【離乳食後期】なめこを使った簡単アレンジレシピをご紹介!

【離乳食後期】なめこを使った簡単アレンジレシピをご紹介!

後期に食べられる量の目安や進め方について

離乳食後期になめこを使いたいとき、いつから使えるのかや茹で時間はどのくらいか、冷凍できるのかなど悩むママもいるのではないでしょうか。なめこはとろみがあるので離乳食に向いていそうですよね。今回は、厚生労働省の資料を参考に離乳食後期の進め方や、なめこを使った手軽なレシピをご紹介します。

離乳食後期の進め方

離乳食後期に入り、いざ作ってみようと思っても、わからないことだらけでどのように進めていけばよいのか、悩んでしまうママもいるかもしれません。

まずは、離乳食後期はいつからか、量の目安について厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食後期はいつから?

離乳食後期とは、生後9カ月から11カ月頃の期間のことをいいます。

食事のリズムを大切に、1日2回から3回食へ進めていき、家族などの他の人といっしょに食事を楽しむ経験を積んでいくことが大切となる時期です。

また、食材を調理するときの目安としては、歯ぐきでつぶせるくらいの固さとなります。

離乳食後期の量の目安

キッチン
iStock.com/undrey

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は、以下を参考にしてください。

穀類:全粥90g~、軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

献立を考えるときは、主食となる炭水化物、ビタミン・ミネラルを含む野菜や果物類、魚や肉などのタンパク質源食品、3種類の栄養素を組み合わせるようにしましょう。

食事量や調理形態はあくまで目安とし、その日の赤ちゃんの機嫌や食欲に合わせて調節してあげてくださいね。

出典:p34 離乳の進め方の目安/授乳・離乳の支援ガイド

子どもの離乳食で困ったこと

厚生労働省の資料の中で離乳食で困ったこととして、このような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%
作り方がわからない/5.3%
開始の時期がわからない/3.5%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変と感じるママは多いようです。

少しでも簡単に作ることができれば、離乳食作りを前向きに進めていけそうですよね。

出典:p11 離乳食について困ったこと/授乳・離乳の支援ガイド

離乳食後期のなめこのアレンジレシピ

なめこ料理
iStock.com/Miyuki Satake

なめこをいつからあげるかは子どもの成長などによってそれぞれ個人差がありますが、離乳食後期になめこを使っているママもいるようです。

離乳食後期にママたちはどのようにしてなめこを与えていたのか、簡単なレシピや工夫などについて聞いてみました。

なめこおろし豆腐

材料:

なめこ適量、大根適量、木綿豆腐1/2丁、しょう油大さじ1、みりん小さじ1、かつおだし少々、水溶き片栗粉少々

作り方:

  1. 水洗いして刻んだなめこと、食べやすく切った木綿豆腐を1分ほど鍋でさっと茹で水切りする
  2. 大根を切って皮をむき、おろし器でおろす
  3. 鍋にしょう油、みりん、かつおだしを入れ煮たったら、2.となめこ、水溶き片栗粉を入れる
  4. 3.を木綿豆腐にかけて完成

なめこの茹で時間は30秒~1分ほど、電子レンジで加熱するなら500wで1~2分ほどを目安にするとよいでしょう。

ザルに開けたなめこにゆっくりお湯を回し入れるだけでも加熱できるようです。

大根おろしに使う大根は、葉に近い辛味の少ない部分を選ぶと子どもも食べやすいでしょう。

なめことみつばのお吸い物

材料:

なめこ適量、絹豆腐1/3丁、お麩適量、みつば少々、めんつゆ少々、水200~300ml

作り方:

  1. 鍋に水を入れて沸騰させたら、水洗いして刻んだなめこと、食べやすく切った絹豆腐、めんつゆを入れる
  2. 再度沸騰したらお麩、みつばを入れて完成

なめこのお吸い物はとろみがあって熱が逃げにくいので、子どもが飲みやすい温度になっているか確認してからあげるとよさそうです。

みつばを入れると上品な味わいになって子どももおいしく食べてくれるかもしれませんね。

なめこおにぎり

材料:

なめこ適量、かつおぶし適量、めんつゆ少々、ご飯1杯、焼きのり少々

作り方:

  1. 水洗いして刻んだなめこを鍋で1分ほど茹でて水切りする
  2. 1.とかつおぶし、めんつゆを混ぜる
  3. 2.をご飯で包み好きな形ににぎって、カットした焼きのりを巻き完成

なめこは汁物に使われることが多い食材ですが、おにぎりの具に使ったというママもいました。

かつおぶしを入れることで子どもも食べやすい味になるようです。

1度に数パックまとめて買うことも多いなめこの保存については、すぐ使わない分はそのまま袋ごと冷凍庫に入れて保存したり、解凍して使う際は軽く水洗いしてから使うという声もありました。

離乳食後期になめこを使ってみよう

離乳食を食べる赤ちゃん
© tatsushi - Fotolia

今回はなめこを使った離乳食のレシピについて体験談をまじえながら、離乳食後期はいつからかや量の目安についてご紹介しました。

とろみのあるなめこは口当たりがよく、茹で時間が1分ほどと短くて冷凍保存もできるようなので、離乳食にぴったりの食材かもしれませんね。

離乳食後期のメニューに上手になめこを取り入れて、子どもが積極的に食事を楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年7月時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年07月10日

おすすめユーザーのコメント
1
    loco
    エリンギ、しめじ、えのきはよく使いますが、なめこも試してみたいです!

レシピの関連記事

カテゴリ一覧