくなるまで茹でましょう。

冬瓜を半分に切って、種とワタを取り除いて皮を剥き、3cm角に切ります。

鍋に水を入れて、菜箸が通るまでやわらかく茹でましょう。茹でたあと、月齢に合わせた大きさに切ります。

冬瓜のツナ和え

1. 下茹でした冬瓜を5mm角に切る
2. 油抜きしたツナをほぐし、冬瓜と混ぜ合わせる

茶こしやざるにツナを入れて、熱湯をくぐらせて油抜きしましょう。調味料を加えることなく、ツナのコクだけでおいしい和え物を作ることができます。

具だくさんポトフ

1. 下茹でした冬瓜を厚さ5mmほどのいちょう切りにする
2. 玉ねぎを薄切りにする
3. にんじんとじゃがいもを、皮を剥いて食べやすい大きさに切る
4. キャベツ1/4枚と皮と種を取ったトマトを、1cm角に切る
5. ソーセージ2本を茹で、1cm角に切る
6. 鍋に、だし汁1カップと冬瓜20g、玉ねぎとじゃがいもを10gずつ、にんじんとトマトを5gずつ、ソーセージとキャベツを入れて、やわらかくなるまで煮る
7. 6に、塩少々を加えて味つけする

野菜の具だくさんポトフは味だけでなく彩りも楽しめそうです。調味料で味付けする際は、味が濃くならないように量を調節しましょう。

冬瓜と鶏団子スープ

1. 鍋に、鶏がらスープの素と水200mlを入れて温める
2. 鶏ひき肉20gと、みじん切りにした玉ねぎ10gを混ぜ合わせる
3. 下茹でした冬瓜と、茹でた豆腐を1cm角に切る
4. 2を食べやすい大きさに整えて、1に落とし入れる
5. 4に冬瓜40gを加えて、やわらかくなったら豆腐50gを加える
6. しょうゆ少々で味つけし、茹でてみじん切りにしたブロッコリーを入れてひと煮立ちさせる

鶏がらスープの素を離乳食に取り入れる際には無添加のものを使用しましょう。鶏団子はスプーンを使うと簡単に形を整えられるようです。

冬瓜とナスの煮物

1. 下茹でした冬瓜と、あく抜きしたナスを5mm角に切る
2. 鍋に、だし汁1/2カップと、冬瓜20g、ナス10gを入れて煮る
3. しょうゆ少々を加えて味つけする

シンプルなレシピですが、冬瓜とナスのうまみと、だしの風味を楽しめるでしょう。軟飯と組み合わせて主食レシピにしてもよさそうです。

冬瓜の保存方法

やわらかく茹でた冬瓜を、製氷皿に入れるか、もしくはラップに包んで冷凍保存します。

食べやすい大きさに切ってから冷凍をすると、簡単に調理に活用できそうですね。

保存した日付をメモすると、期限に気をつけながら離乳食を用意できます。早めに食べきるようにしましょう。

耐熱容器に入れて電子レンジで加熱すると簡単に解凍できるようです。凍ったままの状態で煮込むのもよいでしょう。

離乳食完了期はいろいろな食材を使った冬瓜を味わおう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© aijiro - Fotolia
離乳食完了期になると、食べられる食材やレシピの幅も広がりますよね。さまざまな食材を組み合わせながら離乳食を味わいましょう。

冷凍保存した冬瓜は、電子レンジで解凍してすぐに調理することができます。保存期間を意識しながら離乳食を用意しましょう。

冬瓜を使ったポトフや煮物など、いろいろな冬瓜メニューを赤ちゃんに楽しんでもらえるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年9月19日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月09日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧