離乳食中期に作る洋梨レシピ。赤ちゃんはいつから洋梨を食べられるのか

離乳食中期に作る洋梨レシピ。赤ちゃんはいつから洋梨を食べられるのか

洋梨のアレンジレシピと加熱調理について

赤ちゃんに果物を食べさせるときに、離乳食に洋梨を取り入れたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。洋梨はいつから食べさせてよいのか、離乳食中期に作る洋梨を使った離乳食レシピについてご紹介します。

離乳食の洋梨はいつから?

赤ちゃんはいつから洋梨を食べ始めてよいのでしょうか。

りんごと同様に離乳食初期から与えていたというママがいました。りんごやバナナなどに慣れてきてから洋梨を食べさせるのもひとつの方法でしょう。

新しい食材を食べ始めるときは、離乳食用のスプーンで1さじずつ与えて、子どもの様子を見ながら量を増やしていくとよいようです。離乳食中期から洋梨を始める場合も、まずは1さじずつから与えていくとよいでしょう。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食中期の進め方

離乳食中期になると、調理に使う食材の種類も少しずつ増えてきます。離乳食を進めるなかで、新しい食材を食べさせようとするとなかなか食べてくれないなど、新たな悩みが出てくることもあるかもしれません。

まずは基本的な離乳食中期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食中期はいつから?

離乳食の食器
Africa Studio/Shutterstock.com

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月ごろが離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月をすぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

調理形態は舌でつぶせる豆腐くらいの硬さがよいようです。洋梨を初めて離乳食に使う場合は、1度加熱して柔らかくするとよいでしょう。

離乳食の量の目安

離乳食中期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀物:全がゆ50g~80g
野菜・果物:20g~30g
魚:10g~15g
肉:10g~15g
豆腐:30g~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50g~70g

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。


作るのが負担・大変/33.5%

もぐもぐ、かみかみが少ない(丸のみしている)/28.9%

食べる量が少ない/21.8%

食べさせるのが負担、大変/17.8%

乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%

食べるのをいやがる/15.9%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、食べる量が少ないと感じているママは多いようです。編集部でも同じような意見があがることが多々ありました。離乳食中期になり、食べられる食材が増え、レシピに迷うこともあるようでした。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働

離乳食中期の洋梨のアレンジレシピ

洋梨
iStock.com/BlakeDavidTaylor

離乳食中期のころに、洋梨をどのように調理して子どもに与えるとよいのでしょうか。洋梨を使った離乳食のレシピをご紹介します。

洋梨のコンポート

  1. 洋梨の皮を剥いてたねを取り、7~8㎝角に切る。
  2. 耐熱容器に洋梨40gと水大さじ3~4を入れる。
  3. 500wの電子レンジで4分ほど加熱する。

洋梨と水のみのシンプルなレシピです。加熱することで甘味が増して素材そのままを楽しめそうですね。電子レンジを使用する際は様子を見ながら加熱しましょう。

洋梨サラダ

  1. 洋梨とトマトを皮をむいて種を取り、2、3センチ角に切る。
  2. キャベツは柔らかくゆでて軽くしぼってから2、3センチに切る。
  3. 洋梨15gとトマト10g、キャベツ10gを混ぜ合わせる。

ほうれん草やとうもろこしなど離乳食中期に食べられる野菜を取り入れてみてもよいでしょう。彩りも楽しめそうです。

洋梨と麩のとろとろ煮

  1. 麩を細かく手でちぎる。
  2. 洋梨の皮を剥いてたねを取りすりおろす。
  3. 鍋に麩と洋梨、だし汁30mlを入れて煮る。

やわらかくなるまで煮ると赤ちゃんも食べやすいかもしれませんね。離乳食の進みに合わせながら量を調節しましょう。

洋梨の白和え

  1. 洋梨を千切りにしてさっとゆでる。
  2. にんじんも洋梨と同様に千切りにしてゆでる。
  3. ゆでた小松菜を1センチほどに切る。
  4. ゆでた豆腐をすり鉢でする。
  5. 豆腐にすりごまを入れて混ぜ、にんじんと小松菜と豆腐を混ぜ合わせる。

離乳食中期に食べられるブロッコリーやかぼちゃなどでもおいしい洋梨の白和えができそうです。赤ちゃんに野菜を食べてもらいたいときは、さまざまな食材と組み合わせてみてもよいでしょう。

離乳食中期はさまざまなレシピを楽しもう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© polkadot - Fotolia

洋梨は品種によって糖度が高いものもあるようなので食べる量には気をつけましょう。

赤ちゃんはいつから洋梨を食べられるのか悩むこともあるかもしれませんが、離乳食初期から与えていたという声もありました。初めて食べさせるときは加熱調理をすると安心して食べられそうです。

離乳食中期になると食べられる食材も少しずつ増えるでしょう。レシピを活用しながら、赤ちゃんに合わせて離乳食を楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年7月17日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年07月17日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧