【離乳食中期】スープのアレンジレシピ。味付けや赤ちゃんに食べさせる量

【離乳食中期】スープのアレンジレシピ。味付けや赤ちゃんに食べさせる量

離乳食の進め方やスープの冷凍保存について

離乳食中期に食べられる食材を取り入れたスープレシピはどのようなものがあるのでしょうか。離乳食中期の進め方や量、野菜やお肉を使ったスープのアレンジレシピについてご紹介します。

離乳食中期の進め方

離乳食中期になると、調理に使う食材の種類も少しずつ増えてきます。離乳食を進めるなかで、新しい食材を食べさせようとするとなかなか食べてくれないなど、新たな悩みが出てくることもあるかもしれません。

まずは基本的な離乳食中期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食中期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月ごろが離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月をすぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

調理形態は舌でつぶせる豆腐くらいの硬さがよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食中期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:全がゆ50g~80g
野菜・果物:20g~30g
魚:10g~15g
肉:10g~15g
豆腐:30g~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50g~70g

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

料理をする女性
iStock.com/Satoshi-K

厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%

もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%

食べる量が少ない/21.8%

食べさせるのが負担、大変/17.8%

乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%

食べるのをいやがる/15.9%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、食べる量が少ないと感じているママは多いようです。編集部でも同じような意見があがることが多々ありました。離乳食中期になり、食べられる食材が増え、レシピに迷うこともあるようでした。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食中期に作るスープのアレンジレシピ

離乳食中期に食べられる食材を取り入れたスープレシピをご紹介します。

レタススープ

  1. レタスとにんじんはやわらかく茹でて、みじん切りにする。
  2. 野菜だし70mlに、レタス10gとにんじん5gを入れてひと煮する。
  3. レタスとにんじんを粗くすりつぶしながら柔らかくなるまで煮る。

調味料を使った味付けだけでなく、野菜だしなどを使って味付けすることもできるようです。素材本来の味を楽しめるように味付けしましょう。

鶏ひき肉のかぼちゃスープ

鶏ひき肉のかぼちゃスープ
iStock.com/Harahliad
  1. 鶏ささみひき肉10gに、片栗粉小さじ1/5と水小さじ1を加えて混ぜる。
  2. 1を耐熱容器に入れて、600wの電子レンジで2~30秒加熱する。
  3. 皮を剥いてワタを取ったかぼちゃ10gと、皮と種を取ったトマト15gを別の耐熱容器に入れて、電子レンジで40秒ほど加熱し、粗くすりつぶす。
  4. 1に2と水小さじ4を加えて、電子レンジで30秒ほど加熱する。

電子レンジを使ってスープを作ることができます。かぼちゃ以外にも、さつまいもやじゃがいもを取り入れてもよいでしょう。

ツナと野菜のスープ

  1. ツナ10gをすりつぶす。
  2. 鍋に柔らかく茹でたキャベツのみじん切り10gと、柔らかく煮たにんじんのみじん切り5g、ツナ、水1/2カップを入れて、弱火でトロトロになるまで煮る。
  3. 水溶き片栗粉でとろみをつける。

赤ちゃんが食べやすいように具材がトロトロになるまで煮込みます。スープの状態を見ながら水溶き片栗粉の量を調節しましょう。

枝豆スープ

  1. 枝豆は薄皮を取り、柔らかくなるまで茹でてすりつぶす。
  2. 鍋に柔らかく茹でてみじん切りにした玉ねぎ10g、枝豆10g、水大さじ1を入れて 煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

枝豆は離乳食中期から取り入れられます。離乳食に枝豆などの豆類を使う場合は、薄皮を取って調理しましょう。

スープの保存方法

スープは、フリーザーバッグや製氷皿を使って冷凍保存することができます。粗熱をとってから、容器に入れて保存しましょう。

スープのベースとして使える野菜だしなどを製氷皿で冷凍保存すると、使いたいときに加熱してすぐ調理できるので便利ですね。

フリーザーバッグを使用する際は、保存した日付や作ったスープの名前をメモするとわかりやすいでしょう。冷凍保存したスープは鍋で加熱するか、スープを皿に移して電子レンジで解凍するとよいようです。

離乳食中期はさまざまなレシピを楽しもう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© yamasan - Fotolia

離乳食中期に食べられる食材を取り入れた野菜スープやお肉を使ったスープなど、アレンジレシピはさまざまあるようでした。

離乳食中期に味付けをする場合は、野菜だしやかつおだし、昆布だしなどを使って素材の味を楽しめるとよいでしょう。

スープは冷凍保存できるので、ストックしておくと電子レンジなどで解凍して簡単に調理できそうです。レシピを工夫しながら離乳食を味わえるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年7月23日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年07月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧