シチューに合うおかずを作ろう。ママたちの簡単レシピや工夫

シチューに合うおかずを作ろう。ママたちの簡単レシピや工夫

クリームやビーフシチューに合うおかず

シチューを作るとき、シチューに合うおかずにはどのようなものがあるのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、ママたちが考えるクリームシチューやビーフシチューに合うおかずや実際に作った簡単レシピ、シチューに合うおかずを作るときの工夫を体験談を交えてご紹介します。

シチューに合うおかずが知りたい

食事のメインとしてシチューを作るとき、どのようなおかずを用意するとシチューに合うのか知りたいママもいるようです。味つけの違うクリームシチューとビーフシチューでは、合わせるおかずの種類も変わってくるかもしれません。

ママたちは、シチューを作るときにどのようなおかずを用意したのでしょう。

ママたちが考えるシチューに合うおかず

ママたちに、シチューに合うと感じるおかずを聞いてみました。

サラダ

サラダ
iStock.com/peredniankina

「シチューを作るとき、サラダを作ると家族から好評でした。豆や海藻などサラダに使う食材やドレッシングを変えたりして、毎回違うサラダになるようバリエーションを増やしています」(30代ママ)

野菜をたくさん使ったサラダは、シチューに合うおかずとして喜ばれたというママの声がありました。クリームシチューの場合、おかずとしてサラダを隣に並べると、食卓の彩りもよく見えるかもしれませんね。

卵料理

「シチューの日のおかずとして卵料理を作りました。シチューのなかにいろいろな食材が入っているので、シンプルな卵料理を作ることが多いです」(40代ママ)

シンプルな卵料理もシチューに合うおかずのひとつかもしれませんね。ママのなかには、大皿料理として卵料理を食卓に出し、取りわけて食べると調理や盛りつけ時間の短縮になったという声も聞かれました。

魚料理

「我が家では、魚を使ったおかずを作りました。うちの子は魚が大好きなので、揚げたり焼いたりする他にも、生のまま食べることもあります」(20代ママ)

シチューに合うおかずとして、魚料理を作ったママもいるようです。たんぱくな白身魚には濃い目の味つけ、赤身魚にはシンプルな薄味にするなど、魚の種類によって味つけを工夫するのもよいかもしれませんね。

シチューに合うおかずの簡単レシピ

シチューに合うおかずを簡単に作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。実際に、ママたちが作ったシチューに合うおかずの簡単レシピをご紹介します。

ゴロゴロ野菜のサラダ

「蒸したかぼちゃやブロッコリー、きゅうりなどを小さめの角切りにします。お皿にちぎったレタスを入れ、その上に角切りにした野菜とひよこ豆やレンズ豆、コーンを乗せます。4等分に切野菜ったミニトマトを飾ったら完成です。噛みごたえのあるサラダはシチューとはまた食感がかわり、子どもにも好評でした」(30代ママ)

数種類の野菜や豆を使ったサラダは、子どもから大人まで喜んで食べてくれたというママの声がありました。サラダは、シチューを煮込んでいる間を利用して短時間で簡単に作れるかもしれませんね。

チーズ入りオムレツ

オムレツ
iStock.com/john shepherd

「卵を割りほぐし、牛乳と塩コショウを入れ混ぜ卵液を作ります。熱したフライパンにバターを溶かし、卵液を入れ、ピザ用チースを全体に散らすように加えます。卵が半熟になったらオムレツの形に整え、お皿に盛りつけると完成です」(20代ママ)

材料の少ないチーズ入りのオムレツは、簡単に作りやすいおかずのひとつかもしれません。ボリューム感を出したい場合はきのこ類などをくわえてもよさそうです。オムレツの上に粉末のパセリを振りかけると、彩りもきれいになって子どもが喜んで食べてくれたというママの声もありました。

サーモンのカルパッチョ

「玉ねぎを薄切りにし、水にさらしておきます。お刺身用のサーモンをお皿に並べ、塩コショウをふります。玉ねぎの水気を取り、サーモンの上に散らします。上からオリーブオイルを回しかけたら完成です」(40代ママ)

お皿の上で調理するだけの簡単カルパッチョを作ったママもいるようです。レモン汁や柚子などを加えて家族の好みの味つけにアレンジするのもよいかもしれませんね。

シチューに合うおかずを作るときの工夫

シチューに合うおかずを作るとき、どのような工夫があるのでしょうか。ママたちに、シチューに合うおかずを作るときの工夫を聞いてみました。

食材が重ならないようにする

「シチューといっしょに食べるおかずを作るとき、シチューに使う食材と重ならないように意識しました。お肉やじゃがいも、にんじんを使わない副菜を用意すると、1度の食事でいろいろな食材を食べられると思います」(20代ママ)

「普段はサラダにコーンを入れることが多いのですが、コーンクリームシチューを作るときは食材が重なると思いました。サラダには代わりにカニカマボコを使うなど工夫をして、シチューとおかずに同じ食材を使わないように意識しました」(40代ママ)

シチューとおかずに使う食事が重ならないよう意識したママがいるようです。きのこのマリネやブロッコリーやカリフラワーの温野菜など、シチューに使ってない食材でおかずを作ると、シチューとの相性がよくなるかもしれませんね。

味つけのバランスを考える

「濃厚な味つけのビーフシチューを作るとき、味つけのバランスを考えてサラダを作りました。さっぱりとした味つけのサラダといっしょに食卓に出すと、ビーフシチューを食べるときのよい箸休めにもなりました」(30代ママ)

味つけのバランスを考えたママがいるようです。ママのなかには、メイン料理がクリームシチューの場合、甘めに味つけをした野菜のグラッセや煮物を用意すると、シチューとの味つけが違うので家族に好評だったという声も聞かれました。

シチューに合うおかずを作ろう

食卓
iStock.com/paylessimages

シチューをメイン料理にするとき、どのようなおかずが合うのか気になるママもいるようです。ママたちに聞くと、サラダや卵料理を用意すると家族から好評だったという声もありました。

オムレツやカルパッチョなど少ない食材で簡単に作れるレシピもあるようなので、クリームシチューやビーフシチューなどの種類に合わせたおかずを作れるとよいですね。

2019年05月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧