【離乳食後期】電子レンジで作るふわふわ蒸しパンレシピ

【離乳食後期】電子レンジで作るふわふわ蒸しパンレシピ

バナナやきな粉を使った蒸しパンレシピをご紹介

離乳食後期に入り、赤ちゃんが手づかみしやすい蒸しパンを作りたいと思うママもいるのでないでしょうか。電子レンジで簡単にできる蒸しパンの作り方や、バナナやきな粉を使ったレシピ、小麦粉を使わずに作る方法、ふわふわに作るポイントなどをお伝えします。

離乳食後期の進め方

離乳食後期に入ると赤ちゃんやママも毎日の離乳食に慣れてきたころでしょう。少しずつ噛みごたえのあるものを食べられるようになり、自分で食べたい欲求がでてくる時期を迎えます。手づかみ食べを積極的に取り入れることで、子どもが自ら食べようとする意欲につながるようです。

基本的な離乳食後期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食後期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期と呼ばれています。中期と同じように、離乳食の進み具合に合わせ、与える食材の種類を増やしていきます。

硬さの目安は、スプーンや歯ぐきで簡単につぶせるバナナくらいとされています。離乳食に手作りの蒸しパンを作るときは、赤ちゃんの様子を見ながら手づかみ食べしやすい大きさや形、柔らかさに調節してあげるとよいかもしれません。

離乳食後期の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

・穀類:全粥90g~軟飯80g
・野菜:果物:30g~40g
・魚:15g
・肉:15g
・豆腐:45g
・卵:全卵1/2個
・乳製品:80g

蒸しパンは、小麦粉やホットケーキミックス、米粉などの穀類を原材料として作るのが一般的です。粉類は、計量スプーン大さじ1杯で約9g、ベーキングパウダーは、小さじ1杯で約4gを目安とするのがよいようです。離乳食用に少量だけ計量したいときに参考にしてみてくださいね。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

【離乳食後期】電子レンジで作る蒸しパンレシピ

さつまいもの蒸しパン
© karinrin - Fotolia
電子レンジで作る離乳食後期の蒸しパンレシピをご紹介します。

さつまいもの蒸しパン

  1. さつまいも1/3を食べやすい大きさのサイコロ状に切る
  2. さつまいもを濡らしたキッチンペーパーで包み、お皿にのせ少量の水を加え、柔らかくなるまで電子レンジで加熱する
  3. ふるった小麦粉大さじ4、ベーキングパウダー小さじ1/2、牛乳50ml(もしくは調乳した粉ミルク)をボウルに入れ、混ぜ合わせる
  4. さつまいもを加えさっくり混ぜ合わせ、紙カップ(もしくはシリコンカップ)に流し入れる
  5. 電子レンジで3~5分加熱する

さつまいもの大きさは離乳食の進み具合によって調節しましょう。砂糖、卵不使用のレシピなのではじめて蒸しパンを取り入れる際にママが安心できるレシピですね。牛乳を控えている赤ちゃんには、粉ミルクを代用してあげるとよいかもしれません。

バナナきな粉蒸しパン

  1. ボウルに完熟したバナナ半分を入れ、フォークで潰す
  2. ふるった小麦粉大さじ3、ベーキングパウダー小さじ1/2、きな粉小さじ1、砂糖小さじ1、牛乳50mlを入れ混ぜ合わせる
  3. 紙カップ(もしくはシリコンカップ)に流し入れる
  4. 電子レンジで3~5分加熱する

温めすぎると生地が硬くなってしまうので、加熱時間はご家庭の電子レンジに合わせて調節してみてくださいね。砂糖を入れなくてもバナナの甘味だけでおいしくいただけます。

米粉で作るりんご蒸しパン

  1. りんご1/8個を食べやすい大きさのサイコロ状に切る
  2. 米粉大さじ4、ベーキングパウダー小さじ1/2、砂糖小さじ1/2、牛乳50ml(もしくは水)を混ぜ合わせる
  3. りんごを加えさっくり混ぜ合わせ、紙カップ(もしくはシリコンカップ)に流し入れる
  4. 電子レンジで3~5分加熱する

りんごはすりおろしたものを使ってもよいようです。小麦粉や卵のアレルギーが心配な赤ちゃんでも食べられる蒸しパンレシピとなっています。中に入れる具材を替えてレシピのバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

ホットケーキミックスで作るほうれん草と粉チーズの蒸しパン

電子レンジ
iStock.com/Elnur
  1. ほうれん草半束を柔らかく茹で刻む(もしくはブレンダーでペースト状にする)
  2. ボウルに卵1個を溶きほぐし、牛乳100~150mlも加え混ぜ合わせる
  3. ホットケーキミックス1袋(200g)、粉チーズ小さじ1、ほうれん草を加え混ぜ合わせる
  4. 紙カップ(もしくはシリコンカップ)数個に分けて流し入れる
  5. 電子レンジで3~5分加熱する

ホットケーキミックス1袋分を使った作りやすいレシピとなっています。食事として離乳食に蒸しパンを取り入れるときは、栄養バランスがよくなるように野菜や果物などの食材を組み合わせてあげるとよいかもしれませんね。

離乳食の蒸しパンを作るポイント

ママたちは離乳食に蒸しパンを作るとき、どのような工夫をしているのでしょうか。

柔らかい食感にする

30代ママ
赤ちゃん用の蒸しパンを作るときは、食感が柔らかくふわふわになるように、粉を少なめに水分を多くして作ります。
蒸しパンをふわふわに作るには、あらかじめ材料の水分を多くしたり、加熱するときにふんわりラップをかけて水分が逃げないようにする方法があるようです。

スティック状に切り分ける

30代ママ
電子レンジ対応の四角い容器で作り、手づかみ食べしやすいように包丁でスティック状に切り分けてあげていました。カップで作るときは、一口サイズにちぎって与えることもありました。
子どもの好きな具材を入れてあげると、自分が食べたいものを手でもって食べる意欲が出て、手づかみ食べの練習に繋がりそうですね。

子どもが苦手な野菜を入れる

30代ママ
子どもが苦手なほうれん草や小松菜、トマトなどの野菜をペーストにして、蒸しパンの具材にしていました。野菜の甘さが引き立つようでおいしそうに食べてくれます。
蒸しパンは野菜を入れて栄養バランスを整えてあげると主食にもなります。牛乳を加え野菜の苦みや酸味を和らげてあげる方法もよいでしょう。

作り置きして冷凍保存する

30代ママ
蒸しパンは多めに作り、1回分ずつラップで包み冷凍保存しています。朝食やお昼ごはんのときに、レンジでチンするだけでよいので調理の手間が省けます。お出かけするときに持って行きやすいです。
お出かけ用に電子レンジ対応の小さなタッパで作り置きしているママもいました。つぶれずに持ち運びできるので便利ですね。

離乳食後期に電子レンジで蒸しパンを作ろう

パンを食べる赤ちゃん
iStock.com/kuppa_rock
今回ご紹介した蒸しパンのレシピは、電子レンジを使って簡単に作ることができます。

バナナなど甘味がある果物を使ったおやつ蒸しパン、野菜やきな粉を使った栄養たっぷりのお食事蒸しパンなど、組み合わせる食材を工夫してレシピのバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

アレルギーが心配なママは、小麦粉の代わりに米粉を使ったレシピを試してみるとよいかもしれません。

離乳食後期に赤ちゃんがおいしく食べてくれるふわふわの蒸しパンが作れたらよいですね。


※記事内で使用している参照内容は、2019年8月19日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年08月30日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧