じゃがいもの付け合わせ料理のレシピ。レンジを使った作り方のコツ

じゃがいもの付け合わせ料理のレシピ。レンジを使った作り方のコツ

にんじんなど他の食材と組み合わせてみよう

じゃがいもをメインとした付け合わせ料理を作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、じゃがいもがメインの付け合わせレシピやにんじんなど他の食材と組み合わせたレシピ、レンジを活用するなど付け合わせのじゃがいも料理作りのコツを体験談を交えてご紹介します。

じゃがいもを使った付け合わせ料理

じゃがいもは、1年を通してスーパーなどで手に入りやすい食材。メインの食事に添える付け合わせ料理として、じゃがいもを使いたいと考えるママもいるかもしれませんね。

じゃがいもを使った付け合わせ料理には、どのようなものがあるのでしょう。

じゃがいもがメインの付け合わせレシピ

ママたちに、じゃがいもをメイン食材として使った付け合わせ料理のレシピを聞いてみました。

ポテトフライ

「じゃがいもの皮をむき、くし切りにします。ビニール袋にじゃがいもと片栗粉、塩を入れ、袋の口を閉じてよく振ります。熱した油で揚げ、青のりをふったら完成です」(20代ママ)

ポテトフライを付け合わせ料理として作ったママがいるようです。味付けのバリエーションとして、薄味のポテトフライにケチャップや手作りのディップソースを添えるなどの工夫をしたというママの声もありました。

マッシュポテト

マッシュポテト
iStock.com/VeselovaElena

「茹でたじゃがいもをボウルに入れ、熱いうちにマッシャーで潰します。ボウルに牛乳とバター、塩とコショウを加え、なめらかになるまで混ぜたら完成です」(40代ママ)

口当たりがなめらかなマッシュポテトは、子どもも食べやすいじゃがいも料理のひとつかもしれませんね。たくさん作ったときは、耐熱容器に入れたマッシュポテトの上にとろけるチーズを乗せ、トースターでチーズに焼き色を付けてグラタン風にアレンジしたというママの声もありました。

じゃがバター

「じゃがいもの皮をよく洗い、包丁で十字に切り込みを入れます。濡らしたキッチンペーパーでじゃがいもを包み、さらにラップで包んで電子レンジで加熱します。じゃがいもをお皿に盛り、バターを乗せたら完成です」(30代ママ)

電子レンジを使ってじゃがバターを作ったママがいるようです。子どもが皮付きでは食べにくい様子の場合、皮をむいて加熱するのもよいかもしれませんね。

他の食材も使ったじゃがいもレシピ

じゃがいもと他の食材を組み合わせて作る、付け合わせ料理のレシピを、ママたちに聞きました。

じゃがいもとにんじんのペペロンチーノ風

「じゃがいもとにんじんは長さ5cm程度の細切りにします。フライパンにオリーブオイルをひき、じゃがいもとにんじんを炒めます。じゃがいもの表面がカリッとしてきたら、チューブのにんにくと塩を入れ、好みの味に整えると完成です」(40代ママ)

にんじんといっしょにペペロンチーノ風の付け合わせ料理を作ったママがいるようです。味付け前に大人用と子ども用をわけ、大人用には鷹の爪を加えるなど工夫をすると、家族がそれぞれ食べやすい好みの味に仕上がるかもしれませんね。

じゃがいもとベーコンのバターソテー

じゃがいもとベーコンのバターソテー
zefirchik06/Shutterstock.com

「じゃがいもとベーコンと1cm幅の短冊切りにします。熱したフライパンにベーコンとじゃがいもを入れて炒めます。塩とバターを加え、バターを絡めるように混ぜたらお皿に盛りつけます。みじん切りにしたパセリを上からかけたら完成です」(30代ママ)

じゃがいもとベーコンを組み合わせ、バターソテーを作ったママがいるようです。ママのなかには、お弁当用の付け合せ料理として入れると子どもが喜んで食べてくれたという声も聞かれました。

野菜チップス

「スライサーを使ってじゃがいもとゴボウを薄切りにし、水にさらします。じゃがいもとゴボウをザルにあげて水気を切り、キッチンペーパーで拭きます。熱した油でじゃがいもとゴボウを揚げ、きつね色になったら取り出し、少量の塩と青のりをふったら完成です」(20代ママ)

薄切りにしたじゃがいもとゴボウを油で揚げると、おやつ感覚で野菜をたくさん食べられそうですね。他にも、れんこんやにんじん、さつまいもをなどを薄切りにしてさまざまな種類の野菜チップスを手作りしたというママの声もありました。

付け合わせのじゃがいも料理作りのコツ

付け合わせとしてのじゃがいも料理を作るとき、どのようなコツがあるのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、付け合わせのじゃがいも料理作りのコツを聞いてみました。

子どもの好きな味付けにする

「付け合わせのじゃがいも料理を作るとき、子どもの好きな味付けを意識しています。うちの子はカレーが好きなので、カレー粉を使って風味付けするとたくさん食べてくれました」(20代ママ)

子どもの好きな調味料を使って味付けすると、喜んで食べてくれたというママの声がありました。他にも、子どもがマヨネーズの味付けが好きな場合は、ポテトサラダやマヨネーズを使った炒めものを作るなど工夫をするのもよいかもしれませんね。

電子レンジを活用する

「付け合わせ料理にじゃがいもを使うとき、電子レンジで加熱すると便利だと思いました。メインのおかずを作るためにガスコンロが埋まっている場合でも、電子レンジで下ごしらえができるので調理時間の短縮につながりました」(40代ママ)

電子レンジを活用すると、調理時間の短縮につながるかもしれませんね。ママのなかには、付け合わせ料理を作るときはスチーマー容器にじゃがいもと調味料を入れて加熱調理すると、鍋やフライパンなどの洗い物が減って後片付けが楽だったという声も聞かれました。

子どもが喜ぶじゃがいも料理を作ろう

ママと子どもの食事風景
iStock.com/kohei_hara

じゃがいもはどのシーズンも手に入りやすい食材。身近で使いやすい一方で、使い道がいつも同じになってしまうこともあるかもしれませんね。今回の記事を、じゃがいもで付け合わせ料理を作る際のバリエーションの参考にしてみてはいかがでしょうか。


2019年05月07日


2

    Y.K
    チーズをじゃがいもで包んでそれを春巻きの皮で包む。大人のつまみにも良い。

    muu
    じゃがいも コーン ベーコンのバター醤油炒めをよく作ります。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事